2019年08月14日

終曲 目まぐるしい一日、蝉の代わりにコオロギが 2019.08.14

天候が目まぐるしく移り変わる一日でした。晴れたり曇ったりスコールのような雨が降ったり、出掛ける人には油断のならない一日でした。これも台風クローサの所為、遠く四国の水際にある台風ですが、関東平野の彼方此方でスコールを降らせたようです。

雨で少し気温が下がったのか、あの五月蠅い蝉時雨が途絶え、今、エンマコオロギが鳴いています。一気に我が庭は、秋の佇まいとなりました。どんなに暑くても、次の季節の主役は待ってはくれません。もう何としても鳴かずにはいられないのです。立秋は疾うに過ぎたのですから…


posted by 三上和伸 at 20:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする