2019年09月24日

新とっておきの花 中秋G虫眼鏡(スーパーマクロ)の世界、ミズヒキ・ツユクサ・エノコログサ 2019.09.24 

ミズヒキ ツユクサ エノコログサ
歳を取ると目にきますね。小さいものが良く見えなくなります。そんな時に役立つのが、昔は虫眼鏡、今はスーパーマクロ付きのカメラにあります。

・ミズヒキ(水引)
荒れ地にある雑草ですが、祝儀・不祝儀に用いられる帯紐の水引に見立てられたために、有名になりました。またこの草を愛好する人も増えました。私もその一人です。

・ツユクサ(露草)
午前中だけに咲く半日花。青い色素があり、着いても直ぐ退色する性質があり、染め物の下絵の絵の具に用いられました。月草、青花、帽子花、蛍草などの素敵な別称があります。

エノコログサ(犬っころ草)
いぬっころくさが転訛してエノコログサになったと言われています。穀物の粟の原種であり、調理をすればチャンと食べられるそうです。縄文時代より食用とされていました。
posted by 三上和伸 at 22:20| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ひつじ雲の朝 2019.09.24

今朝は美しい雲で始まりました。窓を開け、ベランダに出れば、こんな空が浮かんでいました。中々これ程美しいひつじ雲は出ないのですが、これも台風ターファーの置き土産、ひつじ雲は寒気の上に暖気が触れると発生するそうです。🌀ターファーが持ち込んだ暖気に、大陸生まれの高気圧が触れたために、現れたそうですよ。ひつじ雲は、正しく言えば高層雲で、むら雲、まだら雲とも言います。
posted by 三上和伸 at 08:35| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする