2019年09月17日

終曲 今日は苗字の日 2019.09.17

9月17日は苗字の日だそうです。1870年、明治になって下々にも苗字を与えようと、国が号令を発しました。氏(曽我氏・源氏・平氏など)・姓(公・君・朝臣など)・苗・名(愛称)と名もランクがあるようで、下々は苗を与えられたのですね。

この苗字、幾つあるか分かりませんが、1番多いのが佐藤、次に鈴木で、3が高橋だそうです。私の三上は日本何位か判りますか? 調べました、三上は日本303位、人口は73,200人だそうですよ。
posted by 三上和伸 at 22:41| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦葉月の十九 居待月 2019.09.17

2019.09.17 旧暦葉月の十九 居待月
今宵も良く晴れて居待の月が鮮やかに映りました。十五夜から毎晩月が観られました。毎年、中秋の辺りでは、月が良く観えるのですが、今年もまた好い月が観られました。ツキ(月)がありましたね。

2019.09.13 旧暦葉月の十五 十五夜の月2019.09.14 旧暦葉月の十六・望・満月2019.09.15 4:08 西に傾く葉月の満月
十五夜の月(中秋の名月)葉月の望・満月(9月14日)翌未明の満月(既望の月)
既望の月(十六夜の月) 立待月(9月16日)   居待月(9月17)

気温:24.2℃、北東の風:1.9m/s、湿度:83%、窓を開ければ心地よい風が渡って来ます。その風に応えて、秋の虫が、有らぬ限りの声を上げて鳴き競っています。清冷な空気と清麗な音声、今は限り無く秋の真ん中です。
posted by 三上和伸 at 22:04| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 鷹の爪・炎上? 2019.09.17

タカノツメは順調に生育し、見るも鮮やかな紅に色を変えました。この強い色を見るのもこの草の栽培の醍醐味です。収穫は株ごと引っこ抜いて、そのまま束ねて逆さにし、軒先につるして乾燥させます。数日で乾燥唐辛子が出来上がります。また葉を使うこともできます。水に晒した葉を水切りして料理に使います。野菜炒めでも好いし、佃煮が美味しそうですね。
posted by 三上和伸 at 09:29| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 10歳の仲邑初段、男性棋士に勝つ 2019.09.17

凄いというか、微笑ましいというか、初々しいというか、囲碁のプロ10歳の仲邑菫初段が、十段戦予選で、40歳年上で男性棋士の古田直義四段に勝ったそうです。初の七大棋戦の予選で記念すべき白星を挙げたのだそうです。公式戦3連勝ですって! 可愛い顔をして、大変な集中力の持ち主だそうで、今後の活躍が期待できますね。囲碁界のアイドルにきっとなるでしょう。応援してます。

因みに、勝負飯はお母さんの手造り弁当だったそうです。チンジャオロースーに卵焼きだったそうです。ラムネもチョコも!

参考:日刊スポーツ
posted by 三上和伸 at 07:09| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする