2020年05月29日

間奏曲 マダケのタケノコ 2020.05.29

マダケのタケノコ
真竹の筍、今が旬
NちゃんYちゃんRくんと別れて、私達は伊勢原の農協へ行きました。野菜を中心に多くの商品が並べられていましたが、久しく食べていない真竹の筍が陳列されていました。私は有無を言わさず、真竹の筍を一本買い物籠に入れました。孟宗竹に比べれば細いですが、忘れ去られた味、さて如何なものか? 帰宅後、早速妻は茹でていました。賞味は明日になりますね。
posted by 三上和伸 at 21:59| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新食べ歩き パン酵母シーバーのマルゲリータ 2020.05.29

DSC_4370.JPG
石窯焼ピザ、マルゲリータ
今日はNちゃんYちゃんRくん家へ行って来ました。何ね、先日行ったコストコで、アメリカンチェリーとこんにゃく畑を買ったので、そのお裾分けをしに、伊勢原まで出向きました。お土産を渡し、帰ろうとするところに、Nちゃんが「もう帰っちゃうの、ツマラナイ、一緒にご飯を食べよ!」。と言うので、思案した結果、「テラスで食べるなら三密にはなりにくいよね」。と言う事で、美味しいピザが食べられるパン酵母シーバーに行きました。

ピッツァ・マルゲリータは、19世紀イタリア王国・第2代国王・ウンベルトT世のお妃のマルゲリータが愛したピッツァだそうです。バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤をイタリア国旗に見立てたピッツァで、マルゲリータが大喜びをしたピッツァだったそうです。

本格のナポリ風ピッツァ、この耳の焼き色を観ただけでも、美味しそうですよね。
posted by 三上和伸 at 21:39| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦閏卯月の七 上弦前の月 2020.05.29

旧暦閏卯月の七 上弦前の月 2020.05.29
旧暦閏卯月の七 上弦前の月
明日の12時30分が上弦です。今日は良く晴れて、思いのままの月・上弦一日前の月が観察できたと思います。私が19時頃、表に出て、月を撮影していたら、階下の息子さんと若いお母さんが、スマホを持って、この月を観察していました。聞いたところによると、学校の「宿題」だそうで、観察記録を着けるのだそうです。好い事ですね、毎日月の形が変わる、その不思議、そこから科学する芽が伸びて来るのです。楽しいですよ、月の観察。

posted by 三上和伸 at 21:03| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 麒麟がくる19話 「信長を暗殺せよ」B、京の謁見 2020.05.29

越前の寺の門前で寺子屋をやっている浪人の光秀、熙子も妊娠して、一家揃って平穏な生活をしていました。そこに義景からお呼びが掛かり、城下の一乗谷に向かいました。将軍・足利義輝が三好長慶と和睦をし、京都に戻って来ました。そこで諸大名に、京へ集まるように触れを出し、朝倉義景の下にも通達してきました。義景は行く気が無く、将軍義輝と顔見知りの光秀を使い、献上品の鷹を持って行くように命じました。光秀は義輝に会えることが嬉しく、喜び勇んで、京へ向かいました。

京には織田信長も来ており、その上京中の信長の命を狙い、同じく上京中の高政改め斎藤義龍が暗躍しました。弟二人を殺し、道三まで葬った義龍、光秀の城・明智城までも崩落させた張本人の義龍、信長を暗殺し、あわよくば尾張までも手にしようと目論んでいました。京で光秀と会い、美濃の拡大を目指し、光秀に手を貸せと迫ります。しかし光秀は拒絶します。義龍のような卑怯な輩とは、組む気になれなかったのです。いずれ光秀は、信長に仕え、誰も手出しが出来ない大きな国を創ろうと、おぼろげながら思っていたようです。

今川と斎藤が同盟し、信長の尾張を狙っています。これの調停を将軍・義輝に願い入れますが、義輝の答えは目出度くはありませんでした。義輝は既に将軍としての力を失い、京の実権は、三好長慶が握っていたのです。失望した信長は、急遽、尾張に帰ります。そしてその2年後の1560年、桶狭間の戦いで、今川義元を討つのです。
posted by 三上和伸 at 20:45| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 降水確率10%→10%→10% 北のち南の風 最高気温26℃ 2020.05.29

ローズ
ローズ
朝鮮半島・東シナ海・銚子沖に三つ目の高気圧が並んでおり、晴れの良い天気になります。但し夕方は雷を伴った俄雨があるかも知れませんね。

先程はウグイスが鳴いている隙を縫って、ホトトギスが一声、我が裏庭の森で鳴いていました。でも飛びながら、移動して鳴いていたのでしょう。ワンパターンの一句だけでした。シジュウカラも「ツッピ・ツッピ」、「ギー」のコゲラも来ていました。窓の外は賑やかです。

今日は呉(5)服(29)の日です。中国から渡った織り方の着物を呉服と言うそうで、綿織物(麻織物)を太物と言う反面、絹織物を呉服と称したそうです。着物姿、本当に素敵ですが、着るのに手間が掛かるようで、現代の女性には不向きな服装ですね。されど鎌倉に行くと着物姿(呉服)を良く見掛けます。お茶会の席に行かれる女性が多いからですかね。それに浴衣姿(太物)の若い女の子、こちらは新しい風俗ですね。鎌倉の街が華やいで観えます。好いですね。

着物買取のCMがありますが、情けないコマーシャルですね。嫌いなタレントの浅ましいCM、瞬時にチャンネルを変えます。高価な着物、勿体ない、着ましょう、着物・呉服。
posted by 三上和伸 at 07:41| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする