2020年08月14日

新自然通信1 真夏の夜の夢・カラスウリ(烏瓜) 2020.08.14

カラスウリ(烏瓜)の花
長らく憧れていたカラスウリの花、果実はお馴染みですが、花を観た人は少ないでしょう。闇が降りないと咲かない花で、しかも夜明け前には萎む花、この花観たさに、闇に紛れて、藪に出入りするのは気持ちの好いものではありません。従ってこの花を知らない人が大多数なのです。真夏の夜の夢・カラスウリ、夢幻に充ちた花です。
posted by 三上和伸 at 19:59| 自然通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・盛夏18 カワラナデシコ(河原撫子) 2020.08.14

カワラナデシコ
カワラナデシコ(河原撫子)ナデシコ科ナデシコ属の多年草です。秋の七草のひとつですが、咲き始めは早く、キキョウと同程度の梅雨の半ばには咲いてしまいます。但し、返り咲きもありますので、立秋以降にも咲く事があります。別称は大和撫子で、優雅で嫋やかな日本女性を意味する名を持ちます。爽やかな芳香があり、薄化粧をした日本女性そのものです。
posted by 三上和伸 at 19:40| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・盛夏17 NちゃんYちゃんRくん家のユズ(柚・柚子) 2020.08.14

NちゃんYちゃんRくん家のユズ
青いユズ(柚子)ミカン科ミカン属の常緑小高木です。棘が多く、気を付けて扱わないと怪我をします。Nちゃんなんかは心得ており、ミカン属に寄生するアゲハチョウなんかを駆除せず観察しています。昨日はアゲハの幼虫がいなかったので、羽化して飛び立ったようです。

ユズは柑橘類の一つで、中国長江の上流が原産とのことです。日本が最大の産地で消費国です。ユズ(柚子)の本来の漢字名は柚酸で、酸っぱいのが名の由来です。柑橘では最も寒さに強い種で、埼玉県が産地でしたが、近年は四国に生産量ランキングを譲っています。成長が遅い果樹で、「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿十八年」と言われていました。NちゃんYちゃんRくんのユズは接ぎ木苗のようで、すぐ実がなります。




posted by 三上和伸 at 13:32| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 0%→10%→10% 東の風のち南の風☀夜☁所により⚡☂ 34℃ アウシュヴィッツの聖人の祝日 2020.08.,14

太平洋高気圧とチベット高気圧が重なったようで、日本付近は二重の分厚い高気圧に覆われ、晴天・高温が続いています。横浜は三日連続の熱帯夜、二日連続の猛暑日になりました。横浜がこんなに暑くなるなんてビックリです。東京湾の海水温も上昇しているのでしょうね。低気圧が連続している北日本は雨模様ですね。

今日は「専売特許の日」とかパキスタンの独立記念日があります。そして私の関心の高い所では、人形浄瑠璃の「仮名手本忠臣蔵」の初演の日、それにケルン大聖堂、600年振りの完成の日、そしてマキシミリアノ・マリア・コルベ神父(アウシュヴィッツの聖人)の祝日です。

*仮名手本忠臣蔵初演の日(旧暦寛延元年8月14日〈新暦1748年9月23日〉)
赤穂浪士討ち入り事件を扱った物語ですが、鎌倉末期(南北朝)の設定にされています。しかも上野介(高武蔵守師直)が内匠頭(塩冶判官高定)の妻(瑞泉院・阿久里姫)に横恋慕したところから始まっています。今の忠臣蔵は本人が出て来ますが、この当時は南北朝の時代劇になっていました。

*1880年の今日、ドイツのケルン大聖堂が、600年の期間を掛け完成しました。世界最大のゴシック建築だそうで、ドイツには珍しいローマカトリック教会で、聖ペテロとマリア教会の名が正式にあります。聖堂としては三代目で、二代目焼失後、1248年から着工され、1880年のこの日に完成しました。ブラームスはこの当時、ブレスラウ大学から博士号を授けられ、その返礼の大学祝典序曲を携えて、ドイツ各地を演奏旅行しました。ケルンにも立ち寄っているとの記録があります。恐らくブラームスの事ですから興味津々に、観に出掛けた事でしょう。

*日本にも宣教師として訪れた事があるポーランドのコルベ神父、後に反ナチスの姿勢を批判され、ゲシュタポに逮捕され、アウシュヴィッツに収監されました。そこで餓死刑を宣告された収容者に成り代わって、自らが餓死刑を受容し、1941年の8月14日に亡くなりました。この偉業に依り、教皇ヨハネ・パウロ二世により「愛の殉教者」と呼ばれ、聖人の列に加えられました。

posted by 三上和伸 at 09:50| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする