2020年05月19日

終曲 逃げ恥、観ました 2020.05.19

数年振りで逃げ恥を観ました。大人になれない青年と乙女、まるで大人未満のお伽噺です。でも現代の青年男女は、このドラマの主人公のような人が多いのではないですかね。少しの勇気と大きな善意、心を開けば好い人が見つけられます。それにしてもガッキー、好いですね。ノーマルな自然体の演技、爽やかで愛らしい…。
posted by 三上和伸 at 23:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の出来事 横浜環状2号線・平戸陸橋事故上下線通行止め 2020.05.19

横浜南部市場米屋の店先
南部市場米店の店先
雨の今日、散歩も儘ならないと想い、食料品を買いに南部市場に向かいました。ところが環状2号が今井町から渋滞、ジリジリと進みますが、二進も三進も行きません。事故情報を観たところ、平戸陸橋で通行止め、全ての車が平戸交差点に下りて、側道を迂回しなければなりませんでした。今井から上永谷まで40分、まあ、急ぐことはなかったので、ノンビリと側道を通過し、やっとの事で南部市場に…。

魚屋・肉屋・米屋・お菓子や・八百屋を巡って返って来ました。未だ平戸陸橋は不通でした。乗用車とタンクローリーと反対車線のトラックとの三重衝突だそうです。乗用車の一人が亡くなったそうです。

今回の米は”つや姫”を買いました。
posted by 三上和伸 at 21:22| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲44 歌曲「ぼくとぼくの好きな娘はこのような間柄だ」 Op.32-8

真剣な生死を分けるようなプラーテンの詩から、恋の遊戯を楽しむようなハーフィズの詩、真に正反対の詩です。恋の形態は数多あり、どれが好いかはその人次第、他人がとやかく言うものではありませんが、少し大人になると後者の恋に味わい深さを感じます。締めるところは締めて、遊びましょう。真心だけは忘れないで…。

「ぼくとぼくの好きな娘はこのような間柄だ」・変イ長調 詩・ハーフィズ原詩。ダウマードイツ語訳の詩
ぼくとぼくの好きな娘は残念ながら
ふたり互いにこのような間柄だ。
ばくは娘を喜ばすために何かをすることはできないし、
娘もぼくを苦しめるために何かをすることはできない。

もしぼくが娘の額に髪飾りを着けると、
そのことが娘を傷つける。
ちょうど愛情のこもったほほえみに対するように、
ぼくは娘の腹立たしい返事にも感謝する。

男心と女心、揺り籠のように揺れ動きます。遠慮と本音、怒ったり、怒られたり、でもそんな娘が好きなんだから仕方がありません。全てを許しましょう。


posted by 三上和伸 at 20:55| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂|☁ 降水確率80%→20%→50% 北→北東の風 最高気温23℃ 2020.05.19

柑橘類の花
柑橘類の花(花期5月)
まとまった雨が降っています。午後は止み間がありますが、夜は再び雨、明日も☁|☂で、今週は土曜日まで晴れないようです。梅雨の走りですね。

今日はボクシング記念日・チャンピョンの日です。1952年5月19日に世界タイトルマッチが行われ、日本の白井義男が勝利し、日本人初の世界チャンピョンになりました。私は1歳8か月でした。

posted by 三上和伸 at 07:14| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする