2020年07月08日

間奏曲 みくり・平匡、「逃げ恥」の面白名 2020.07.08

マイブームになった「逃げ恥」。結衣・みくりの可愛さから離れられなくなった私は、8話・9話。10話・11話を録画しました。昨日が第8話を今日は第9話を見直しました。もう今の私の瞼にはみくり・結衣が刻印されています。家内には悪いですが、こんなに可愛いお嫁さん欲しかった?…。

「逃げ恥」のキャラクターの名は植物や魚の名が使われています。ウェブサイトの「内縁事実.com」に詳しく出ています。

その一例を拝借しますと、「みくり」はミクリ科の水草・実栗(みくり)です。浅い水辺に育つ多年草で、雄花と雌花を付けます。地味ですけれどとても愛らしい花です。雌花は球体に白いイガイガがあります。小賢しさと可愛さがミックスしたような花、みくりそのものです。平匡はアジ科最大級の魚・ヒラマサがモデルですね。おいしい魚で、旬は夏です。この作者は、凝った趣味の持ち主とお見受けしました。みくり兄・ちがやはイネ科の茅類の名で、平匡母の知佳(ちか)は姫鯵だそうですよ。
posted by 三上和伸 at 22:05| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲46-C 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33 第3曲「これは悲しみなのか、喜びなのか」 2020.07.08

あらすじB
武者修行中のペーターは銀の鍵を兜に懸け、身分がバレないようにし、トーナメントに出場した。見事に勝ち進み、皆の称賛を得る。されど謙虚に自らを名乗り出ることはしなかった。その姿に見惚れた王女マゲローネは宴席でペーターと話し、私を訪ねて欲しいと哀願した。マゲローネの美しさにぞっこんとなったペーターは、帰路の泉の畔で一人、マゲローネに恋い焦がれ、「これは悲しみなのか、喜びなのか」を歌う。

第3曲「これは悲しみなのか、喜びなのか」
わが胸を過ぎるもの、
それは悲しみなのか、喜びなのか。
昔の望みはみな消えて、
数知れぬ新たな花が咲き誇る。

涙にかすむ目で
遠い星空を仰ぐわが心の、
何とやるせなく焦がれることよ!
あの星に近づいていいものだろうか。

ああ、涙ははふり落ちて、
あたりは暗い。
わが希望の甦ることはなく、
未来の希望は失われた。

さあ、動きを求める心臓よ、鼓動せよ、
さあ、涙よ、はふり落ちよ。
ああ、喜びはさらに深い悲しみにすぎず、
人生は暗い墓場なのだ。

わたしは罪なくして耐えなければならないのか。
夢の中でわが想いのすべてがとまどうのは、
どういうわけだろう。
わたしにはもはや自分がわからない。

おお、わが声をきいてくれ、やさしい星たちよ、
おお、わが声をきいてくれ、緑の野よ、
愛よ、このおごそかな誓を聞け。
愛から遠ざかっているくらいなら、
いっそ死んでしまいたい。
ああ、愛の眼差しの光の中にこそ、
人生があり、希望があり、幸福があるものを!

美しい娘と出会ってしまいました。向こうは満更でもなさそうです。ここで真面目な男としては、「僕で好いんだろうか?」と切なくも否定的な思いが募るのです。それでも一生懸命考えれば、「僕こそこの娘に相応しい男だ!」と実感するようになります。苦悩と覚醒が織りなす素晴らしい男歌、この歌曲集の最初の傑作です。

ブラームス28歳の作品、Op.33マゲローネのロマンスの第1集の第3曲です。これで第1集の終了で、次回は第2集の第1曲です。

posted by 三上和伸 at 21:00| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 高齢者講習を受講してきました 2020.07.08

私もあと一ヶ月余りで、70歳になります。もう直ぐ高齢者の仲間入りです。気持ちは何時までも青春の私ですが、実年齢はあと僅かで70歳、今度の誕生日に私の自動車免許は更新されなければならず、高齢ドライバーになる前に、高齢者講習を受けなければなりませんでした。

講習はある自動車学校でやりまして、運転コースで、自らの簡単な運転操作のお披露目と、室内での講義受講、その際に視野の測定などをしました。私の視野は年齢相応の150度でした。二十歳の若者は、180度位あるそうです。歳を重ねた結果が30度の損失でした。測定はしませんでしたが、やはり年齢を重ねると静体視力に比べ動体視力と夜間の視力が衰えるそうです。

車はボロボロの20年以上前のトヨタのクラウン、今の車とは運転感覚が違って、皆さん苦心していました。安全運転の心得を学んだ訳で、兎に角、目視が重要で、運転中、法規を守って念には念を入れて目視をし、安全運転をしてくださいと、教官は申しておりました。高齢者講習修了証明書を頂いて、お開きとなりました。

これで、運転免許更新の葉書がくれば、この高齢者講習修了証明書を持って、運転免許所で運転免許更新が出来ます。


posted by 三上和伸 at 09:03| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☂ 60%→50%→50% 南南西の風強し 27℃ 中国茶の日 2020.07.08

梅雨前線が北九州・山陰・北陸・東北を過っています。この前線に向けて、横浜は南南西の強風が吹いています。10m/sに届くような、本当に強い風です。九州の大雨は終わったようです。石垣・沖縄・奄美・小笠原・北海道を除いて、暫くは曇り時々〈一時〉雨の天気が続くようです。梅雨明けは再来週のようです。

7月8日は語呂合わせが効くようで、記念日が多い日です。なは(那覇)の日。しち(質)屋の日。ちー(7)にや(8)で中国ちゃ(茶)の日。ナンパの日。などです。

中国茶も近年では飲まれるようになり、その品も種類が豊富で、品質も奥行きのある逸品揃いだそうです。大別すると中国茶は次のように分かれているそうです。青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶の六大茶類と花茶に区別されているそうです。台湾にはウーロン茶がありますね。

以前に中華街の中国茶のカフェに行った事がありまして、その淹れる作法に相俟って、そのお茶の美味しさに驚かされたことがありました。日本には茶道と言う優れた文化がありますが、元を辿ればそこには、中国茶の奥深い茶の味わいのお手本があります。中国四千年、侮れません。
posted by 三上和伸 at 08:09| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする