2020年11月15日

私の歳時記 七五三のルーツ 2020.11.15

今日は七五三、毎年行われており、神社には幟が絶えません。今年の我が孫達は七五三に当たる年齢の子はいませんので、来年にする予定だそうです。Yちゃんが数え七歳の祝い、Rくんが数え五歳の祝いをするそうです。昨年は長女のNちゃんが七歳の七五三を祝いました。この子たちの氏神の伊勢原比々多神社でしました。

子どもが三歳・五歳・七歳に祝う七五三。11月15日に氏神様に、これまでの子どもの無事を感謝し、この先の子どもの成長を願い祈願する行事が七五三です。七五三にはどんなルーツがあったのか、少し調べてみました。

古来、医療が未熟だった時代は、子どもの死亡率が高く、「七歳までは神の子」と言う言い慣わしがありました。その子の無事を神頼みにしていたのですね。従って子供の成長を願う様々な風習がありました。その代表が七五三で、その原型は平安時代に遡ると謂れています。三歳の男女の「髪置き」、五歳の男女の「袴着」、七歳の女児の「帯解き」がそうであったようです。

三歳男女の「髪置き(かみおき)」は、生後七日に産毛を剃り、三歳までは坊主頭で育て、髪を伸ばし始めるのが三歳の春だったそうで、この時「髪置き」の儀式を済ませたのだそうです。これが三歳の祝いです。

五歳男女の「袴着(はかまぎ)」の儀式も平安時代に始まったそうで、この祝いの日に初めて、袴と言う着衣を着け始めたそうです。鎌倉時代に入るとこの儀式は、11月15日に行う事が定められ、これが七五三の期日の決まりとなったようです。江戸時代に入ると五歳の袴着は男児のみの祝いとなり、今日に繋がって行きます。

七歳は「帯解き(おびとき)」で、紐(付帯つけおび)で結んでいた着物を紐は止めにして、帯で結ぶようになる最初が帯解きの祝いです。ですからこの儀式、帯直し・帯初め・紐解き・紐落しとも言われています。鎌倉時代に始まりしたが、正式に「帯解きの儀」となったのが室町時代で、さらに後の江戸期には、男児は袴着と同じで五歳で祝い、女児は七歳で祝うように分かれました。
posted by 三上和伸 at 16:40| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初冬1 ベランダ・野葡萄 2020.11.15

ノブドウ(野葡萄)   枝葉と実       株の下枝の木質部
ブドウ科ブドウ属のつる性落葉樹、されど落葉樹と雖も木質化するのは枝の下部のみで、上部の枝は枯れて無くなります。ベランダ栽培なので、虫の訪問が疎らなので、果実の付きは良くないです。しかし美しく発色するのは同じで、青や碧、紫などに色変わりします。ブドウの仲間でも食べられない葡萄で、そこが残念な果実です。されど美しい珠玉の姿を表し、味覚で無く視覚で楽しむことができます。

posted by 三上和伸 at 14:29| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀|☁ 北の風 0%〜10% 19℃ 神無月 竜馬暗殺 めぐみ拉致 2020.11.15

庭のツワブキ
ツワブキ(石蕗・季語は冬)
台風22号ヴァムコーは975hPaでベトナムに上陸寸前です。今年はフィリピン・ベトナムが台風に祟られています。日本の上空は、二つ目の高気圧にすっぽりと覆われています。今日は穏やかな小春日和となるでしょう。今日からは神無月、旧暦の十月で、旧暦では神無月・霜月・師走が冬で、神無月は初冬に当たります。

*坂本龍馬・中岡慎太郎、暗殺される(新暦では1867年12月10日)
明治維新の前年・大政奉還後一カ月過ぎの慶応(1867年)3年のこの日に、幕末のヒーロー・坂本龍馬と同僚の中岡慎太郎が京都近江屋事件で暗殺されました。墓所は京都市東山の京都霊山護国神社の霊山墓地にあります。墓碑は桂小五郎(木戸孝允)が揮毫(きごう、筆で書く)しました。私も京都旅行の際、独りで訪ねました。中岡慎太郎の墓標が右隣にありました。維新の英傑にしては質素なお墓でした。

*横田めぐみさん拉致される
1977年のこの日、新潟に住んでいた中学生・横田めぐみさんが北朝鮮工作員に拉致されました。そのまま北朝鮮に連れ去られ今日に至っています。皆様も良くご存知の事ですよね。正に人間の妄信的な狂気の成せる仕業ですよね。北朝鮮は不幸な国です。本来善である人が、これだけ人を傷つける行為をする、可笑しいじゃないですか? 極悪の指導者金一族、トランプ同様に速く消滅すべきです。トランプ敗退、アメリカ国民は辛うじて良心を持ち合わせていました。北朝鮮国民も早くこの良心を! めぐみさん達を返しなさい!

posted by 三上和伸 at 09:24| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする