2020年05月03日

新とっておきの花・初夏J カザグルマ(風車) 2020.05.03

カザグルマ
クレマチスの親とされる野生のカザグルマ、嘗て私が団地の庭に植えた株が何時の間にか枯れ、落胆したのですが、数年後に数メートル離れたこの場所で、花が咲きました。驚愕の出来事でした。恐らくタネが飛んで、ここで生えたのでしょう。花弁に観えるのは萼で、花弁はありません。白からやや淡紫の花色、日光に映えて美しい事この上ありません。大好きな花です。
posted by 三上和伸 at 21:00| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 「仁」、時空を跨いだ恋、完結しました 2020.05.03

幕末の実在した英雄と医学を通じて干渉があった仁、超人的現代医学が江戸の民を席巻しました。コレラ禍を乗り越え、漢方と蘭方の医者の対立闘争を描き、そして大政奉還の明治維新の謎解きをして、面白かったです。

しかし、そんな表舞台よりも何よりも、時空を超えた仁・咲・野風の恋の行方に胸を焦がしました。「お慕い申しておりました」の後年の咲の文書き。その中にあった写真には、咲が貰い受けて育てた野風の子・安寿がいました。そしてその安寿の子孫こそが、仁の恋人・未来(みき)である事を示していました。不思議な縁で結ばれていた仁と咲と野風、ドラマ「仁」は時を駆け巡る愛すべきお伽噺でした。ドラマ「仁」は、終わって仕舞いました。仁ロス、咲ロス、野風ロス、その喪失感は山よりも高く、海よりも深い!
posted by 三上和伸 at 20:30| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初夏I 雑草と呼ばないで 2020.05.03

ナガミノヒナゲシ ブタナ チガヤ
ナガミノヒナゲシ(長実雛罌粟)ブタナ(豚菜) チガヤ(茅榧)
野の花でも、昔は沢山あったのに、今や貴重な花となり、見付ければ、大きな喜びを伴うものもあります。例えば、先日紹介したフデリンドウやスミレ、ヒカゲスミレなど、高貴な美しさを魅せてくれる草達です。反対に単一で、不必要にのさばり、在来の種を駆逐して行く外来の帰化植物もあるのです。それでも生き物は生き物、花は花、無下に根絶やしにする事は無いのです。一番の方法は、人間の不要な開発を止める事に尽きます。外来種の雑草は、日当たりの良い裸地・芝地を好みます。山林を開墾すれば、最初に生えて来るのは、外来の帰化植物なのです。開発を止め、適度の山林を残せば、やがて在来の草花が育ちます。

チガヤ以外、ここに載せた花は両者とも外来の帰化植物です。ナガミヒナゲシとブタナは侵略的外来種と言わぬまでも有害です。見た目はそれなりに美しい、しかしその繁殖率は凄まじく高いのです。日本の国土の殆どがこんな草ばかりになったなら、私は寒気が致します。
posted by 三上和伸 at 17:37| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 憲法記念日、今日は私達の結婚記念日 2020.05.03

牡丹
花王の牡丹が咲く頃、私達は結婚したのでした。今年で41年目になります。昨年が40周年のルビー婚でしたので、今年は端数で名前が付いていません。後4年経つと45周年のサファイア婚になります。有り難いもので、私達夫婦は危機も訪れず、仲良く41年もの長い間、一緒に暮らして来ました。子を二人儲け、孫が三人います。幸せです。偏に、妻に感謝する次第です。

私達庶民の生存権・憲法を守って生きて行く覚悟があります。今日は憲法記念日です。
posted by 三上和伸 at 07:56| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 降水確率0〜10% 南の風 最高気温26℃ 2020.05.03

私の散歩道
私の散歩道
心地よいそよ風が吹いています。やや雲が多いですが、陽は射しています。今朝の野鳥の囀りは、明け方がシジュウカラ、そしてヒヨドリ、ウグイス、メジロ、更にオナガが順次鳴き出しました。未だ、ホトトギスは来ていません。もう直ぐでしょうけれど…。

午後からは降水確率が10%と上がります。どうやら良かった天気も下り坂となります。明日の午前中は☂で、気温も低下するようです。服装にご注意を…。

今日は午前中に散歩をし、午後からはテレビ三昧、2時からは「仁」最終回、そして6時からは「麒麟がくるBS版」を観る予定です。「仁」は南方と咲の別れの巻、仁も今日で終わって仕舞うのですね。でもこれだけの名作、何時かはもう一度やってくれるでしょう。

「麒麟がくる」はコロナ禍のため、現在は制作できていないそうです。6月には放送が中断になる可能性が出て来たそうです。遅れるにせよ、完結を望みます。光秀は家族を犠牲にしてまでも、信長を討ちました。その真意は何処にあったのか、作者は、どんな解釈を見せるのか、興味津々ですね。

posted by 三上和伸 at 07:30| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする