2020年09月13日

三孫交友記13 Yちゃんが6歳になりました 2020.09.13

2014年9月13日生まれのYちゃんは、今日で6歳になりました。コロナ禍のため、今年は誕生会の会食が出来ないので、先日誕生日プレゼントを贈りました。シルバニアファミリーのセットをあげました。Nちゃんとは多少違い、物欲もあり、大変喜んでいました。次女で中間子のYちゃんは三孫の内で、最も微妙な立ち位置にあります。尊敬するNお姉ちゃんの教えを受けつつも、下のRくんとはぶつかり合う事も多いです。上下に気を使っていますが、根はポジティブで、一番の食欲とお転婆な元気を持っています。左利きですが両手利きの素養もあり、極めて器用です。ジイジが好きなYちゃんの特技はお絵描きです。色の美しい明るい絵を描きます。甲午年のおとめ座です。おとめ座の妹は世に出て活躍する女性が多いのだそうです。楽しみです。
posted by 三上和伸 at 21:51| 三孫交友記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初秋11 ベランダ菜園の花と実 202.09.13

オクラの花
アオイ科トロロアオイ属の野菜。オクラ(okra)が名で、ガーナの地方名が英語になってオクラと呼ばれています。原産地はエチオピアで、熱帯では多年草ですが、日本では一年草として扱われます。花芯は臙脂色で、花弁はクリーム色、大変美しい花を咲かせます。比較的若い芽を摘み取ります。大きくなると硬くて食べられません。美味しい野菜ですね。

鷹の爪の花
去年収穫した鷹の爪でしたが、放置した株には、新しい花が咲いています。花は純白です。

稲の穂
稲の穂
今年も見事に首を垂れ実っています。食べる訳では無く、摘んで乾かして正月飾りの材料にします。今年は豊作です。
posted by 三上和伸 at 15:59| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 大坂なおみUSオープン優勝 2020.09.13

過去25年間、第一セットを落として優勝した選手は無く、25年振りの快挙だったそうです。大坂は人間的レベルが1ランク格上げした印象が持てました。ピンチでも落ち着いており、ドタバタした感じが無く、顔色は冷静に観えました。これは鬼に金棒と言う雰囲気でした。強いサーブに動き回るフットワークの俊敏さが増し、精神とフィジカル(身体機能)が一体となって機能し始めていました。いずれ、怪物になるでしょう。これでランキングは3位だそうですが、直ぐに1位に復帰するでしょう。
posted by 三上和伸 at 14:39| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☀ 南の風☁昼頃☀所により夕方⚡☂ 10%→20%→20% 32℃ 小津安二郎・晩春封切り 2020.09.13

日本海の真ん中に低気圧、そこから東西に前線が延びています。東北・北海道は☂、北陸・信濃・東海・近畿も☂、奄美も前線が掛かっていて☂、その他は☀ますが、夕立もあるようです。

*小津安二郎「晩春」封切り
私の誕生一年前の1949年のこの日、小津安二郎監督の代表作「晩春」が封切られました。今日までも多くの論争が行なわれている映画の名作でありまして、父と娘の愛と性のホームドラマでした。小津が監督した「麦秋」(1951年)、「東京物語」(1953年)とこの「晩春」が、原節子がヒロインを演じる「紀子」を主人公とした作品で、「紀子三部作」と呼ばれているそうです。

娘(原節子)が見合いをして結婚が決まりました。二人暮らしの父(笠智衆)と娘は記念に京都へ旅行をしました。その宿の夜、二人は布団を並べて寝ました。その部屋の薄暗がりに壺と塔が置かれてありました。壺とは女を表し、塔は男を表します。娘と父の性の存在が暗黙の内に象徴されています。別にこの親子に性的な関係があると言っているのではありません。娘の結婚、この後、娘には新たな性の生活が始まるのです。愛おしい娘の行く末を案じる父親の細やかな親心が感じられると言われています。

小津安二郎の晩春は、一部、こういう論評もあるのです。改めて本気で笠と原の演じる、小津安二郎の晩春を観てみたいと思います。
posted by 三上和伸 at 08:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする