2020年09月30日

終曲 女優竹内結子死す 2020.09.30

奈良の餅菓子屋で修行する物語の朝ドラ「あすか」、東京下町のレストランで働く「ランチの女王」、食べ物に纏わるドラマ、面白かったですね。竹内結子は私にとって美しいヒロインでした。原因は不明ですが、先日、お亡くなりになりました。40歳だそうです。世間は様々にその死因の噂を重ねています。しかし、その真相は闇の中ですから、あれこれ想像し論じるのは死者への侮辱であり、馬鹿げたお節介です。静かにご冥福を祈り、真心を捧げましょう。
posted by 三上和伸 at 21:37| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・中秋10 ベランダ菜園のオクラに紫蘇の花 2020.09.30

オクラ 紫蘇の花
オクラの実      シソの花(青紫蘇)
オクラの花が次々に咲いて、それが実になって来ました。私はそれほど好きではないので、野菜に煩いナッチャンにあげています。オクラ栽培は比較的簡単なようで、次々に実が生ります。素人栽培に向いていますね。シソは薬味などに散々役に立ってくれました。そしてこんな可愛い花が咲くのですね。タネも沢山できるようで、それが零れて、また来年も役立ってくれます。コスパに勝れた作物です。

posted by 三上和伸 at 21:21| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲59 歌曲「恋する女の手紙」 Op.47-5 2020.09.30

「恋する女の手紙」 詩:ヨハン・ウォルフガンク・フォン・ゲーテ
あなたの眼からわたしの眼に注がれる眼差、
あなたの口からわたしの口に与えられる口づけ、
わたしのように、そのことを少し知っている者には、
何かほかのことが楽しいと思われるでしょうか。

あなたから離れ、わたしの家族からも遠ざかって、
わたしは常にあれこれと思いを馳せていると、
いつもあの時、ただ一度の時に思い当り、
わたしは泣きだしてしまったのです。

すると不意にまた涙がかわいて、
あなたは愛をこめて、この静けさに思いを秘め、
あなたの思いが遠いこの地にきっと届くと思うのです。

この愛の息吹のささやきをお聴きください。
この世で唯一つのわたしの幸せはあなたのお心です。
あなたのやさしいお気持ちの証をお示しになって!

女歌ですね。少し晩稲(おくて)のまだ生娘の恋歌です。何とも心震える女心を歌っています。こんな初心な女、それでもやはり女は女、哀れな自分の境遇を伝えつつも、シッカリ恋の証をお強請りしています。恋の駆け引き、女に勝たせてやるのが男の務めです?

自在に変化するピアノ伴奏、乙女の心理に沿って一体感を強めて行きます。その心理描写、並の作曲家が書ける代物ではありません。
posted by 三上和伸 at 20:11| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀|☁ 0%→0%→10% 25℃ 「魔笛」初演の日 2020.09.30

台風13号クジラはカムチャッカ半島の真南の東経158°・北緯38°付近にいます。あと東経20°強を東進すれば日付変更線を跨ぎますが、その前で温帯低気圧に変わる見込みだそうです。残念ながらタイフーンからハリケーンに代わる瞬間は観られないようですね。

横浜は快晴です。しかしこの晴天は続かず、明日は☁|☂の予報です。明日が肝心の中秋の名月なのですが、皮肉なものです。但し、明日深夜になれば、状況は変わる見込みです。正子(しょうし・午前0時)前には限りなく満月に近い十五夜の月・中秋の名月が観られる筈です。

*モーツァルト最後のオペラ「魔笛」初演の日(1791年9月30日)
1791年の自らの死の二カ月前のこの日に初演されました。指揮は勿論モーツァルトで、モーツァルト最後の劇音楽でした。「魔笛」はドイツ語で書かれた18世紀オペラの帰結点であり、また19世紀ドイツオペラの出発点ともなった傑作でした。その後、モーツァルトは遺作「レクイエム」の完成を待たずに生涯を終えました。

*ビスマルク(鉄血宰相)鉄血演説(1862年9月30日)
ドイツ統一を目指したプロシアの宰相ビスマルクが軍拡問題で議会と衝突し、「ドイツ問題は鉄と血によって解決される」と演説し、議会を抑えました。1862年のこの日でした。29歳のブラームスは、このビスマルクに期待をし、ドイツ統一に思いを馳せたと言われています。強硬なビスマルクを支持したブラームスは、後に、保守反動の汚名を着せられることになります。本当のブラームスはリベラリスト(自由主義者)です。
posted by 三上和伸 at 07:41| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする