2020年09月16日

ブラームスの名曲53 歌曲「花輪」 Op.46-1

「花の冠」 詩:ゲオルク・フリードリッヒ・ダウマー
この戸口の上に飾られよ、
ぼくの目の悲哀の涙で
しとどに濡れた花輪よ!
愛の目からは涙が溢れるものだ。

やさしい涙よ、お願いだから、
あまりに早く滴り落ちるな!
あの人が優雅な歩き方で戸口に
近づくまで、涙を溜めておこう、
ぼくにはつれない、いとしい人が。

あの人が来たら、涙がどっと
その金髪の上に流れるよう、
またその涙は苦悩の夜に
ぼくの目から溢れでたものと、
あの人が悟ってくれるように。

若き恋とはこうしたものでありましょうか? 私はもう少しシャンとしていましたがね。努力しても自分の思いが叶わない、でもこれは想いを相手に預け過ぎです。へりくだる男はモテません。意志を持って愛する事が必要です。誠意が通じなければ、諦める事が大事です。恋々とせず、お互いの自由を保障する事が恋の流儀です。

それでも音楽が美しい、伴奏のタタタンが動機となって曲が進みます。夢の中を彷徨うかのように、女々しくも陶酔に満ちた歌が歌われます。そして尚も、ブラームスの歌曲としては珍しく、前奏の他に後奏を長く引きずります。如何にも名残惜しそうに…、美しく…。
posted by 三上和伸 at 22:17| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☂ 北の風☁時々☂所により⚡☂ 50%→30%→50% 28℃ 国際オゾンデー 2020.09.16

南シナ海(フィリピン・中国・ベトナム・マレーシアに囲まれた海)に🌀11号ノウルが発生しました。西に進んでおり、ベトナム・ラオス・ミャンマーが進路に当たります。ノウルは北朝鮮提案の名で、夕焼けの意味があるそうです。日本には来ません。北海道近海に低気圧、秋雨前線は南海上にあり東西に延びています。鹿児島が引っ掛かっており、鹿児島と高知、そして関東も雨が降る見込みです。

涼しくて暗い朝です。扇風機すら要りません。ミツカドコオロギが盛んに鳴いています。鳴きたくなるのでしょう、まるで夕暮れのようですから…。

*オゾン層保護のための国際デー
1994年の国連会議で「9月16日を国際オゾンデー」とする事が決議されました。1987年のこの日、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書が採択されました。1999年までにオゾン層を破壊するフロンガス等の消費量を半分にする方針が決定され、日本を始め世界の24の国が議定書に調印しました。

*オゾン層とは大気中にオゾンが含まれている層を言います。地上から高度10〜50kmの間にある成層圏に多くのオゾンが含まれています。高度25km付近が最も密度の高いオゾン層となっています。オゾン層は太陽の紫外線を吸収する役目を担っており、地球の生態系を護っています。最も波長の短い有害なUV−Cは完全にオゾンに吸収され、地上には降ってきません。一時期、フロンガスなどが空気中に交ざり、成層圏のオゾン層を破壊していることが判り、オゾンホールが出来て仕舞っていました。それにより有害な紫外線が降り注ぎ、地球生物に悪影響を与え始めました。今日、フロンガスなどの消費を減らした結果、オゾン層は有効に機能しているそうです。今後、様々な化学物質が発生する可能性があります。フロンガス以上の破壊力を持つ化学ガスが発生するかもしれません。未来にとって、オゾンデーを制定した事は、意義深いです。

*オゾンとは3つの酸素原子からなる酸素の同素体のことです。腐食性が高く、刺激臭が強い有毒な気体だそうです。

posted by 三上和伸 at 08:17| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする