2020年11月19日

新食べ歩き・夕餉 真鯛と生蛸の刺身、真鯛カマの塩焼き 2020.11.19

南部市場神水産の真鯛と黒ソイ
神水産の真鯛
南部市場の神水産を覗きました。珍しい魚も多く並べられていましたが、お値打ちなのは真鯛¥880でした。今宵はこれの刺身で夕飯にしようと、捌いて貰い、身とかまと粗に別けて貰いました。
真鯛の刺身 生ダコのブツ 真鯛の刺身
真鯛の刺身      生蛸のブツ切り 
口当たりが良くクセの無い真鯛、河豚には及ばないかも知れませんが、美味しい魚です。新鮮ですから臭みのありません。アミノ酸の旨味が広がりました。コリコリの生蛸の食味、これも中々のものでした。
真鯛のカマの塩焼き
刺身、粗、そしてカマ、こちらは塩焼きにしました。脂の旨味が効いているカマは蕩ける味、これも旨いものですね。塩焼きも鯛の料理の王道です。
今宵の夕餉は魚三昧、野菜はこの白菜の塩漬けに重荷を負わせてしまいました。野菜不足ではありましたが、そんなに色々な味はこのシンプルな料理には不向きです。白菜漬けだけで十分に役を果たせていました。

posted by 三上和伸 at 23:05| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終曲 小夏日和? 2020.11.19

積雲(せきうん・つみぐも) 染井吉野の紅葉
積雲         染井吉野の紅葉
朝鮮半島から日本海に抜けた低気圧、東西に前線が横たわり、そこに強い南風が吹きました。横浜でも夏日に迫る最高気温が出まして、最早、小春日和を上回る小夏日和?の風情がありました。午前中は一週間の贅沢のブランチ南部市場に行って来ました。何時もの神水産へ行き、真鯛と生蛸を買って来ました。空は積雲が群れており、初冬とは名ばかりの夏のような空が現れていました。桜は紅葉、空は群雲、天地がずれていました。


posted by 三上和伸 at 22:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・初冬3 カラスウリの実 2020.11.19

夢幻的な美しい夏の宵の花がご覧のような赤い実に生りました。先ほど近所の植物愛好の友人が届けてくれました。私が差し上げた夏のカラスウリの自然通信のお礼だそうで、実に生ったカラスウリを届けてくれました。大きく見事な実成でした。
posted by 三上和伸 at 17:30| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☀ 南の風 10% 23℃ リンカーンゲティスバーグ演説 2020.11.19

2020.11.19 朝の空 紫の野葡萄
今朝の空曇りがちです 紫色の野葡萄
樺太(サハリン)の西に高気圧、抜けましたが太平洋上にも高気圧、しかしベーリング海には物凄い低気圧、そして北朝鮮にも前線を伴った低気圧が東に進んでいます。この前線上の北海道・青森は☂、前線の尻尾が掛かる西日本も午後から☂の見込みです。東海・関東・甲信越・南東北は☀るようです。土星・木星・五日目の月の接近は観られるでしょうか?

*コロンブスプエルトリコ上陸
ジェノバ出身のイタリアの航海士クリストファー・コロンブスが1493年のこの日に、ヨーロッパ人として初めてアメリカ海域に到達し、プエルトリコ島に上陸しました。黄金を得るために、現地人(インディアン)を殺害したり、様々な悪行をしました。新大陸発見でしたが、最初にアジアを目指していたので、コロンブスはそれに拘り、生涯自分が発見した大陸をアジアと信じていたそうです。

*リンカーン、ゲティスバーグ演説
1863年11月19日にアメリカ大統領エイブラハム・リンカーンがペンシルベニア州ゲティスバーグで行った演説を指します。アメリカ史に於いて、最も偉大で有名な演説とされています。「人民の人民による人民のため政治を地上から決して絶滅させないためにわれわれがここで固く決意することである」とリンカーンは演説しましたが、その時は大した感動は無かったそうです。当時はマイクロフォンも無く、カメラマンは居たのですが、写真すら満足のいくものが無かったそうです。しかし、この演説をシッカリと書き留めていた新聞記者がいて、後に新聞に載り、有名になったそうです。この時、リンカーンは天然痘に掛かっており、激しい頭痛の中、か細い声で演説したのだそうです。
posted by 三上和伸 at 08:07| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする