2020年09月05日

終曲 自民党総裁選、見苦しい! 2020.09.05

気の毒ながら病気で政権を投げ出した安倍さん、それまで有耶無耶にしてきた多くの積み残し疑惑がありました。その詮索をされまいと、同罪の子分の菅さんを時期総理に推しています。普通の議員に戻ってまでも、追及を受けたくないですからね。石破さんにやらせたらヤバい事になると踏んで、党員選挙無しの姑息で安易な選挙方法で決着を着けたがっています。党の幹部も右へ倣い、進次郎初めの若手議員も手も足も出ないようです。自民党、本当にガッカリな政党ですね。日本は世界から置いてけ堀を食らう事でしょう。若者よ!目覚めよ!革命を起こせ! 打倒!自民党!
posted by 三上和伸 at 22:00| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 麒麟がくる再開 22話「京よりの使者」、細川藤孝、ガラシャ運命の出会い 2020.09.05

コロナ禍で休んでいた麒麟がくるが再開しました。懐かしい越前(福井)の称念寺の寺子屋(光秀の自宅)が映し出されました。光秀は漢文の書物のお勉強、それを揶揄する左馬之助、母のお牧と妻の煕子、それに二人の娘・きしとたまが居ました。貧しいですが、笑顔溢れる家族でした。相変わらず美しいのが紘子で、越前に来て八年と申しておりましたから、二十代半ばですね。二人の子持ちとなって成熟した女になっていました。そこに京よりの使者・後の盟友の細川藤孝がやってきました。紘子が無理をして算段した鯛の尾頭付き塩焼きを前にして、藤孝は光秀の娘(姫)たまを抱きます。正に運命の出会いでした。後にたまは藤孝の嫡男の忠興と夫婦になります。即ち、赤子のたまは、この時点で後の舅(義父)に抱かれたのでした。実は愛らしいたまは、のちの細川ガラシャで、父・光秀の謀反のとばっちりを受け、悲劇の最期を迎えるのです。その事を想像させるように、カメラは象徴的に、藤孝とたまを映していました。

posted by 三上和伸 at 18:01| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 北の風のち東の風☁時々☂ 20%→50%→50% 32℃ 最大瞬間風速日本記録 2020.09.05

2020.09.05 08:37の横浜の快晴の空
今朝の横浜は快晴です
🌀10号ハイシェンは今日の8時現在、南大東島の南南東250km付近にあり、ゆっくりと西北西に進んでいます。中心気圧は920hPaで、最大瞬間風速は毎秒70mです。強さのレベルで言えば非常に強いで、猛烈までは行きませんが、予報では、あと10時間もすれば猛烈な台風へと変身して行きます。最低気圧は915hPa、最大瞬間風速は80m/sを超えるそうです。

*日本最大瞬間風速記録・毎秒85.3m観測 第2宮古島台風18号コラ(カテゴリー5のスーパー・タイフーン)
1966年の9月5日の宮古島は、台風18号に依って、最低海面気圧928.9hPa、最大風速60.8m/s(日本観測史上7位)、最大瞬間風速85.3m/s(日本観測史上1位)を記録したそうです。家屋の半数が倒壊、サトウキビ畑7割収穫不能、野菜・果樹は全滅だったそうです。

posted by 三上和伸 at 09:08| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする