2020年07月12日

終曲 太陽が顔を出す 2020.07.12

さつまいも畑 栗の若い実
散歩道の農園 薩摩芋に栗 大分大きくなりました
梅雨本番で、暗く染めぼったい天気が続いていますが、今日は太陽が顔を出しました。延べの日照時間は横浜で9時間、太陽の有り難さと厳しさを感じた散歩でした。もうジリジリと陽射しがね。顔が真っ赤に火照って汗がダラダラ、暑かったですね。これから散歩も辛くなりますが、無理しないで頑張るつもりです。蝉の声を聴きながら…
posted by 三上和伸 at 21:33| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・梅雨58 キキョウ(桔梗) 2020.07.12

キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)キキョウ科キキョウ属の多年草。秋の七草の一つとされていますが、梅雨の中頃から咲き出します。緯度や標高が上がると開花時期がズレ、秋の初めに咲きます。蕾が風船状なので、英名はバルーンフラワーと言います。美濃の武門の土岐一族の家紋で、桔梗紋と呼ばれます。その一派の明智光秀の家紋も桔梗紋、陰陽師の安倍清明の五芒星は桔梗印と呼び、神紋とされています。美しい桔梗の美しい紋、好いですね。

麒麟がくるの駒が探していた武将が桔梗紋を身に着けたいたそうで、後にそれが光秀の父親だったそうで、明智家とお駒さんは桔梗紋で、.浅からぬ因縁があったのですね。
posted by 三上和伸 at 20:35| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・梅雨57 ヒマワリ(向日葵) 2020.07.12

ヒマワリ(向日葵)
ヒマワリ(向日葵)北アメリカ原産でキク科ヒマワリ属の一年草。ヒュウガアオイ(日向葵)、ニチリンソウ(日輪草)やヒグルマ(日車)などの別称もあります。英語でサンフラワー、フランス語でソレイユ、ドイツ語でゾンネンブルーメ、ロシア語でパトソールニチニク、スペイン語でヒラソール。ロシアとスパイン語を使うペルーの国花となっています。太陽を追って回るのは花が咲く前まで、咲いてからは回らず一斉に東を向いて咲いています。群植が綺麗ですが、全部の株が東を向きます。凄い光景となります。
posted by 三上和伸 at 19:51| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲46-G 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33 第7曲「この唇の震えはあなたのためか」 2020.07.12

あらすじF
約束の時間に、秘密の通路を伝って乳母の部屋を訪ねたペーターは、マゲローネと再開する。口づけをして愛を確かめ合った後、ペーターはマゲローネに、第三の指輪を捧げる。マゲローネは、ペーターの首に金の鎖を掛け、もう一度口づけをする。時間が来て別れるとペーターは自室に戻り、愛の興奮に悶えながら幸せに浸る。そしてリュートを爪弾き、第7曲「この唇の震えはあなたのためか」を歌う。

第7曲「この唇の震えはあなたのためなのか」
この捧げる甘い口づけは、
この唇の震えて求めるはあなたのためだったのか。
この世がこんな快楽を与えてくれるのか。
ああ、目の前に何と光と輝きがただよい、
何とあらゆる官能が唇を求めたことか!

澄んだ目の中に憧れの色が輝き、
それがわたしをやさしくさし招き、
わたしが目をふせると、
微風は愛の調べを奏でた。

双子星のように
瞳は輝き、頬には
黄金の髪が波打ち、
眼差しと微笑みが羽ばたきし、
さらに快い言葉が
深い想いさえも呼び起こした。

おお、口づけよ、貴方の口が何と燃えるように赤かったことか!
わたしが死んだら、
死の中にこそ生をみたことだろう。

歌を聴く前に、この詩を朗読してみましょう。何と美しい言葉が羅列していることか。ティークはペーターに雄弁な舌を与え語らせています。マゲローネが美しさだけでなく、豊麗な官能性までも備えている女性でした。もうペーターはメロメロ、この先死んでも好いと錯覚してしまうほど、マゲローネは稀なる美女でした。

ブラームスの音楽は、こってりと重ったるい豊満感は無く、”微に入り細をうがつ”表現で、サラリと歌わしています。詩の色濃い官能性には惑わされず、清潔にあっさりと歌わせます。後味が好いですね。第2の傑作です。
posted by 三上和伸 at 13:11| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 七十二候・蓮始開(はすはじめてひらく) 2020.07.12

蓮の写真がなくて残念ですが、今日は七十二候の蓮始開(蓮の花が咲き始める)です。コロナ禍で遠出が出来ずに、近場ばかりの散歩三昧、これでは季節を最大限楽しむことが出来ません。暫くは辛抱ですね。蓮の花、観たいですね。今横浜の蓮処をネットで探しています。さて適当な蓮畑はありますかしら…。
posted by 三上和伸 at 10:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅ 10%→20%→20% 南の風 31℃ 2020.07.12

フィリピンの東海上には熱帯低気圧があります。横浜に雷鳴を轟かせた梅雨前線上の低気圧は東に抜けました。次の低気圧は華中にあり、東進しています。今の日本列島は二つの低気圧の端境にあり、晴れ間の観えるところが増えるでしょう。

今日はラジオ本放送の日。日本のラジオ放送が始まった日です。1925年(大正14年)、今のNHKの東京放送局が始めました。私が10歳前後のころに我が家にテレビがやって来たので、それまでの10年は、ラジオを聞いていた時期です。我が家のラジオ、懐かしい面影があります。ふっとその姿形が脳裏に浮かびます。後に私が分解して壊してしまいましたがね。

ひかわ銅剣の日。島根県斐川町が制定しました。1984年、出雲大社・宍道湖に近いこの町の荒神谷から弥生時代の銅剣358本が発見されました。国宝に指定されています。

サントメ・プリンシペの独立記念日。アフリカ中西部ガボン共和国の沖合、大西洋上にある島国です。1975年のこの日、ポルトガルから独立しました。公用語はポルトガル語。二つの島(サントメ島とプリンシペ島)とその周辺にある小さな島々からなります。赤道直下の立地で、高温多湿です。カカオ豆の生産が主力産業で、経済も弱く、世界最貧国の一つとされています。世界171位の国の面積964㎢を持ち、人口は世界190位で163,000人です。

キリバスの独立記念日です。1979年のこの日、イギリスから独立しました。ポリネシアの海域で、赤道直下のサンゴ礁の島々の国、ギルバート諸島・フェニックス諸島・ライン諸島などを含む、広大な海洋域を持つ、世界3位の排他的経済水域を有しています。しかし地球温暖化の影響で、海抜の低い国土故え、年々海面上昇が記録されており、水没の危険があるそうです。国民の移住先として近隣のフィジー諸島が上がっています。日本でも運河の町(東京・大阪・横浜)は水没の危険があるのですよ。
posted by 三上和伸 at 08:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする