2020年07月17日

ブラームスの名曲46-L 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33 第12曲「悲しい別れに」 2020.07.17

あらすじK
漂流したペーターは命からがら出くわしたムーア人(北アフリカの黒人イスラム教徒)に捕らえられた。屈強な騎士のペーターの、その体躯の良さから、ムーア人はバビロンのスルタン(国王)にペーターを差し出した。スルタンはペーターを気に入り、庭番に任命する。それでもペーターは片時もマゲローネを忘れられず、思いの丈を歌い、ツィターを掻き鳴らす。第12曲「悲しい別れに」。

第12曲「悲しい別れに」
まことの心をも破るような
別離は避けられないものなのか。
いな、わたしはこれを生きることとは呼ばない。
死ぬことはこれほど辛いことではないのだから。

わたしが羊飼いの音をきくと、
心から悲しくなってしまい、
夕焼の空をみると、
たまらなくきみを想い焦がれる。

いったいまことの愛情はないものだろうか。
苦悩と別離は避けられないものだろうか。
もしわたしが愛されないままでいるとしても
それでも希望の幻影を抱いているのだろうか。

しかし今はこんなに嘆かずにはいられない、
墓場のほかどこに希望があるだろうかと。
遠く離れて惨めさをかこって行かねばならない、
ひそかにこの心は破れようとするのに。

バビロンのスルタンの宮殿の庭で、ペーターはマゲローネを思い、身悶えをします。心を決めてひたすら待っているマゲローネの心根に比べれば、男は弱いものです。ボロボロのペーター、ここにはサルタンの娘ズリマが手ぐすね引いてペーターを誘惑しようとしているのです。さて、ペーターの男の価値が問われる運命が押し寄せています。ツィターのアルペジョオに乗って、ペーターの嘆き節が聴かれます。ペーターは、マゲローネの愛に応えられるのでしょうか。第6の傑作

posted by 三上和伸 at 20:42| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲46-K 歌曲集「ティークのマゲローネのロマンス」Op.33 第11曲「光も輝きも消え失せて」 2020.07.17

あらすじJ
幸せな眠りから目覚めたマゲローネ、しかし辺りにぺーターの姿はなく、マゲローネは一人とり残されてしまった。ペーターを待つが、幾ら待ってもペーターは帰ってこない。もはやペーターの身に何かが起こったのだと判断し、マゲローネは野を越え山を越え街を越えて、一人で旅をする。やがて、山小屋に住む老夫婦と出会い、静かで穏やかなこの地に老夫婦と一緒に暮らし始める。羊飼いの仕事を手伝い、近くの海岸に難破漂着した人々を助けたりしながら、ペーターを待っている。一人でいる時は、自らの心境を歌にして、語り歌う。歌曲集の中の唯一のマゲローネの歌、第11曲「光も輝きも消え失せた」を…。

第11曲「光も輝きも消え失せた」
光も輝きも
何と早く消え失せることか。
朝になると
花輪がしおれてしまっている、

きのうはあんなに華やかに
咲きほこっていたのに。
その花輪は
暗い夜の中にしぼんでしまったのだから。

人の世の波は
彼方へと過ぎ去り
海の波が明るく染まるとも、
何の甲斐もないことだ。

陽は傾き、
夕焼は消え失せ、
影はしのびよって
夕闇はひろがる。

このように愛情は
荒海へと去っていった。
ああ、愛情が墓のほとりまで
続けばよいのに。

しかもわたしたちは
深い苦悩へと目覚め、
小舟は砕け、
光は消えた。

美しい国から
遠くへだたった、
荒れはてた浜辺に運ばれて、
夜の帳(とばり)につつまれている。

蝶よ花よと歌われ育った姫マゲローネでしたが、その心は気丈で雌伏に耐え、ペーターの船が辿り着くのを待っています。難破した人々を助けているのも、ペーターがここに来て助けを求めることを信じての行為です。切ない思いの心を押し殺しての幽かな希望の歌です。美しい歌です。第5の傑作です。
posted by 三上和伸 at 17:24| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂/☁ 90%→50%→40% 北の風 21℃ あじさい忌 2020.07.17

今年は天気予報の難しさが出た年ですね。大方の予報士が梅雨開けが早まるとしていましたが、どうしたことか?、関東の梅雨明けは、7月に開けるのが難しそうです。少なくとも7月の最終の週に持ち越しとなりそうです。コロナ禍で遊び難い昨今ですから丁度好い?かも知れませんが、7月17日の今朝は梅雨寒ですからね。米をはじめとした農作物の生育が心配です。

今日はあじさい忌、昭和の大スター石原裕次郎さんが亡くなった日です。1987年(昭和62年)の今日、慶応大学病院で亡くなられました。放蕩息子であった裕次郎さん、兄の慎太郎が心配して、自分の作品である「太陽の季節」の映画化で、プロデューサーの水の江滝子に頼み込んで、端役でデビューさせたのが、裕次郎さんの映画俳優になる切っ掛けでした。その後、石原プロを旗揚げし、多くのスターを生みました。芸能界のドンとなりましたが、残念ながら病魔が襲い、早世せざるを得ませんでした。美空ひばり同様、惜しまれる早死にでしたね。曹洞宗総本山鶴見総持寺が裕次郎さんの菩提寺です。小樽と逗子が裕次郎さんの故郷です。裕次郎さんは紫陽花が好きだったそうです。時期も適当で、あじさい忌の忌日名になりました。
posted by 三上和伸 at 08:01| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする