2019年11月14日

月に寄す 旧暦神無月の十八 居待の月 2019.11.14

2019.11.14 旧暦神無月の十八の月 居待月
15日が十五夜、16日が十六夜、17日が立待、18日が居待です。今日は旧暦神無月の十八、居待月なのですね。晴れたり曇ったりでしたが、宵の口には雲が取れて、鮮やかな居待月が望めました。そしてオリオン座がギラギラと輝いていました。久し振りで、双眼鏡を持ち出して、隈なく眺めました。オリオンのベルトの3星が青くクッキリと、早い時間のため、縦に一列に並んでいました。時間が経つと横一文字に並びます。
posted by 三上和伸 at 23:32| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京漫歩 髪を整える浴女 ルノワール 2019.11.04

ルノワール・髪を整える浴女
1890年 油彩 カンヴァス モナコ王室コレクション
浴女は、ルノワールの題材としては多く、各年代に描かれています。晩年になるに従って裸婦は豊満になり、肉がダブついて描かれるようになりました。この髪を整える浴女は、比較的若い時代の作品であり、裸婦も肉のダブつきが無く、スレンダーに描かれています。印象派から脱した時期であり、古典主義に傾倒しています。
posted by 三上和伸 at 21:33| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然の風景 青空と高積雲 2019.11.14

高積雲と青空 高積雲
風景の美しさは、人間の想い入れが多分に関わってきます。それでも、何の想い入れも無く、唯、自然そのものが美しい場合もあります。そんな例は、海の美しさ、空の美しさ、そして雲の美しさ、今日の午前中、こんな空を見付けました。白の狭間の青、空の彼方に、吸い込まれてしまいました。今夜は雲の上に浮かぶ夢を観てしまいそう…
posted by 三上和伸 at 20:50| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京漫歩 薔薇 ファン・ゴッホ 2019.11.04

薔薇
1890年5月 サン・レミ 油彩 カンヴァス ワシントン・ナショナル・ギャラリー
ゴッホは1890年の7月29日に亡くなるのですが、この薔薇は、その僅か2か月前に描きました。今回の出品の品の中では、特に美しい作品で、多くの来場者の視線を浴びていました。こんな絵が我が部屋の壁の片隅に置かれていたら、心は何時も、ある温かい潤いに満たされるでしょう。ムンクの時と同様に、私はこの絵を欲しいと思いました。白薔薇、観れば観るほど愛しくなりますね。
posted by 三上和伸 at 08:50| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 気圧の谷(1006.1hPa)☁🌂 2019.11.14

冬型の気圧配置で、黄海と太平洋に高気圧があり、その間のサハリンに986hPaの低気圧があります。低気圧からは寒冷前線が本州を縦断しており、先ほど小雨が降りました。それでも黄海にある高気圧が日本付近に張り出して来て、西日本から東日本に掛けて晴れて来ます。今陽が射して来ました。冬型ですので、残念なのは日本海側で、金沢・新潟は雨、札幌は雪の予報です。今日は立冬から6日目、冬将軍が牙を剥き始めています。
posted by 三上和伸 at 08:24| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする