2020年10月11日

ブラームスの名曲66 歌曲「秋思」 Op.48-7

「秋思」 詩:アドルフ・フリードリッヒ・シャック(ドイツ)
身を切るような風に夏の最後の花が
死ぬほどの痛手を受けて、
ここかしこに黄や赤に染まった
木の葉がひとひらずつそよぐ時のように、
暗く曇った、冷え冷えとした日が
わたしの生活を脅かしている。
おお、心臓よ、永遠の鼓動を続けながら、
なぜ死に対しておののいているのか。
すっかり葉の落ちた木立を見まわしたまえ!
風が枯れ木をゆさぶるように、何故きみは
この最後のはかない喜びをなぶるのか。
安心したまえ、この喜びもやがて消えよう。

秋思(しゅうし)=秋のものおもい なぶる=いじめる、責めさいなむ

夏が終り秋が忍び寄って来ます。日本人のように、四季の自然の変化に、喜ぶのとは違って、苛立つのがヨーロッパの北国の人達です。太陽は望めず、曇天の下の雪と氷の世界に従うのです。その鬱陶しさに精神を病む者も出ると聞きます。祭の後の静けさ、死の静けさ、夏の祭を恋い慕うも、既にそれは過去の夢。それでも心落ちつけて、じっと耐えようではないか? 北国の人は辛抱強く、次の真夏の夢に託そうとしています。

ピアノが透明な響きで秋の雰囲気を醸しています。それでも歌は深刻な歌い回しに終始しています。秋の物思い、不安と希望、共感を籠めて消え入るように終わります。


posted by 三上和伸 at 21:27| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 台風去り、ひつじ雲に火星と木星見え隠れ 2020.10.11

火星 2020.10.11 木星 2020.10.11
火星         木星
莫大な雨量を記録した台風14号チャンホンが去り、しかも雨雲も去り、今の夜空には一面にひつじ雲が覆っています。それでも大まかなひつじ雲は隙間が多く、火星や木星のような輝度の高い星は時折覗いています。私は狂喜してカメラを取り出し、撮影に成功しました。ご覧のように、今の二つの天体は火星の方が大きく映り、輝度も高いようです。火星はほんのり赤く、木星は黄色です。


posted by 三上和伸 at 20:31| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新食べ歩き・テイクアウト 元町喜久家のラムボール 2020.10.11

元町喜久家のラムボール
元町喜久家のラムボール
1924年(大正13年)創業の横浜でも老舗の洋菓子屋です。山手の外国人居留地から商社の並ぶ関内への通勤路が元町商店街のハシリでした。その中程にあるのが喜久家洋菓子舗です。喜久家の主人が外人さんの要望に応えて、レシピを教えて貰い、開発したのが喜久家の洋菓子でした。決して高級店では無く、極く庶民的なケーキ屋さんとして発展してきました。

ラムボールはラム酒を利かせた小麦粉ベースの生地をチョコレートで包んで醗酵させたお菓子です。ラム酒がたっぷり使われているため、どちらかと言えば大人のお菓子です。ラム酒の香りが生地に馴染んで、チョコレートと絡みます。ネットリとした舌触り、風雅な香り、絶品です。

妻の横浜徘徊のお土産でした。


posted by 三上和伸 at 17:25| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 グレタ・トゥンベリ、米大統領選、バイデン支持 2020.10.11

余計なお世話ながらも、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは、米大統領選挙の候補者の内、トランプ候補では無く、バイデン候補の支持を表明しました。バイデン氏がアメリカ(トランプ)のパリ協定離脱を撤回し、温暖化対策に乗り出し、パリ協定に復帰する考えを表明したからです。

犬猿の仲のトランプさんとグレタさん、私は当然グレタさんの味方です。環境問題が解決されなければ、22世紀はあり得ないと思うからです。どんなに経済が好調でも、環境が壊れたら生物は生活できなくなるのです。未来のためには、良い環境と良い教育が必要です。最低の資源で最高の生活環境を賄わなければ、22世紀は訪れません。皆が賢くなれば、人口を減らし、地球環境を整える事が可能となります。緑滴る環境と多くの野生生物、そして適度な数の人間が無理なく生きる、これが未来の地球の理想郷です。
posted by 三上和伸 at 14:38| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁ 20%→20%→20% 22℃ 2020.10.11

今、台風14号チャンホンは八丈島の南南東140kmにいます。伊豆諸島に大雨を降らせましたが、現地は如何でしょうか? これから災害が発生することもあり得るので、注意が必要です。横浜は雨が止み、風も弱く、静かな朝を迎えています。回復傾向にありますが、今日・明日は雲が取れないようです。晴れるのは明後日から…。南シナ海に台風15号リンファが発生しました。リンファはマカオが用意した名で、蓮(はす)の意味があるそうです。リンファはベトナム・タイに向かっています。

*映画「そよ風」が封切り
1945年のこの日、戦後初の映画「そよかぜ」が封切られました。並木路子(松竹歌劇団)が扮する歌手志望の少女みちが、苦節の末歌手になる音楽映画でした。主題歌・挿入歌の「リンゴの唄」が空前の大ヒットとなり、戦後の日本に明るい話題を提供しました。

*上野アメ横の始まり
1946年のこの日、この上野界隈に引揚者が集まり、闇市が立ち並びました。中国産の飴を売る店が多かったので、飴屋(アメヤ)横丁と呼ばれるようになり、今日のアメヨコとなりました。

*1967年のこの日は、ヤミ米拒否の東京地裁の山口良忠判事が栄養失調で亡くなった日でもあります。戦後から2年が経っていました。 
posted by 三上和伸 at 09:06| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする