2020年04月19日

間奏曲 仁を巡る野風と咲の嫉妬と共感 2020.04.19

遂に艶やかな花魁・野風・中谷美紀の登場となります。立ち居振る舞い、花魁言葉の声音、美しい...、絶世の花魁を色っぽく演じていました。吉原の遊郭が舞台となり、最高位・花魁の野風は仁に、遊郭の主人の頭の病を訴えます。仁は、主人の頭を開き、中の内出血を取り出し、見事に治します。女人禁制の吉原のしきたりを前に、咲は男装をして助手役を果たします。

仁の超人的現代医術に打ちのめされた二人の女、お互いに仁を愛している二人は、手術後に、遊郭の廻廊にしゃがみ込んで、二言三言語ります。「咲さまは、先生をお慕いしているのでしょう」、咲は21世紀の仁の恋人・未来(みき)に瓜二つの野風に「いいえ、わたしは先生の医術のお手伝いがしたいのです」。その顔色は微妙で、どちらも仁の愛の確証を得られておらず、嫉妬を匂わせているのです。立場故の二人の嫉妬と共感、江戸の女も可愛い所があるのです。

仁を始め、臭い男はどうでも良いのです。この物語は女の物語です。健気な武家娘・咲と、数寄な運命を負う花魁・野風、渦の中心はこの二人の江戸の女です。

梅毒で苦しんだ姉さん花魁・夕霧・高岡早紀の死、死化粧をした夕霧、その美しさ哀れさに、私は、唯々、涙を流しました。
posted by 三上和伸 at 21:05| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 仁、コロリで重篤、咲、仁の大腿部静脈から点滴開始、この日のハイライト 2020.04.19

江戸にタイムスリップした現代医・仁、蔓延するコロリに立ち向かい、江戸の民を救いに掛かります。しかし、自分も感染発病し、長屋の診察室を咲に任せ、自らも闘病します。容体は、愈々悪化し、危険が迫ります。必死に治療し看病する咲と緒方洪庵、仁の大腿部付け根にある静脈から大量の点滴を試みます。洪庵がやろうとしますが、咲は頑なに譲ろうとはせず、仁の下半身を露出させ、大腿部静脈に点滴の針を刺し込みました。解ります、その気持ち、愛すればこその秘部付近の針刺し込み、咲はこの時、愛の独占を果たしたのでした。

私も若く美しい看護婦に、一物に突き刺さったパイプを抜き取って貰ったことがあります。優しい手の淑やかな手つきで、その時、患者には愛が芽生えるのです。
posted by 三上和伸 at 13:31| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 新緑の季節 気温・風・積雪 2020.04.19

山桜の新緑・葉桜
昨日の暴風雨が一転して、横浜は綺麗に晴れました。最低気温が11.2℃、北風3m、石垣島の最低気温は、24.5℃、南南東の風7m、そして酸ヶ湯の最低気温は−1℃、積雪深は245cmでした。今はやはり、横浜が過ごし易そうですね。新緑の季節です。
posted by 三上和伸 at 09:07| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦弥生の廿七の月 2020.04.19

旧暦弥生の廿七 廿七夜の月 2020.04.19 04:39
旧暦弥生の廿七の月 04:39
今朝早朝の4時半ころ、偶々起きて仕舞いました。年取ると眠りが浅くなりますし、尿意っも頻繁になります。トイレに立ち、その後、ベランダの窓を開けてみると、ご覧のような弥生二十七の月が出ていました。南の棟の上に、出たばかり(03:28の出)の月で、棟の暗い影が映り込んでしまいました。それでも比較的綺麗に撮れたと思います。もうその斜め左下は、日の出(05:04ころ)の前の朝焼けが広がっていました。

posted by 三上和伸 at 08:49| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする