2020年01月12日

東京漫歩 川魚料理「川千家」・鯉の洗い・鰻重 2020.01.10

成田山と言い、帝釈天と言い、名刹の地には門前町が開け、参拝客向けに旨い物屋があります。利根川や江戸川が近い内陸の立地では、勢い川魚料理となります。江戸の昔に創業した老舗の店が軒を連ね、柴又でも4〜5件の鰻の名店がありました。
書家が書いた川千家の額 寅さんの全作品のポスター メニュー
かわちや(川千家)と読みます。帝釈天に最も近い鰻屋で、門前と言っても可笑しくありません。250年の歴史がある老舗で、店舗も大きく、大勢の客をあしらっています。この日も盛況であり、額とポスター(写真)があるロビーのような待合所があり、深いソファーにふんぞり返って、呼び出しを待ちました。

DSCF4013.JPG DSCF4016.JPG
鯉の洗い       鰻重
鰻はさばきや蒸しに焼きがあり手間仕事、出来上がるのに20分以上が掛かります。席に着いても、まだまだ待たされるのです。その前に、イケる口の人は、鯉の洗いなどを肴に、一杯やるのがお定まりです。妻も、洗いを摘みながら、ビールを旨そうに飲んでいました。

柔らかく蕩ける鰻、江戸前?(関東風)の香り豊かな鰻重でした。でもまあ、横浜でも野田岩やわかななどはこれ以上に美味しい鰻を食べさせてくれます。それでも★★★ 川魚では鰻がbnNE

鯉の洗いは食べ慣れないと、その美味しさが判らない不思議な魚料理です。知り合いでは嫌いな人が多いです。ここでは生簀があり、食べられる前の鯉(黒い真鯉)が泳いでいます。鯉こくや鯉の甘煮もメニューにあります。
posted by 三上和伸 at 20:45| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京漫歩 参道散策・高木屋老舗の草だんご 2019.01.10

草だんごの高木屋老舗 高木屋の草だんご 草だんごの説明
撮影中の寅さんの渥美清も休憩や着替えに使ったと言われる高木屋老舗。私達もここで串刺しの草だんごとみたらし団子を買い、食べ歩きをしました。しかし、歩きながら団子を食うのは難しく、通行人に餡子やタレを付けて仕舞わないかと苦心しましたので、参道端のベンチに腰掛けて頂きました。タレの塩味はややキツ目、やはり草だんごが秀逸でした。

柴又薪高木老舗の草だんご
土産に買った草だんご
そこはかとヨモギの香りが口に広がります。モッチリの団子、餡の甘さが絡みます。絶妙な団子です。幾らでも食べられてしまう美味しさです。
posted by 三上和伸 at 09:05| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 昨日の空模様、今日の空模様 2019.01.12

今日は大安の日曜日です。一月ですが、結婚式は多いのですかしらね。今は陽が差していて予報よりも良さそうですね。但し、昨日よりは寒いです。

昨日の空模様
旧暦師走の十七・望 師走の満月 2020.01.11 17:59
昨晩の横浜の満月
横浜 ☁→☁→☁☀→☀→🌕🌟 最低気温:6.1℃ 最高気温:11.0℃ 日照時間:4時間30分
東京 ☁→☁→☁☀→☀→🌕🌟 最低気温:5.2℃ 最高気温:10.5℃ 日照時間:3時間24分

石垣島 ☀☁→☀☁→☀→☀→☀→🌕🌟 最低気温:19.7℃ 最高気温:24.8℃ 日照時間:9時間24分

酸ヶ湯 ⛅→☁☀→☁→⛄→⛄→☁ 最低気温:−4.3℃ 最高気温:−1.1℃ 日照時間:30分 積雪深:174cm(24時)

今朝の空模様
横浜 ☀
東京 ☁

石垣島 ☁

酸ヶ湯 ☁ 積雪深:172cm
posted by 三上和伸 at 08:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする