2021年01月11日

三孫交友記32 ビニール袋凧造りと凧揚げ 2021.01.09

先日の9日にNちゃんYちゃんRくん家を訪ねた理由は、凧揚げをする事でした。この日は比較的に風もあり、凧揚げ日和でありました。しかし、カイトだけを揚げるかと思いきや、何とビニール袋で凧を作ってからの話でした。皆でビニール袋の凧を作って、いざ公園へ!
DSCF8603.JPG パパとRくんビニール袋凧揚げ Rくんのビニール袋凧揚げ
Nちゃんビニール袋凧  パパとRくんで凧揚げ Rくん、頑張りましたが…
皆で作ったビニール袋凧、Nちゃんはお正月らしく羽子板の絵を描きました。珍しく凧揚げにパパも参加して、Rくんと男同士で楽しんでいました。でも中々ビニール袋凧は揚らなかったようですね。

凧揚げ名人Nちゃんのカイト揚げ 妻のビニール袋凧揚げ
何でも器用に熟せるNちゃんとババチャン、カイトにビニール袋凧、見事に揚げていました。二人は60歳違いの癸巳(みずのとみ)年生まれです。利発さ器用さ優しさ、何でも良く似ています。

posted by 三上和伸 at 22:29| 三孫交友記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花仲冬・4 藪椿 2021.01.11

藪椿・綻ぶ 藪椿・蕾
ヤブツバキ(藪椿) ツバキ科ツバキ属の常緑高木。本州から沖縄の海岸に多いですが、山地にも自生しています。我が故郷三浦半島の海岸には至る所で咲いています。開花は意外と早く、年を跨いで咲き出しますが、老成した株は早春に咲く事が多いです。この株は、隣りの大株から零れたタネに依って実生した苗株で、近年、花を持つようになりました。親株より早く咲き始めます。正月から咲き始めており、寒椿(別種ですが…)の雰囲気が濃厚に現れています。
posted by 三上和伸 at 22:08| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 北のち西の風 0%〜10%〜20% 7℃ 鏡開き 2021.01.11

霜柱にガーデンシクラメン
霜に耐えるガーデンシクラメン
冬型が緩み、横浜の最低気温は0.0℃、今日は氷点(氷の凝固点)ではありますが、氷点下にはなりませんでした。しかし相変わらず日本海側では⛄が降り、また新潟や北陸では⛄で道路が麻痺、数十時間、千台以上の車両が閉じ込められました。運転手の皆さん、お疲れ様です。

*鏡開き
正月に年神様に供えた鏡餅を砕いて、雑煮やお汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事が鏡開きです。武家社会の風習でしたので、切腹のイメージを避け、餅を切るのではなく、槌で割り砕いて食べます。言葉も縁起の良い開くを使い、鏡開きとしました。
posted by 三上和伸 at 08:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする