2020年10月08日

三孫交友記20 Nちゃん日記とYちゃんのファッションショー 2020.10.08

ジャック・オ・ランタンバッグ?
ジャク・オ・ランタン風のバッグ?
もう直ぐハロウィンですね。ハジケタ若者が通りを闊歩するのはイタダケマセンが、子どもたちがお祭りをするのは楽しいですね。NちゃんYちゃんRくん家でもそんなグッツが観えました。

今日は雨、ナッチャンレッスンの日で、下校Nちゃんお迎えは、Rくんを乗せて車で行きました。Nちゃん小学校に着いた時には、早やRくんはネンネ、数分の間で、お休みになって仕舞いました。Nちゃん下校3人組を乗せてお家に帰りました。Yちゃんがレッスン中、私はNちゃんの日記集を見せて貰いました。お出掛けの事、お料理の事、生き物の事、そして妹・弟の事、読み易く、生き生きとした文章で、楽しい日々の生活が記されていました。

Nちゃんがレッスン中、今度はYちゃんが私にご注文。Yちゃんは髪にティアラをし、色々なバッグを次から次に腕に掛けモデルになりました。この姿を写真に撮れとの所望でした。私は喜んで、Yちゃんモデルのカメラマンになりました。オメメパッチリの美しいYちゃん、Yちゃん、頻りにモニターを見てご機嫌でした。

少しYちゃんと喋りました。Yちゃんはクラスでも背の高い方ですが、もっと高くなりたいのだそうです。「どうして?」と聞くと「Nちゃんよりも高くなりたいから、でも中々追い付かないんだ…」、YちゃんはNお姉ちゃんをライバル視しています。何でもNお姉ちゃんに負けたくないのです。本読みや文字書き、ピアノに駆けっこ、全部Nお姉ちゃんに負けたくないのです。でも負けています。そしてお姉ちゃんを尊敬もしているのです。Nちゃんの優しさ、Nちゃんの知識、Nちゃんの運動能力、Yちゃんの前にはNちゃんと言う好いお手本があります。負けず嫌いのYちゃん、Nちゃん目指して頑張っています。

年の近い(1歳8か月差)姉妹は、こんなものですかね? きっと何時かは何かしらで、YちゃんがNちゃんを超える日が来るでしょう。私の生が間に合うか否か、以前、Nちゃんに聞いたら、「長生きして欲しい!」そうです。
posted by 三上和伸 at 22:48| 三孫交友記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲63 歌曲「娘の愛の歎き」 Op.48-3

「娘の愛の歎き」 詩:少年の魔法の角笛より
ふたつの湧きでる泉を見たい人には、
わたしの悲しい双眸(そうぼう、二つの瞳)を見てもらいましょう、
その眼には泣きの涙が溢れていますよ。

たくさんの大きく深い傷を見たい人には、
わたしの深く傷ついた心を見てもらいましょう、
愛がわたしの心を奥深くまで傷つけたのですよ。

この曲も少年の魔法の角笛の詩を使って書かれています。在り来りの詩でも童謡や童話には魔法の味付けがありますね。娘の悲しい愛の歎き、それでもこの曲は、詩の悲しさにそぐわないロ長調で書かれています。ブラームスはこの詩に、冷めたものを感じていたのかも知れません。悲しみ泣いている人、深く心が傷ついている人、そんな人は自分を見てもらいたくはないですよね。見てくれる人にもよりますが…。それでもやはり見てもらいたいのですかね。人も恋愛も微妙なものです…。


posted by 三上和伸 at 21:47| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂ 90%→90%→80% 16℃ 2020.10.08

台風14号チャンホンはシッカリとした台風のままで日本列島に沿ってその南岸を通過するようです。8日9日に種子島・10日に四国沖・11日に関東沖・12日に関東の東海上・13日に温帯低気圧になる予報が出ています。横浜も11日まではずっと雨のようです。各地の運動会どうなりますか、主催者は頭を抱えていますね。

10月8日は漢字で書くと十と八、これは木になりますね。しかも片仮名ですとホになります。従って木の日とホで骨と関節の日となるそうです。それに入れ歯の日もついでにあり、歯科技工の日でもあります。それにこれから七五三や正月・成人の日などの和服を着る機会も増えますね。ですから今日は足袋の日でもあるのですね。私が最後に足袋を履いたのは、結婚式で紋付羽織袴を身に着けた時ですかね。

*国立公園制定記念日
1932年(昭和7年)のこの日、国立公園12か所が制定されました。北から大雪山・阿寒・十和田・日光・富士・日本アルプス・吉野熊野・瀬戸内海・伯耆大山・阿蘇・雲仙・霧島が選ばれました。半分の6カ所は行っていますが、私の場合、西日本が未踏なのでコロナ明けには是非行ってみたいですね。

*佐藤栄作のノーベル平和賞決定の日
様々な疑惑や反対の意見(ノーベル賞委員会の中でも)がありましたが、1974年のこの日、日本の元首相の佐藤栄作のノーベル平和賞が決定しました。政治家には様々な表裏の顔がありますので、スッキリとした無欠の受賞では無かったようですが、子息・佐藤信二の言に依れば、佐藤栄作は平和主義者だったそうです。授賞理由は非核三原則の制定などが評価された事に依るそうです。
posted by 三上和伸 at 08:47| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする