2019年08月07日

月に寄す 旧暦文月の七・七夕の月 2019.08.07

旧暦文月の七・七夕の月 2019.08.07
夜8時頃の七夕の月
七夕は新暦旧暦を問わず7月7日。今は旧暦七夕の宵、月の満ち欠けで日にちを決める暦ですから、7日はほぼ上弦の半月に決まっています。今年の文月は明日・8日が上弦ですが、七夕の月は半月なのです。

上空に薄い雲があったので、朧月となりました。それでも七夕の証の上弦の半月はしっかり観えました。田舎の展望台に上れば、天の川の西に七夕の主役たちと並んで、上弦間近の半月が観えている筈です。
posted by 三上和伸 at 23:28| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 旧暦文月の七 今日は七夕 2019.08.07

今年の8月の日にちは、旧暦文月の日にちとダブっており、ひと月違いますが、同じ日が並んでいます。従って今日8月7日が旧暦文月の七(七月の七日)で、七夕です。本来の七夕はこちらが正しいのですよ。旧暦ですので毎年違った日にちで七夕は訪れます。大体、立秋から処暑の間が多いですね。

この時期ですと梅雨明け十日の例えもあり、晴れた夜が多く天を仰げば、七夕の星達が余すところなく望めます。夜も更ければ真上に天の川が架かり、天の川の中にカササギ(鵲・はくちょう座・アルビレオ(3等星・頭)・デネブ(尾))がいて、それを挟むように東に牽牛(彦星・アルタイル)、西に織女(織姫・ベガ)がいます。一際明るい一等星たちですから、晴れていれば直ぐ見つかります。壮大な夏の大三角(ほぼ直角三角形)の星達です。
posted by 三上和伸 at 09:04| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は夏の土用明け夏の節分即ち夏の終わりの日 2019.08.07

暦上では今日が夏の終わりの日、熱帯夜で真夏日なのに可笑しいと思われますが、暦では明日が立秋なのです。季節の先取りをするのが暦の役割ですので、「もう直ぐ秋が遣って来るのですよ」と世間に知らしめる大事な折節なのです。今年は残暑が厳しいと気象庁が発表していましたので、当分夏の暑さが残るでしょうね。その暑い夏の土産が台風ですから、そして今三つの台風が日本近海にいますから、今年は台風の当たり年かも? 台風に気を付けましょう。

三つの台風は、8号フランシスコ(アメリカ・男の名)、9号レキマー(ベトナム・果物の名・ふかしイモのような味)、10号クローサ(カンボジア・鶴)です。


posted by 三上和伸 at 07:10| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする