2020年04月03日

終曲 名残りの桜A 2020.04.03

染井吉野       染井吉野と山桜    山桜
強風が続きますが、今年の桜はしぶといですね。粘り腰で風を受け流し、ハラハラと散りはしますが、多くの花弁は残っていて見栄えが致します。まだまだ、観ればうっとりとしてしまいます。桜は魔力を持った花と、昔は恐れられる事もありました。桜の木の下には、死体が埋まっているなどとも言われてきました。うっとりする人もいれば、恐れる人もいる、それが魔木・桜です。
posted by 三上和伸 at 22:32| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・春D 昼下がりの散歩、チューリップ 2020.04.03

チューリップ チューリップ チューリップ

コロナウィルス蔓延のため、仕事をセーブしている私、決してやらないつもりではありませんが、ここはひとつ、社会に協力しましょう。但し、一日中家に籠っては健康に悪いので、日光浴を兼ねて、足腰の運動のつもりで、散歩を始めました。カメラ片手ですから、トレーニングでは無く、健康維持、花の写真を撮りながらのノンビリ散歩です。春です、花が綺麗です。

上段:チューリップ、ナッチャン家近くの花壇です。
下段はハナニラ、シャクナゲ、菜の花です。赤・白・黄色に薄紅です。
posted by 三上和伸 at 21:30| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 初鰹 2020.04.03

目に青葉 山不如帰 初鰹とは初夏の季語が三つ入った俳句です。でも未だ初夏では無いですね。でも近年は漁が先駆けて、鰹を獲って来てしまいます。青葉と不如帰には悪いですが、初鰹を食べてしまいました。

初鰹・刺身
鰹は回遊魚でありまして、春を越えると太平洋岸を北へ移動してきます。それを獲って市場に出るのが初鰹。食味の特徴としては、秋の戻り鰹とは正反対に、脂肪分が少なく、脂の乗りが落ちるのです。でも、私は秋の脂ぎった鰹は好みではありません。そう、江戸の民が珍重した初夏の初鰹が好きなのです。タンパク質の味の濃さ、つるっとした爽やかな食味、好いものです。但し、一番怖いのが寄生虫のアニサキスです。私も昔ほど、生の鰹は食べなくなりました。が、二切れ三切れで好いのです、食べたいですね、美味しいのです。
posted by 三上和伸 at 20:40| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦弥生の十、十一の月 202004.03

旧暦弥生の十の月(04.02)旧暦弥生の十一の月(04.03) 20:00の月、太陽の角度が変化しています。立ちました。
一昨日が上弦でしたが、一日大雨で上弦の月は観えず仕舞い。ですが、昨日今日と晴天が続き、夕方の白い月が良く観えました。この二つ、ほぼ24時間経過した月で、弦が膨れ育っているのが判りますね。青空の質は少し違っていて、昨日の方が透明で青が濃かったですね。今日は上空の巻雲が薄く棚引いており、月もやや仄かに変りました。青空に白い月、私は好きですね。

まだ、時間が浅いので、月の弦が下を向いていますが、時間に連れ、月は立ってきます。
posted by 三上和伸 at 19:53| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 4月3日、私の特別な日 2020.04.03

毎年の4月3日は、私の特別な日です。私を生んでくれた母の誕生日と、私を鼓舞し慰めてくれるブラームスの命日に当たる日です。自分の誕生日などはどうでも良く、意識したことなどありませんが、この4月3日は忘れられない日です。この世に存在出来る事、そしてこの世で生きる証を確かめられる音楽を知った事、私には大切な日です。

母は今、老健(介護老人保健施設)に入っています。車椅子使用ですので、毎日、介護師(士)の方々に面倒を見て貰っています。介護師の皆さんはプロですので、極めて的確に面倒をみてくださいます。私も安心して預けていられます。それでも、このところの新型コロナ禍で、老健は面会謝絶です。一回だけ、母から電話が掛かって来て「淋しい」の声を聞きましたが、どうにもなりません。母の心が安定し、丁寧な介護を受け、健康に生きてくれることを願うだけです。大正15年生まれの母は、今日、94歳になったのです。

1897年の今日、ブラームスは亡くなりました。5月7日生まれですから、数えで64歳の生涯でした。父は名も無きコントラバス奏者、貧しい家庭に育ちました。唯、母の愛情と生来のポジティブな性格に依り、大音楽家の道を歩みました。同情と愛に満ちた音楽を書きました。その生涯作品番号は122、私はほぼ全てを知っています。それは人生の糧です。私の道を照らしてくれるのがブラームスです。

今、彼の最高傑作・ドイツレクイエムを聴いて、冥福を祈り、偉大な功績を讃えています。


posted by 三上和伸 at 09:54| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 新型コロナで世界食糧不足、国連警告 2020.04.03

新型コロナ流行で、世界でロックダウンなど、閉鎖傾向が強まっている中、食物生産減少や流通のマヒ及び食料買い占めなどが起こっており、国連が世界的食糧不足が起きるのではないかと懸念しています。食料自給率が先進国中最下位(39%・カロリーベースで)の日本はどうなるのでしょうか? 輸入に頼りっ放しの日本は、世界が食べ物を売ってくれなくなれば、明日の食べ物が無い日本になり、戦後のような悪夢の風景が展開されるのではないでしょうか? たったひとつの病原体が世界を席巻すれば、日本沈没は免れないのです。これは日本の政治の失敗です。
posted by 三上和伸 at 06:59| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする