2021年01月06日

新とっておきの花仲冬2 ヤドリギ(寄生木) 2021.01.03

大木に寄生するヤドリギ(寄生木)
ビャクダン科ヤドリギ属
強剪定されたケヤキの木、全て葉が落ちて裸になった木、それでも緑が見えますが、これがヤドリギです。ご覧のように、葉が落ちた後の冬に目立つのがヤドリギです。半寄生の常緑小低木で、ケヤキやエノキ、ブナやミズナラなどの落葉樹の樹幹に寄生します。雌雄異株ですので、実が生るのは雌の木です。しかしこの日は、実を見つける事は出来ませんでした。ヤドリギは、早春に咲き、晩秋に実るとされています。実の表面には粘液があり、鳥のくちばしや体に付いた果実が別の幹に運ばれたり、鳥に食べられたタネが、粘液を残して糞と共に幹に付くと、落下せず、着床します。そこから芽を出し、樹上で生育するのです。
posted by 三上和伸 at 22:48| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 麒麟がくる 良妻賢母・熙子死す 2021.01.06

麒麟がくる・明智光秀の妻・明智熙子が死にました。歴史的に観ても、熙子の死に光秀は大きな影響を受けたようです。夫唱婦随で、側室を持たなかったとの伝えがある光秀、熙子の死によって、心の支えを失っていったようです。この時点で、信長は天下統一の一歩手前にありましたが、次第に横暴となり、独尊の傾向が出て来ていました。光秀はそんな信長を間近で観ていて、失望を深めて行きます。もう直ぐ本能寺の変です。
posted by 三上和伸 at 17:24| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁|☀ 北のち東の風 10%〜20% 10℃ 2021.01.06

湿度が高く比較的温かい朝です。冬型が緩んでおり、東北・北陸の一部だけ⛄が降っています。太平洋側は☀ています。明日以降、また寒波が襲い、吹雪くところも出て来るでしょう。

*色の日
今日は語呂合わせで「色の日」、色に関係する職業の人の記念日。調律師も音の色(音色)を司る職業、私の記念日でもありますね。

*東京消防庁出初め式
年の初め、東京消防庁の署員らが消防動作の型などを演習披露をする日。

*六日年越し
正月七日を七日正月と言い、その前日の今日を、年越しとして祝うそうです。まあ、明日は七草ですがね。

*ジャンヌ・ダルク(オルレアンの乙女)誕生日
フランス百年戦争の国民的ヒロイン・ジャンヌ・ダルクが1412年の今日に生まれました。カトリック教会に於ける聖人の一人です。
posted by 三上和伸 at 09:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする