2020年11月10日

間奏曲 麒麟がくる31話「逃げよ信長」、戦国絶世の美女・お市の方登場 2020.11.10

麒麟がくる31話は名高い「金ヶ崎の退き口(かねがさきののきくち)」の話でした。浅井長政の裏切りに逢い、金ヶ崎城から京へ撤退する信長軍、本軍を逃す殿(しんがり)は光秀と藤吉郎の他僅かの軍、見事に信長を逃がし、苦難の殿・光秀・藤吉郎も無事逃れました。

裏切った信長の義弟長政、その長政の妻は信長の実妹の市でした。絶世の美女・戦国一の美女と謳われた市は三人の姉妹を生みました。秀吉の側室で、秀頼の母の茶々(淀君)、京極高次の正室・初、二代将軍徳川秀忠の正室・江の三姉妹で、戦国時代から江戸幕府に至るまで、日本の歴史の表舞台で彩を添えた姫君たちです。お市の血脈は徳川家に引き継がれ、三女・江は三代将軍・家光の母として、今日に名を残しています。今回の麒麟がくるでは国民的美少女の井本彩花が演じました。17歳だそうで、初々しい出演でした。

もう一人、戦国一の絶世の美女がいます。明智光秀の息女で、名は玉と言います。こちらは名子役であった芦田愛菜が演じるそうです。何れ年頃になれば細川家の嫡男・細川忠興の妻になります。そしてキリシタン細川ガラシャとしてヨーロッパの地まで名を広げます。細川護熙元首相の先祖です。


posted by 三上和伸 at 22:23| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三孫交友記27 お買い物散歩 2020.11.08

この日はKさんママが手作り楽器制作でお忙し。朝比較的早くにお助け要請メールが届きました。私達は老健の母の訪問面会を済ませて、勢い伊勢原のNちゃんYちゃんRくん家へ急ぎました。道は空いており、お昼前に到着しました。Rくんは風邪っぴき、お鼻ズルズルでくしゃみが頻発、それでも元気に遊んでいました。Kさんの昼ご飯・スパゲッティをみんなで食べ、一息ついてからお買い物散歩に出ました。この隙に素早くKさんは作業を始めました。
NちゃんYちゃんRくんと伊勢原散歩
Rくんの昼下がりの時間はお昼寝の時間、普段でも幼稚園の下校バスに乗ると直ぐにネンネだそうで、3歳の幼子は昼寝が必須ですね。ですからRくんは散歩でもバギーを使います。徒歩で寝入られると大人が大変です、抱っこして帰らなくてはならなくなりますからね。最初はバアバがバギー押し、私は写真撮影専門でした。
近所の柿
近所のお宅の庭になった柿、たわわに見事に実っていました。奥さんが2~3個収穫していましたので、甘柿ですね。美味しそうでしたが、頂けませんでした。
ニラの花
11月に入っていますが、ニラが花を咲かせていました。白い花、整った美しい形をした花です。中心の子房に真っ黒い実(タネ)が出来ます。周辺にばらまき、領地を増やして行きます。
群雲(高積雲)
群雲が空を覆っていました。比較的低い高積雲と思われました。灰色のひつじ雲ですね。決して雨を降らしませんが、透明感の無い空でした。
紅色の穂のススキ
紅色のススキ
ススキには二つの色が存在します。中秋に咲くススキは銀色乃至金色、明るく透明な野の彩りとなります。ところがひと月遅れに咲く晩秋のススキは何と紅色なのです。透明感がありませんが、紅色が鮮やかです。個性的な色合いのススキです。

この日のKさんはカレーライスを作るそうで、私達にジャガイモと豚肉を買って来て欲しいと言っていました。伊勢原農協でジャガイモや果物を買い、近くのスーパーマーケットで豚肉とオヤツを買いました。NちゃんとYちゃんはオヤツ捜しにシャカリキ、あれこれ物色して食べ物ですけど玩具のようなお菓子を買っていました。私は高級チョコを買い、少し三孫のために残してやりました。

Rくんは、歩き始めて直ぐにネンネ、帰宅後もネンネ、夕食前に起きました。ママさんカレーを美味しそうに食べていました。NちゃんYちゃんとは流れ星の事、お月様の事、蛍の事、色々お話をしました。「もう少し大きくなったら、流れ星や蛍を観に行こうね!」「ウン‼‼」。


posted by 三上和伸 at 17:59| 三孫交友記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 BSテレ東真夜中ドラマ「どんぶり委員長」伊原六花を観ました 2020.11.10

朝日新聞テレビ欄を観ていたところ、何と私が注目をしていた女優・伊原六花(いはらりっか)のテレビドラマの紹介がありました。何と「どんぶり委員長」と言う深夜ドラマでした。良いとこのお嬢さんの伊原が級友男子の作るどんぶり飯を旨そうに掻き込む話だそうで、深夜放送のため、録画をしておきました。

先程、暇だったので、その録画ドラマを見ました。バブリーダンスで鍛えたスレンダーな体、白い肌、少し垂れ目な大きな瞳、長い睫毛、もう私の好みに合致した美しい女優でした。勿論、そんな事は判っていた事でしたが…。艶やかな美しい口をオッピロゲて、大口でどんぶり飯を掻き込む豪快な六花、愛らしさと同時に仄かな色気、そして元気一杯の陽性のキャラクターが弾けていました。頑張れ六花! 大女優を目指して!
posted by 三上和伸 at 15:14| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀|☁ 北風 0%〜10% 16℃ 技能の日、シラーの誕生日 2020.11.10

カムチャッカ半島の南東に強大な低気圧、そこから停滞前線が延びており、小笠原と沖縄を覆っています。華北・華中には双子の高気圧があり、移動性となって東進しています。列島は晴れの区域に入っていますが、日本海には筋状の雲が見え、北陸から北の日本海側は時雨ています。旭川・札幌・青森は⛄、秋田・新潟・金沢は☂、小笠原・石垣も雨です。九州・四国・近畿・東海・関東・東北南東部は☀ています。

*今日は記念日の多い日です。*技能の日(1970年アジア初の技能五輪が東京で開催されたこの日を記念して…。ピアノ調律も大切な技能です)、エレベーターの日(年寄りに必要な装置)、*トイレの日(歳を取るに従って大切な設備)、*ハンドクリームの日(年取ると使わざるを得ない品)、*井戸の日(いーい(11月)ど(10日))の語呂合わせで。*断酒の日、*オルゴールの日(いいおと)、そして大切にしたい*肢体不自由児愛護の日。

*フリードリヒ・フォン・シラーの誕生日
詩人で劇作家だったドイツのフリードリヒ・フォン・シラーの誕生日です。1759年のこの日に生まれました。昔、野坂昭如がやったテレビCMに、♪ギョギョギョーテかシルレルか、みんな悩んで大きくなった♪がありましたが、ギョーテはゲーテ、シルレルはシラーの事です。ドイツ古典主義の大作家にして思想家でした。クラシック音楽にも多くの詩作が使われました。ベートーヴェンの第九の「歓喜の歌」の詩、そしてブラームスの「ネーニエ」の詩、ドイツ音楽に重要な詩作を提供しました。
posted by 三上和伸 at 09:23| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする