2019年10月14日

終曲 自民二階幹事長、人間性欠く発言 2019.10.14

昨日の午後開かれた自民の緊急役員会で「台風被害はまずまずに収まった」と発言したそうです。50人以上も亡くなり、夥しい川の氾濫による汚泥の堆積、避難所から我が家の戻った女性の嗚咽が痛々しかったです。こんな状況が、「まずまずに収まった」状況ですかね。自分はヌクヌク安全な場所で、台風の高見の見物している風情、これは人間性を疑う発言、呆けていますね。77歳、正に老害です。引退せよ!
posted by 三上和伸 at 23:01| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 W杯ラグビー日本代表、強かった 2019.10.14

昨日のラグビーW杯、日本は強かったですね。前半に得点を上げ、優位に戦いましたが、スコットランドも名うての強者、後半は2トライを挙げ、その後もひたひたと日本のインゴールに迫ってきました。正に必死の形相、「こんなところで日本に負けてなるか!」とでも言っているようでした。それでも日本は強くなっていたのでした。ガッチリと対抗し、焦るスコットランドに、3つ目のタッチダウンを許しませんでした。歓喜のノーサイド、感動しました。宿願の8強入りを果たしました。
posted by 三上和伸 at 22:41| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 母の塗り絵と日記 2019.10.14

母の日記 母の塗り絵・ドングリ拾い
母の塗り絵と日記
妻が旅行のため、今日はお休みのナッチャンを誘って、老健の母を訪ねました。何時ものように、日記を書かせ、塗り絵を描かせたのですが、日記の際、何時ものやる気の無さに、業を煮やしたナッチャンと私は、否応なく、書かせました。ここが私とナッチャンの真骨頂、完全主義者でキチンとやってくれないとイヤなのです。妻の緩い優しさとは訳が違うのです。何かを遣る事は、頭脳でも体力でも、汗を掻かなくてはなりません。汗を掻く、それが生きている証です。
posted by 三上和伸 at 16:25| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 仮初(かりそめ)の体育の日 2019.10.14

今日はハッピーマンデーの体育の日、何故仮初かはお分かりですよね。仮初とは一時の事、その場限りであること、はかないこと、かろがろしいこと、なおざり、おろそか、ふとしたこと、と広辞苑には書いてあります。思い付きで決めた10月の第2月曜日、情けなくどうでも好い日になってしまっています。可哀想、体育の日

昨日のラグビー深夜放送で、今朝の私は寝坊です。9時に目覚めました。早速、ハワイの妻からメールが届いていました。美しい睡蓮の写真が添えてあってね。今のハワイは昼間ですかね。既に観光を始めているようです。89歳の義母のお供で、義姉と姪のMちゃんも一緒にハワイに行っているのです。義母の大きな楽しみハワイ旅行、親孝行な娘二人と優しい孫、年寄りの楽しみに便乗してね、好い身分…。でも年寄りはこうでなくっちゃね、その家族もまたね。私も羨む好い家族です。
posted by 三上和伸 at 10:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする