2020年04月02日

間奏曲 名残りの桜 2020.04.02

名残りの桜 名残りの桜・染井吉野に山桜
染井吉野       染井吉野と山桜
昨日の風雨と今日の風で、大分散って仕舞いました。それでも最後の見栄えは保っており、未だ楽しめます。今年も有難う! また来年、宜しく!
posted by 三上和伸 at 20:53| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 花見の後はかき揚げつけ蕎麦 2020.04.02

角平のかき揚げ 角平の蕎麦
かき揚げ       蕎麦 手もみ蕎麦です
朝、晴れ渡った青い空、突然妻が「母を花見に連れてってやりたいんだけど、一緒に行く?、大岡川の川べりを車で花見したいんだ。運転してくれる?」、「好いよ〜」となって、西区の義母を連れ出し、そのまま日ノ出町へ…。そこから大岡川の川べりの道に入って車窓花見、桜は川面に向かって枝垂れて咲いていますので、多少見難い所もあったのですが、偶に桜のトンネル風になった所もあったので、大いに楽しめました。徒歩皆無の楽ちん花見、脚が弱い義母が喜んだこと喜んだこと。ところが、私・運転する人、妻は観る人、結局1枚も写真を撮らず、ここで紹介が出来ませんでした。妻の落ち度です。 

義母の住まいの直ぐ近くに横浜の蕎麦の名店・角平があるので、そこで食べた、かき揚げと蕎麦の写真をアップしました。これが今日の戦果です。

海老と帆立のぶつ切りが入ったかき揚げ、かき揚げとは本来、魚介だけを粉に混ぜて揚げた天婦羅です。ご覧のように巨大です。重くて箸では持ち上げられません。ですから箸でかき揚げを四等分にカットして、漬け汁に浸して食べました。かき揚げの風味が移ったつけ汁に、手もみ蕎麦を浸して「ズルズルズル」。「旨いっ!」。
posted by 三上和伸 at 20:02| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・春C 紫の清冽・ハナダイコン(花大根) 2020.04.02

ハナダイコン
春は色彩に溢れた季節です。白(梅)、紅(椿)、淡紅(桜)、黄(山吹)、そして紫のハナダイコン、もうこれだけ魅せてくれれば、言う事ないですね。正に春の喜び、優しく、麗しく、しかも美味しそう…。特に私は紫色が大好きで、美味しそうと思ってしまうのです。葡萄、山桜のサクランボ、桑の実(マルベリー)など、自然の実は紫が多いのです。大抵は黒柴色に艶めき、噛めば甘酸っぱい果汁が溢れます。だから紫は美味しそうなのです。狂おしくも、大好きな色です。

posted by 三上和伸 at 17:01| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・春B ヤマブキ(山吹) 2020.04.02

ヤマブキ
春の横浜の自然の中で、最初に咲くのが藪椿、次に山桜(大島桜も)、そしてその次がこの山吹です。山吹は桜が満開になると咲き出します。まるで、バトンタッチをするが如くに間違いなく、咲き始めます。決して桜に先駆けることは有りません。しっかり順序(序列)をわきまえて咲くのです。本当に律儀な花です。三浦半島などには、この山吹が多いのです。横横道路などを通ると、終り掛けた山桜の横に、目にも鮮やかな黄色が枝垂れて、目立ちます。美しいです。
posted by 三上和伸 at 16:26| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 晴れました 2020.04.02

昨日の朝から降った雨も、今朝の未明に止みました。積算雨量は横浜で32.5mm、良く降りましたね。29日には1mmの雪も降りましたし、春も半ばになると降水量も増えます。これからは農耕のシーズンです。恵みの雨ですね。風は強いのですが、今朝は良く晴れています。98%もあった湿度が現在38%に落ち込んでいます。北風の所為ですね。名残りの桜も、ハラハラフワッと散っています。美しい朝です。

posted by 三上和伸 at 08:40| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする