2020年10月05日

終曲 台風14号チャンホン発生 2020.10.05

日本の南の太平洋上の火山列島付近にいた熱帯低気圧が発達し、台風14号チャンホンになりました。チャンホンはラオスが提案した名で木の名前だそうです。今後は南大東島(7日21時)、九州の南(8日21時)、四国沖(10日21時)に進むそうで、進路は複雑です。
posted by 三上和伸 at 21:56| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・中秋12 シュウメイギク(秋明菊) 2020.20.05

シュウメイギク シュウメイギク
菊と名乗っていますが、キク科でなくキンポウゲ科の多年草です。アネモネの仲間で秋に咲く日本のアネモネです。花弁は無く、花弁状の萼片が花弁のように観えます。有毒植物で、乳液状の汁が出ますが、それに触れると被れを起こします。
posted by 三上和伸 at 21:31| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・中秋11 キンモクセイ(金木犀) 2020.10.05

キンモクセイ(金木犀)
拡大で写真に撮ると花も良く解りますが、普段は比較的、目に入らない花です。しかし、その香りは高く、嗅覚障害を起こしていなければ、直ぐに気付く花です。甘い香りは良く漂い、雨が降れば増々その香りは強くなります。これは梅雨時に咲く山百合と同じで、その香り成分は水蒸気に溶け易く、伝播力を増し、その芳香を方々に撒き散らすのです。明後日からは雨が降り易いと思うので、雨の中で香りを愛でてみましょう。
posted by 三上和伸 at 21:12| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す・中秋 旧暦葉月の十九 葉月の寝待月 2020.10.05

旧暦葉月の十九 葉月の寝待月
旧暦葉月の寝待月
十六夜まで観えていた葉月の月ですが、十七夜(立待月)、十八夜(居待月)は観られませんでした。それでも今宵は空が晴れて、十九夜の寝待月は観えました。私は一年中、月を観て暮らしていますが、一般的には月見は秋の行事、偶には喧騒を忘れて、月を観るのも粋であります。
posted by 三上和伸 at 20:54| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁ 30%→10%→10% 26℃ 文永の役(元寇)始まる 2020.10.05

台風になるであろう低気圧が東経140°北緯22°付近にいます。このまま発達を続け台風になり、西の沖縄・奄美・九州南部方面に向かいます。注意が必要です。沿海州には発達した低気圧があり、東進しています。前線があり、日本列島を跨ぐようになります。北陸・関東・東北・北海道は☂マークが付いています。横浜は☁、雨臭いのは午前中、午後からは安定してきます。明日からは晴れる所が多いです。

*文永の役(元寇)始まる
文永11年10月5日(1274年11月4日)、蒙古・高麗軍が対馬・壱岐に来襲しました。鎌倉幕府の時の執権・北条時宗がこれを迎え撃ち、撃退しました。元は日本に属国(家来)になる事を求め、脅しのための日本攻撃だったらしいのですが、日本の本気を前にして、戦意喪失、大陸へ引き返したようです。
posted by 三上和伸 at 07:49| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする