2020年09月02日

私の歳時記 今日は旧盆・文月の望・満月 2020.09.02

旧暦文月の十五 十五夜の月・望 2020.09.02
曇り勝ちで、夕立もあった今宵ですが、何と月が現れました。今年は盆の満月となりました。

今日は文月の十五夜です。旧暦7月の中日(15日)と言えば盂蘭盆会の日です。旧暦で物事を考える地方では、今宵は盆の行事が行われているのです。中国や朝鮮半島、そして沖縄は今日が盆の当日です。期せずして満月の一夜となりました。嬉しいですね。
posted by 三上和伸 at 21:52| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新生き物大好き シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) 2020.09.02

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
葛の葉の上に止まった塩辛蜻蛉
夏に多く現れるトンボ。雌雄で色が異なり、雄は青い目(複眼)で、腹部が塩を吹いたように粉白になるため塩辛蜻蛉の名になりました。雌は一般に麦藁蜻蛉(ムギワラトンボ)と呼ばれ、目は緑で全体に麦藁色です。
posted by 三上和伸 at 21:24| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初秋7 シュウカイドウ(秋海棠) 2020.09.02

シュウカイドウ(秋海棠)
シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年生草本球根植物です。一つの株に雄花と雌花が存在する同種異花の植物です。この写真は雄花で、上を向いて咲きます。反対に雌花は下向きの花です。中央の黄色が雄しべで、4弁の内の左右の小さい2弁が花びらで、上下の大きい2弁が萼です。同じピンクの春の花海棠と対抗する、秋の海棠です。
posted by 三上和伸 at 21:10| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初秋6 キクイモ(菊芋) 2020.09.02

キクイモ(菊芋)
キク科ヒマワリ属の多年草です。菊の花に似て、塊茎(イモ)が出来るので、菊芋の名があります。芋は多糖類を含む食物繊維で、澱粉は含みません。ビタミン・ミネラルを多く含み栄養食品です。北アメリカ原産で、飼料として輸入され、強健故に日本の野に野生化しました。藪や荒れ地に良く観られます。
posted by 三上和伸 at 20:21| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅|☂ 50%→50% 北の風のち南の風⛅時々☂ イギリスグレゴリオ暦採用 31℃ 2020.09.02 

今朝は寝坊をしまして、出勤時間が慌ただしくなり、朝のブログが書けませんでした。今書きますね。🌀10号ハイシェンが発生しまして、先ほど気象庁が伊勢湾台風並みの危険な台風になると警告を発していました。マリアナ諸島西で発生した台風10号ハイシェン(中国名・海神)、巨大台風の揺籃地マリアナ海域で発生した由緒ある台風で、強大化したままで日本列島に襲い掛かるようです。沖ノ鳥島→南大東島→奄美→九州・四国・中国地方→朝鮮半島が危ない!

*イギリスでグレゴリオ暦(太陽暦)を導入
1752年のこの日、イギリスでグレゴリオ暦を導入し、9月2日の翌日が9月14日になりました。そもそもグレゴリオ暦は、ローマ教皇グレゴリオ13世が命じ、それまで使われていたユリウス暦を改め、1582年10月15日より、より正確なグレゴリオ暦(新暦)に暦を改めました。

グレゴリオ暦は、平年は、365日とし、400年間に97回の閏年を設けまして、その年は366日とします。日本では1872年に採用され、明治5年の12月2日の翌日を、明治6年の1月1日にしました。ですから日本には旧暦と新暦が存在します。


posted by 三上和伸 at 16:04| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする