2020年07月14日

私の歳時記 ペリー上陸記念日 2020.07.14

1853年のこの日(嘉永六年六月九日)、4隻のアメリカ黒船艦隊が江戸湾浦賀沖にやってきて、ペリー提督が近くの久里浜に上陸して、江戸幕府の将軍にアメリカ大統領の親書を渡しました。江戸幕府浦賀奉行所の与力が対応したらしく、その親書は確実に幕府に届けられました。現在はその上陸地点の横須賀市久里浜の浜辺に石碑が残っています。今から167年前に、我が故郷・三浦半島の久里浜のあの地に、ペリーは足を踏み入れたのでした。余談ですが、ブラームスがマイスターの旅を試みたのも20歳の1853年です。この年、ローベルト・シューマンに出合って、音楽界にデビューしました。
posted by 三上和伸 at 21:50| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲46-I 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33 第9曲「憩え、愛しい人よ」 2020.07.14

あらすじH
その夜、マゲローネとペーターは密やかに出立した。二人は馬で、海岸沿いの森の中を進んだ。朝になると、二人が駆け落ちした事が発覚した。ナポリ王は追手を差し向けたが、二人は見付からなかった。ペーターとマゲローネは、幸せに包まれたが、やがてマゲローネが疲れて、丁度良い木陰で休むことにした。休むマゲローネに、ペーターは優しく子守り歌を歌った。第9曲の子守り歌「憩え、愛しい人よ」。ペーターは、マゲローネの胸元にある赤い包みを見つけた。その中にはペーターがマゲローネに捧げた3つの指輪が入っていた。ペーターはニッコリと微笑んだ。

第9曲「憩え、愛しい人よ」
憩え、愛しいきみよ、
緑の小暗い木の下闇に。
牧場の草はそよぎ、
木陰のそよ風はきみを爽やかにし、
まことの愛は目覚める。
眠れ、眠れと
杜は静かにささやく。
わたしはいつまでもきみのもの。

黙ってくれ、葉陰の歌声よ、
そして愛しい人の憩をさまたげるな!
小鳥たちの群れはその寝息をうかがい、
にぎやかな歌声も静まっている。
愛しいきみよ、きみの眼を閉じたまえ。
眠れ、眠れ、
葉陰を洩る(もる)光の中に!
わたしはきみのためにみはってあげよう。

メロディーよ、ささやきを続けよ、
静かな小川よ、さあ、せせらぎの音を立てよ。
美しい愛の幻想は
メロディーにつれて浮かぶ、
やさしい夢はそのあとを追う。
杜のささやきの間を縫って
黄金色の蜜蜂は群れ集い、
その羽音できみを寝つかせてくれる。

夜通し馬にまたがり逃避行、追手からは逃れましたが、マゲローネはお疲れです。森の木陰でペーターはマントを広げ、愛しい人を膝枕で休ませました。そして静かに子守り歌の第9曲の「憩え、愛しい人」を歌います。静かで優しいシンコペーションのリズム、透明な伴奏の響き、眠れ、眠れとマゲローネを眠りに誘うペーターの歌、美しい光景です。第3の傑作にして、全曲でナンバーワンの曲、美し過ぎます。

posted by 三上和伸 at 19:24| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂|☁ 80%→50%→60% 南の風やや強し 26℃ パリ祭・フランス建国記念日 2020.07.14

梅雨前線上・日本海に低気圧があり、横浜でもまとまった雨になっています。明日にお墓参りをしようと思っています。明日は曇りのち夜に雨、濡れずに済みそうです。

7月14日は記念日の多い日です。代表的なのがパリ祭・フランス建国記念日です。1789年のこの日、パリ市民がバスティーユ監獄を襲撃・占領し、フランス革命が始まりました。「ル・カトルズ・ジュイエ(7月14日の意)」と呼ばれています。これにより世界の王政が揺らぎ始め、民政の共和国が生まれるきっかけになりました。最も影響を受けた音楽家にベートーヴェンがいて、第3交響曲「英雄」など様々な音楽を書きました。
posted by 三上和伸 at 08:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする