2019年10月12日

終曲 🌀ハギビス、過ぎ去りました 2019.10.12

台風の水滴
2時間強、縦横無尽に暴れ回って🌀ハギビスは、とうとう過ぎ去りましたね。まだ雨は降っているようですが、暴風はすっかり止みました。最終的に中心気圧は、978.7hPa(横浜)、最大瞬間風速は、南南東の風:43.8m/s(横浜)でした。積算雨量は22時現在、161.5mmでした。

まあ、各地どんな被害が出ているか知れませんが、取り敢えず我が家は無事、良かったです。
posted by 三上和伸 at 22:16| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京漫歩 アヌシー湖 ポール・セザンヌ 2019.10.11

アヌシー湖 ポール・セザンヌ
アヌシー湖
東京都美術館で行われているコートールド美術館展魅惑の印象派を鑑賞して来ました。音楽に比べ、絵に造詣は無いのですが、年取ると共に絵の魅力も感じるようになりました。年に数回、思い付きながら、美術展に行っています。好いものは良い、それが実感です。音楽同様、心に確かな熱のようなものが残ります。その熱で、暫くの期間、私は幸せに過ごせるのです。その幾つかの作品で、心に潤いが残るのです。

イギリスの実業家・サミュエル・コートールドが蒐集した絵画などのコレクションを核に設立されたのが、コートールド美術館。訳あって今回、日本で美術展を開く運びとなりました。コートールドが愛した画家は言うまでも無く印象派乃至ポスト印象派、そのコレクションはセザンヌが主体です。地味であったセザンヌの真価を見抜いた人です。大変な審美眼を持ったコレクターでした。

見事な立体感と構成力で描かれたセザンヌの作品、このアヌシー湖も実に分厚く重々しい作品です。それでも暗いが透明な色彩感で描かれています。どっしりと整った美しい湖に仕上げられているのです。それは観る者に、絵の持つ揺ぎ無い存在感を教えてくれます。
posted by 三上和伸 at 21:40| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 🌀ハギビス伊豆半島に上陸 2019.10.12

🌀ハギビスは、先ほど伊豆半島に上陸したようです。ここのところ、雨は10mm前後で推移していますが、気圧は更に下がって、975.9hPa、風速は14m/sと強くなってきました。もの凄い風が吹き荒れています。これが正に野分(のわき、台風)、あと2~3時間の辛抱ですかしらね。神奈川県中部を貫通するようです。故に我が頭上を通り過ぎます。🌀、その力を受け止めてみましょう。部屋の中でですが…
posted by 三上和伸 at 20:01| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新横浜漫歩 横浜英和学院礼拝堂 2019.10.03

横浜英和学院礼拝堂
1880年、アメリカのメソジストプロテスタント派宣教師ブリテンが創設したのが横浜英和学院の前身のブリテンスクールです。横浜山手で初めました。後に同じ山手で新校舎を建設、その際に、10枚のステンドガラスが設置されたマカスリン礼拝堂が建てられました。そして1916年に、山手から蒔田に移ったのですが、この礼拝堂は蒔田に移築され、その際、天井の梁とステンドグラスも引き継がれる事となったそうです。

横浜英和学院礼拝堂のパイプオルガン(左翼) 横浜英和学院礼拝堂のパイプオルガン(右翼) 横浜英和学院礼拝堂のパイプオルガン(右翼)
左翼のパイプ群    右翼のパイプ群    低音パイプ
礼拝堂内の二階席にあるパイプオルガンです。左右二対に設えられてあり、この日は音を聴く事は出来なかったのですが、素敵な構えをしたオルガンでした。設置の際の詳しい説明が無かったので、ただドイツ製だと言う事は判ったのですが...。

横浜英和学院礼拝堂のステンドグラス 横浜英和学院礼拝堂のステンドグラス 横浜英和学院礼拝堂のステンドグラス
山手から蒔田に引き継がれたステンドグラス、横浜最古のステンドグラスで、並びにこの教会は、日本最古のステンドグラスのある教会と言えるのだそうです。
posted by 三上和伸 at 15:12| 新・横浜漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 横浜、気圧:992.6hPa、気温:24.7℃、積算雨量:110.5mm 2019.10.12 13:35

我が町豪雨
我が町豪雨
風が東(風速:7.8m/s)に変りまして、気温が急上昇をしています。先ほど、今日の最高気温の24.7℃を記録しました。気圧も1000hPaを切って遂に992hPaとなり、本格的な低気圧帯に入りました。そして何よりの心配事は降水量、横浜気象台の積算雨量は110.5mmを超えました。神奈川各地の河川も危険水位を超えているそうです。ヤバいです。
posted by 三上和伸 at 13:46| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 気圧は下降気味、雨量は5mm前後、風速は5m/s 2019.10.12

昨日は1017hPaあった気圧ですが、今は1005hPaまで下降しています。台風接近の様子が気圧に依って如実に表れています。風は5m前後なので、まだこれからですね。雨量も大分まとまって来ました。

しかし、ここに来て風雨の音が違ってきました。刻々と風雨の音が高まって来ました。5:00、どうやら台風の中心は伊豆諸島にあります。強風域が横浜まで達したようです。外は物凄い風雨の音がしてきました。雨が叩きつけています。とうとう🌀ハギビスがやって来ました。
posted by 三上和伸 at 05:17| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 一寸目が覚めました 2019.10.12

悪い夢を見た訳でもないのに、一寸目覚めてしまいました。気になるのが🌀ハギビス、気象情報のページを開けてみると、今、🌀ハギビスはあのアホウドリの産卵地で有名な鳥島付近にいますね。現在の中心気圧は、935hPa、最大風速は45m/s、最大瞬間風速は65m/s、少しずつ勢力を弱めてはいますが、まだモンスタータイフーンです。今日午後には伊豆半島から房総半島の間に接近、上陸する見込のようです。静かに待ちましょう。ひたすら通り過ぎるのを待ちましょう。
posted by 三上和伸 at 04:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする