2019年11月01日

終曲 月、撮り損ないました ☀→☀→☀→☽ 最高気温:22.4℃ 2019.11.01

今日は旧暦神無月の五、夕方美しい五日目の月が出ていました。明日は晴れ(快晴)、でも文化の日は、太陽は出ないようです。暫く快晴の空は無さそうです。
posted by 三上和伸 at 23:12| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽夜話 音楽の聴き方・ソナタ形式 2019.11.01

ただ漫然と聴くのも音楽の聴き方ですが、例えばソナタ形式を意識して聴くと面白いです。第1主題、第2主題があり、それが提示部で、連続的に出てきます。その二つの性格の違った楽想を対比したり、溶け合わせながら、音楽は進み、コデッタ(小休止)まで繋げていきます。そして妙味が爆発するのが展開部です。ブラームスのクラリネット五重奏の場合は、初めは第1主題を変容して展開し、次に第2主題を使い展開します。繋ぎが終わると再現部に入ります。提示部と一部異なりますが、ほぼ同じ楽想でコーダの手前まで流れます。コーダ(終結)は主に第1主題が使われて、第1楽章が終わります。

大抵の交響曲や室内楽、ピアノソナタなどは、第1楽章にはソナタ形式が使われます。第1主題と第2主題の性格の対比や、変幻自在に変化する味わい深い展開部が聴きものです。上手い作曲家ですと、有機的に手堅く纏め、雄弁に思想・感情を表現します。

提示部→展開部→再現部→コーダとソナタ形式は3部乃至4部の部分で構成されています。展開部は繋ぎの部分ですが、時代とともに進化し、重要な内容が求められるようになりました。第1・2主題(テーマ)を展開部で使い切る、上手い作曲家のソナタは展開部で判ります。

追伸:お詫び
ブラームスのクラリネット五重奏の展開部の説明に誤りがありました。ブラームスのクラリネット五重奏曲の第1楽章・ソナタ形式の展開部は、最初に第1主題が扱われて、次に第2主題の展開に至ります。訂正を致しました。


posted by 三上和伸 at 22:47| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野の実 ミコシグサ(神輿草、ゲンノショウコの実) 2019.11.01

神輿草(ゲンノショウコの実) ゲンノショウコ
ミコシグサ(ゲンノショウコの実)ゲンノショウコ(花)
判り難いかも知れませんが、写真中央に4つのカーブした針金のようなものが見えます。この先に種子が付いているのですが、これがゲンノショウコの実です。その巻口が神輿の対角線にある蕨手(わらびて)に似ているために、カーブした針金状のものと合わせて、全体が神輿に観えたのでしょう。
posted by 三上和伸 at 17:49| 野の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 初冬@ ジュウガツザクラ(十月桜) 2019.11.01

十月桜
小彼岸桜の園芸種とされています。我が団地の桜は大半が春に咲く染井吉野ですが、稀に、山桜や大島桜があります。そして秋から冬に咲く十月桜もあります。花弁が多く、十枚は超えています。色は白ですが、ほんのり淡く紅が差します。なかなかに美しい桜です。
posted by 三上和伸 at 17:15| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は灯台記念日 2019.11.01

日本最初の洋式灯台・観音崎灯台の起工日が1868年(明治元年)11月01だったのに因んで、1949年に海上保安庁に依り、11月01日を灯台記念日と制定されました。

観音崎灯台と言えば、横須賀生まれの私としては我が庭同然、良くハイキングやピクニックに出掛けたものでした。海岸植物の宝庫でもあり、歳を重ねた今日でも、花を訪ねて時折訪ねます。早春の椿、春のハマダイコン、ウラシマソウ、梅雨の額紫陽花、夏のハマカンゾウ、秋のハチジョウススキ。思い出すだけでも、潮風が香ります。好いです、観音崎!
posted by 三上和伸 at 09:35| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は古典の日 2019.11.01

文化の日に因んで、今日から教育・文化週間(11月1日〜7日)だそうです。それなのに文部科学大臣の体たらく、沖縄の文化の象徴・首里城の焼失、失態が相次ぎますね。文化教育を本気で考えない日本、渋谷ハロウィンの堕落が象徴していますね。

今日は教育・文化週間のトップバッターを務める?古典の日です。古典とは過去に生まれて育った大切な文化です。漢詩・囲碁・クラシック音楽・海外文学の翻訳などの、海外から入って日本で継承された文化、日本古来の武道や、茶道・華道・書道・将棋などの古くからある日本の文化、それらを古典と呼びます。クラシック音楽の世界でも、総じて古典音楽と呼ばれますが、特に拘るなら、ハイドン・モーツアルト・ベートーヴェンのウィーン古典派が、古典と名乗る分相応の音楽と言えなくはありません。
posted by 三上和伸 at 09:16| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 日の出:6:02 ☀ 最低気温:12.7℃ 2019.11.01

快晴の空、日の出は6:02、日照時間は7時現在で、0.6時間、6時台は、36分の日照があったのですね。今日の天気は晴れと約束されているようです。何でも気持ち良く出来そうですね。
posted by 三上和伸 at 07:35| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする