2020年07月10日

ブラームスの名曲46-E 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33  第5曲「あなたは哀れな者を」 2020.07.10

あらすじD
ペーターは再び教会で乳母と会い、王女の様子を聞いて安堵する。そして第2の指輪を乳母に渡す。乳母は速やかにマゲローネの元に戻り、その指輪を渡す。それを観たマゲローネはたいそう驚いた。夢で騎士が自分の指にはめてくれた指輪と同じだったからだ。同時に渡された羊皮紙には、やはりペーターの愛の歌が書かれていた。(第5曲「あなたは哀れな者を」)。

第5曲「あなたは哀れな者を」
あなたはこの哀れなものを
慈悲深く憐れんでくださるのか。
ではこれは夢ではないのか。
何と小川がせせらぎ、
何と波の音がざわめき、
何と木の梢がさやぐことか。

私は不安な牢獄の
奥深く捕らわれていたのに、
今やわたしに光が射してきた。
何と光がたわむれていることか!
その光はわたしのものおじした顔を
まぶしく照らしだしている。

ではわたしはそれを信じてよいのだろうか。
わたしからこのうれしい夢を
奪うものはいないのだろうか。
けれど夢は消えやすいもの、
ただ愛することだけが生きること、
これこそわが意にかなった道なのだ。

何とのびのびと晴れやかなことか!
今ははや道を急ぐことをやめよ、
その旅杖を捨てよ!
おまえは困難に打ち勝ったのだ、
いと聖なる場所を
見いだしたのだから。

恋に晩稲のペーター、自分を卑下してうじうじしていましたが、マゲローネの前向きな愛に励まされて、次第に精神が高揚してきました。困難に打ち勝った、聖なる場所を見出した、何時の世も、男は女に助けられています。女なくして男は奮い立ちません。この哲学、古今東西、一緒ですね。ブラームスもそのことは百も承知、ペーターに肩入れして、力強い音楽を書きました。

1862年、ブラームス29歳の作。
posted by 三上和伸 at 22:27| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☂ 50%→30%→30% 南の風 28℃ 指笛の日 納豆の日 2020.07.10

活発化している梅雨前線、全球の衛星写真を観ると、ベンガル湾から雲の帯が連なり、中国南部と日本に押し寄せています。対馬沖と九州付近、それに中国南部に濃い雲の塊りがあります。ここでは大雨が降っています。西日本は今日明日が大雨の第2の山場となりそうです。関東も向こう一週間は☂☂☂…。

7月10日も語呂が効く月日のようで、納豆の日だそうです。納豆、味は好きですが、ネバネバは苦手です。口に入れて仕舞えば好いですが、手に着いたら最悪、もう水で洗わなければ気持ち悪くて堪りません。あの容器、手に着かないように何とかなりませんかね。

指笛の日です。2006年に「指笛王国おきなわ」が制定しました。人差し指を7の形に曲げる、10本指を使って音を出す、そこから7月10日に決めたそうです。沖縄音楽、日本で最も世界に通用する音楽、指笛も重要な楽器です。

今日は浅草・浅草寺の縁日です。この日に詣でれば、四万六千日詣でた価値があるとされています。ほおずき市も行われます。但し今年はコロナ禍で、四万六千日法要は行われるそうですが、ほうずき市は中止です。

バハマ独立記念日。1973年に、イギリスから独立を果たしました。バハマ国、何処にあるかと言うと、キューバの北、そしてフロリダ半島マイアミの東にある小さな島国、700の島と2,400もある岩礁の珊瑚礁の国です。観光とタックス・ヘイブンの金融業が産業の中心だそうです。カリプソなどの音楽も盛んです。


posted by 三上和伸 at 09:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする