2020年04月26日

間奏曲 「仁」 咲の心情が胸を打つ 2020.04.26

前半の仁は、海路で竜馬とともに京に行き、暗殺にあった幕末の天才・佐久間象山の蘇生に関かわります。火事で象山を死なせてしまいますが、虫垂炎の西郷隆盛を救うことができました。江戸に残った咲は、脚気(かっけ)撲滅にドーナツを作ります。脚気を患った母の栄を救うため、甘党の栄のために、ドーナツに餡を混ぜたりして、工夫を凝らしました。栄は快方に向かいます。

中盤は、皇女和宮の江戸降嫁により、甘いもの好きの和宮のために餡ドーナツを献上します。ところがこの和宮には、餡ドーナツ試食の際、茶にヒ素毒が盛られており、和宮は中毒を起こします。そこで仁と咲は、江戸時代に胃洗浄を行い窮地を脱します。しかし、毒混入の容疑が掛かり、仁と咲は収監されます。それでも異人と結婚した野風や、江戸火消しの棟梁・新門辰五郎などの力添えにより、仁と咲は放免されます。

医院・仁友堂運営のため、咲は自らの着物や装飾品で質屋通いをし、助手としての八面六臂の働きもして、仁を助けてきました。その格別の咲の真心を知った仁は、咲に求婚をします。「未来(みき)に会えないより、咲さんに会えない方が辛い…」、咲は感動しますが、返したのは断りの言葉でした。待ってましたと喜び、申し出を受け入れれば好いのに…、勿体ない…。されど咲は江戸の女、未来の東京には行けません。賢い咲は、そこのところを良く解っていたのです。そして母・栄や兄・恭太郎の手前、仮令、医術の人助けだとは言っても、我儘放題だった自分だけが、幸せになることは許されないと、兄の胸で、激しく嗚咽するのでした。咲・綾瀬はるか、感動の演技でした。その自然体の演技、称賛に値します。
posted by 三上和伸 at 21:21| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲35 4つの歌 Op.17-4 第4曲 オシアンの『フィンガル』からの歌 2020.04.26

オシアンの『フィンガル』からの歌 スコットランド語の歌のドイツ語訳(古代・スコットランドの盲目の詩人・オシアンが作ったとされる叙事詩、その主人公がフィンガル)

泣くがいい、風がほえ叫ぶ巌の上で、
泣くがいい、おお、イニストアの娘よ!
大波の上にお前の美しい頭を垂れるがいい、
真昼時、太陽の光を浴びて
モーヴェンのしじまを渡ってゆく
山の精霊よりもお前は愛らしい。
彼は死んだ、お前の若者は青ざめて
カスリンの剣のもとに倒れた。
もはや勇気が、王たちの血を流そうと
お前の恋人を奮い立たせることはない。
トレナーは、やさしいトレナーは死んだ、
おお、イニストアの娘よ!
彼の灰色の犬たちが故郷の家で吠えている、
彼の幽霊が通りすぎるのを見て。
彼の弓は弦も張られずに玄関にかかっている、
のろ鹿の荒野には動きまわるものもいない。

2本のホルンとハープの美しい伴奏に乗って歌われる女声合唱、これは私の一つの理想の音楽です。日頃、私は、歌は女が歌うものと思っていますし、金管楽器で一番好きな楽器はホルンです。それにハープはピアノに勝る美音の弦楽器と言い得ます。正にこの曲は、私の美しさの定義に添っています。私の音楽ライブラリーの中の宝物です。

英雄なのでしょうか? イニストアの娘の恋人は…、もはや恋人・トレナーは死んだのです。もう弓も矢も使われないのです。荒野のトレナーの家は静けさの中です。

これはケルトの話ですが、ブラームスが生まれ育ったドイツの北西部からは、ケルトは近いのです。ブラームスの血の中にもケルトが血が含まれているかも知れませんね。この歌、ケルトへの共感が感じられます。
posted by 三上和伸 at 17:43| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 昼飯前の散歩 2020.04.26

イチリンソウ ハナバイコン
一輪草        花大根

富士山 フジ
富士山                       藤

少し強かったですが、初夏の薫風の中を歩いてきました。丁度春と夏の端境期、春の花も初夏の花も並んで咲いていました。薄っすらでしたが富士山の姿も観えました。伸びやかな初夏、快適な散歩が出来ました。 
posted by 三上和伸 at 11:26| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 最高気温:23℃ 南西の風:やや強 湿度:47% 2020/04.26

菜の花と柿の新緑
菜の花と柿の新緑
8時の正時の気温が18.6℃、暖かくなりました。太陽は強く、新緑は輝き、初夏のムードが濃厚になりました。素晴らしい朝です。

今日の予定は、この後は散歩をして、ブログを書いて、お昼を食べ、再びブログを書いて、2時から「仁」を観て、晩ご飯を食べながら「麒麟がくる(BS、早麒麟)」を観ます。そして一服してから、またブログを書きます。

仕事が出来なくなってからひと月弱、内心の焦りを抑えて、覚悟を決めています。否、覚悟は決めていても、焦りはあります。今年一年、仕事が出来ないんではないか?と… 人生、何時も好いとか限りません。節約して支出を抑え、何とかこの危機を乗り越えましょう。皆様、頑張りましょう。


posted by 三上和伸 at 08:53| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする