2019年09月15日

月に寄す 旧暦葉月の十七 既望の月 2019.09.15

2019.09.15 旧暦葉月の十七の月
2019.09.15 19:50
天気が下り坂のようで、空は雲に覆われ、今はアオマツムシとツヅレサセコオロギが鳴くだけで、月は観えていません。先ほど20時前にこの葉月十七の月が出て、幸運にも写真に納めました。

暦的に一昨日が十五夜で幾望、昨日が十六夜で満月、今宵が十七夜で既望の月と言う事が出来ます。十五夜から満月が一日ズレれば、十六夜が満月となり、十七夜が躊躇う(いざよう)月となるのです。仄かで、鮮やかで、仄暗い、三日間の三者三様の月が楽しめました。
posted by 三上和伸 at 22:53| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉漫歩 十二所神社の兎の彫刻 2019.09.15

義母の敬老のお祝いを兼ねて食事をした峰本、その隣にあるのが十二所神社で、ここは朝比奈切通し峠越えの入り口でもあります。執権・北条泰時が開いた朝比奈切通しで、今の鎌倉霊園前のバス停・大刀洗の太刀は梶原景時の太刀で、頼朝に謀反を疑われた上総介広常を討ったものです。この地の水で太刀の血を洗った言い伝えがあります。

峰本の待ち時間に、私一人抜け出して、暫し十二所神社を探訪しました。

鎌倉・十二所神社 十二所神社鴨居の兎の彫刻 十二所神社の鎌倉石を掘った祠
十二所神社     本殿と鴨居の兎の彫刻  山の神(左)疱瘡神・宇佐八幡の石廟
前回の訪問の際は、本殿の兎の彫刻をお目に掛けなかったので、今回はシッカリウサギさんを撮影してきました。何故兎か?は調べてみましたが、判らず仕舞い、何れ何時か調べが付いたら、お知らせします。
posted by 三上和伸 at 22:31| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 お墓参りと義母の敬老祝い膳 2019.09.15

霊園のススキ
お彼岸と明日の敬老の日を合わせて、今日の内に、義父の墓を訪ね、義母の敬老の祝いをしてきました。霊園にはススキが波打ち、青空に映えて、秋の彼岸の空気を伝えてくれました。彼岸と此岸(しがん)の境目がお彼岸の時節、此方側の私達が彼方側の世界を眺める時節、此の世で真理を知り、彼の世へ心穏やかに参りましょう。生と死を考えてみましょう。

ジャコ飯 峰本の海老天と海老唐揚げ
鎌倉・峰本のジャコ飯と海老天・海老唐揚げ
敬老の日としてそれに適した飯処を訪ねました。霊園の近所にある鎌倉・峰本・朝比奈店。創作そばと懐石料理の店で、美味しい蕎麦と天婦羅や刺身を出してくれる店です。お造りや蕎麦も旨かったのですが、何と言っても今日の私の好みは、このジャコ飯と海老天・海老唐揚げに尽きました。腹一杯食べてそこそこのお値段、リーズナブルでした。☆☆☆
posted by 三上和伸 at 21:06| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 早朝、西に傾く葉月の満月 2019.09.15

2019.09.15 4:08 西に傾く葉月の満月
2019.09.15未明04:08
夜の冷気のため、寒気が立ち、突然起こされてしまいました。ふと、昨夜の素晴らしい月が思い出され、月の精に導かれるように表に出てしまいました。空は暗いながらも淡い雲が出ていて、月はほんのりベールを被っているように観えました。ややピンボケで観えました。でも円らな(つぶらな)月。中秋の名月よ、さようなら…、また来年…
posted by 三上和伸 at 04:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする