2020年11月02日

前奏曲 ☁/☂ 南の風 20⇀50⇀70% 死者の日 白秋忌 23℃ 2020.11.02

フィリピンでは台風19号コーニーの上陸のため被害が出ているようです。今年の日本は未だ台風の上陸はありません。日本にとっては幸運な年と言えますね。横浜はほぼ快晴の空をしています。寒冷前線が近づいていますので、今日の夕方から雨で、明日の午前中までは降り続くようです。

*死者の日(万霊節)
この日はキリスト教で、全ての死者の魂に、祈りを捧げる日とされています。勿論、ローマ・カトリックから始まった日ですが、後のプロテスタントにも受け継がれ、キリスト教に於いて今日は、全ての信者が死者に祈りを捧げる日となりました。恐らく、死者のためのミサ曲・レクイエムを演奏する国もあるでしょう。私は無宗教ですが、今夜はブラームスの傑作・ドイツレクイエムを聴いてみましょう。この曲は宗教曲ですが、宗教に縛られない人間の歌として死者を悼んでいます。そして生者をも慰める音楽です。

*白秋忌
日本の偉大な詩人・北原白秋、1942年(昭和17年)のこの日に亡くなりました。我が故郷・三浦半島にある城ヶ島は、ミシュラングリーンガイドで2つ星を獲得しました。ここに白秋の「城ヶ島の雨」の歌碑があります。歌曲にもなりまして、このメロディーがブラームスの「アイオロスの竪琴に寄せて」にそっくりなのです。中山晋平が作曲しました。恐らく中山はブラームスのこの歌を知らなかったと思われます。詩の抑揚がそうさせたのであって、偶然の一致です。白秋は一時、この三浦三崎に住んでいたそうです。

posted by 三上和伸 at 09:20| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする