2019年11月04日

月に寄す 旧暦神無月の八・上弦 2019.11.04

2019.11.04 旧暦神無月の八の上弦
上弦の半月
上弦の月は朝に昇って夜半に沈むのが習いです。ですからもう今は既に沈んで観えません。一番高く上がって観えるのが夕方の頃、和樹の部屋・さだコンが終わって、芸大の庭に出ていた半月は美しいものでした。写真の月は20時頃でした。秋になると月と地球の自転の角度が変るため、大分月が傾いで観えます。
posted by 三上和伸 at 23:10| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京漫歩 上野の森美術館のファン・ゴッホ展と音音のバラ寿司 2019.11.04

文化の日の振り替え休日の日。この日は、さだまさしが出演する東京芸大の第10代学長の沢和樹(ヴァイオリニスト)が企画した”和樹の部屋”を鑑賞しに、東京芸大・奏楽堂(新社屋)のコンサートに行って来ました。それにつけて、丁度上野の森美術館では御あつらえ向きに”ファン・ゴッホ展”をやっており、折角でしたので、ダブルヘッダーを組んだつもりとなり、午前・ゴッホ、午後・さだとして、一日一杯上野で遊んできました。

上野の森美術館・ファン・ゴッホ展
日曜にゴッホ展、玄人には「何を馬鹿な事をしているの、大混雑の中を…」と言われそうでしたが、否応なしに上野の森に30分並んで、行って来ました。ダブルヘッダーで、交通費が浮きますので、欲を掻いて、上野で一日遊びをしてきました。大好きなゴッホ、心にホカホカと灯りが灯りました。

音音 上野バンブーガーデン店のばらちらし
ゴッホ展の後はお食事、上野の森美術館のお隣が食堂の好立地、焼肉などもありましたが、バラエティが豊富な和食の”音音”と名乗る店に入りました。「この日はお寿司が好いな〜」と思い、食べ易そうな”バラちらし”にしました。私の思惑は当たりました。美味しかったのですよ。バラしたちらしだからバラちらし、生物や蓮などの具を小さく刻んでバラシてあるので、バラちらしと言うのだそうです。鮪赤身や鯛・コハダも小さいけれど美味しかったのでした。チャンと醤油皿もあるのですよ。


posted by 三上和伸 at 23:04| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 旧暦神無月の八 神無月の上弦🌓 2019.11.04 

上弦の月は正午過ぎには出ているのですね。太陽が西に傾き始めれば、東の空に観えて来ます。沈むのが夜半ですから、暗くなれば半月が煌々と輝いて来ます。6時頃が一番高い位置に昇っていますね。今のところ快晴の空、午後から夜半まで、お暇な時に神無月の半月をご覧になっては如何ですか…。
posted by 三上和伸 at 08:05| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 快晴の見込み ☀ 2019.11.04

西高東低の気圧配置になりました。今のところ弱いですが、北の風です。私の団地では昨晩と今朝未明に雨が降ったようで、道路が濡れています。それでも今の空は快晴であり、今日一日は、初冬の小春日和となるでしょう。

🌀ハーロンは発達し始めており、現在の気圧は985hPaです。北回帰線(北緯23°26′21″)の南、東経150°付近にいて、北西に向かっています。しかし、この後は、進路を東に変えて、進みます。日付変更線を跨げば、台風からハリケーンになります。名はハリケーン・ハーロンですかね。

今日は上野でやっているゴッホ展に行って来ます。見た目、判り易いですが、個性極まるゴッホの絵、ゴッホの人間性に触れるのが楽しみです。
posted by 三上和伸 at 07:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする