2019年09月12日

新とっておきの花 中秋D 中秋の花3種 2019.09.12

ツルボの群落 韮の花 カクトラノオ
ツルボ群落      ニラの花       カクトラノオ
漸く冷気が降り、中秋の色が濃くなって来ました。花も秋に咲く短日植物が咲き出して来ました。先日紹介したツルボでしたが、次々に咲き揃い、芝生の上に群落を形成しました。毎年こうなるのですよ。ピンクの芝、梅雨時のネジバナの群落に次ぐピンクの驚き、霞んで綺麗です。

ツルボにやや遅れるように、今度は韮の花が咲き出しました。古名は加彌良(カミラ)、二文字(平安の女房詞)。球根でも増えますし、タネでも増えます。花の後、黒い種子が出来ます。この花はタイルの隙間にタネが飛んで発芽し、咲いたものですね。

カクトラノオは普通はハナトラノオとも呼ばれています。北アメリカ原産のシソ科の花で、丈夫で良く増えるため日本全国で栽培されています。花穂が四角錐なので、カクトラノオと呼びます。
posted by 三上和伸 at 20:59| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 大気が入れ替わりました 2019.09.12

今朝は熱帯夜の気温(26.2℃)でしたが、今は23.8℃に下がっています。正に湿熱の空気が、時間と共に冷気に入れ変わり、過ごし易い秋の夜が出現しています。こうなると秋の虫も吃驚したのか、鳴き声も疎らです。それでも、何れ時間と共にアオマツムシやコオロギが鳴き競う事になるでしょう。舞台は変りました。蝉から蟋蟀に代わったのです。

もうクーラーも扇風機も要りませんね。短パンにTシャツ1枚で快適に過ごせます。停電被災地の方々も、今夜はゆっくり休めるでしょう。ご苦労様です。
posted by 三上和伸 at 20:28| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 まだ熱帯夜、されど冷気が… 2019.09.12

歯を磨き洗面をし髭を剃り、そして風呂の水を抜き湯船を洗う、毎朝の仕事ですが、北向きの窓からは冷気が入ってきました。天気図を見ましたところ、どうやら秋雨前線が抜けて、北の高気圧が張り出して来ていました。熱帯夜でしたが、気温の上昇は緩く、暑さは感じられませんね。湿度が70%ですからね。漸く、秋の先駆けが見得てきました。明日が中秋の名月ですからね、少しは秋らしくなって欲しいですね。ススキの写真も撮りたいですからね。
posted by 三上和伸 at 07:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする