2019年10月18日

私の歳時記 正月の稲のしめ飾り 2019.10.18

正月の稲のしめ飾り 自家製稲のもみ
先日の🌀ハギビス襲来の前日に刈り取っておいた稲、それを正月のしめ飾りに作りました。妻の力作です。勿論、稲束を締め上げるのに、私の力も使いました。妻が言うには、今年の稲は出来損ないだそうで、少し背丈が短かったそうです。それでも立派にお飾りは出来ました。右写真は今年出来た籾(もみ、穂から扱いたまでの脱穀しない米、もみごめ)です。これを来年の初夏に苗床に蒔きます。妻は、元米作農家のじいちゃんに教えを請うて、稲作の秘策を手にしたそうです。それは…、深いバケツを使い、肥料も適切にし、根を沢山張らす事だそうです。根を十分に張らす事が出来れば、背の高い実なりの良い稲になるそうです。
posted by 三上和伸 at 20:52| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 Rくんの靴下 2019.10.17

Rくんの靴下
昨日はナッチャンと午後からNちゃんYちゃんRくん家に行って、ナッチャンはNちゃんYちゃんのピアノレッスンをして、私はRくんのお遊び係を務めました。

Yちゃんが頑張ってピアノを習っている間、私とRくんは別のお部屋でボール遊び、沢山のビニールボールを投げあって夢中で遊びました。その内、Nちゃんの下校時間が近づいたので、Rくんと一緒にお迎え、下校の道を訪ねて歩きました。雨臭い空、Kさんに傘を借りて、Rくんと二人で、傘持ってお迎え。Rくんは歩く歩く!、15分くらい歩いたでしょうか、お隣の年上のお兄ちゃんが帰ってきました。「こんにちは!」「こんにちは!、Nちゃんはもう少し後ろにいるよ!」。「あっそう、ありがとう!」。いました三人組、大きな笑い声を上げて、グニャグニャと不規則に動く集団が…。Rくんと私が「おかえり!」「ただいま!」と3人の小学一年生の乙女たちがニコニコ、クシャクシャ嗤っていました。皆で隊列になってお家へ向かいました。そのうち雨が…。

Rくんも傘を差そうとし、持っている傘を動かし始めました。私が手伝ってやろうとすると、その手を遮り、一人で立派に傘が差せました。Nちゃん達には大分遅れを取りましたが、一生懸命歩いて、無事お家に着きました。

玄関で靴を脱ぎ、しかも靴下も脱ぎ、私に手渡しました。お家ではピアノレッスンを終えたYちゃんが待ち構えていました。今度は3人で遊びました。女の子のYちゃんが加わったので、今度はオシャベリが止まりませんでした。私がいろいろな事を聞くと、二人は一生懸命、頭と気持ちを使って喋ってくれました。

Rくんが私に手渡した靴下、失くさないように、ポケットに仕舞っていましたが、それを我が家に持ち帰ってしまいました。今、洗ったところです。

posted by 三上和伸 at 08:49| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする