2021年01月19日

新食べ歩き コチ(鯒)・生牡蛎・生蛸 2021.01.19

旅行・会食を出来る限り止めている私達、唯一の楽しみと言えば、南部市場で生物(なまもの)を買って来て、我が家で刺身を楽しむ事です。私が好きな魚は白身魚で、赤味(青魚)の魚はマグロなどの一部を除いて、余り好きではありません。繊細な味覚を持つ私は生臭い魚は敬遠しています。今日はコチ(鯒・真鯒)を見付けました。後の魚は妻の好みで、生牡蛎と生蛸も求めていました。
コチ(鯒・マゴチ・真鯒)
コチ科の硬骨魚類です。砂底にいます。夏は浅場、冬は深場へと移動します。白身の魚で旬は夏とされています。夏の洗い(あらい)がコチの最高の食べ方とされています。されど冬も漁期でして、刺身の他に鍋物や天婦羅が美味しい食べ方と言われています。

コチの刺身 生牡蛎 生蛸
コチの刺身、コリコリとした強い歯触り、旨味の深い白身の魚です。鮮度が良く一切の臭みがありませんでした。幾ら噛んでも出て来るのは旨味だけ、爽やかな食味でした。生牡蛎は私は食べません。過去に一度毒に中った事があったからです。但し、現代での生食用はキチンと殺菌されているそうです。生蛸は近場で獲れる真蛸ではありません。真蛸は皮が硬く剥がれにくいので、生食には向いていないそうです。これは水蛸です。しかし水蛸と雖もやはり皮は硬く、容易に噛み切れるものではありません。皮を退けて身だけを食べれば、それは最高に美味しい食べ物に化けます。
posted by 三上和伸 at 22:19| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦師走の七 七日夜の月 2021.01.19 17:26

旧暦師走の七の月 2021.01.19
今日は師走の七、月は七日夜です。上弦は九日夜、望(満月)は十七夜です。旧暦の最後の月・師走、旧元旦は新暦2月の12日です。今年の旧元旦は立春の後になりました。正にその時は、新春真っ盛りとなりますね。
posted by 三上和伸 at 21:44| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 北の風 0%〜10% 8℃ 昨夜ナッチャン女児を生む 2021.01.19 

低気圧と入れ替わって、大陸から移動性の高気圧が張り出して来ました。日本付近は冬型の気圧配置になって、日本海は雪を降らせる筋雲が密生しています。青森・秋田・新潟は吹雪いています。日本海側と釧路・青森・岩手・宮城は⛄、その他の太平洋側は☀ています。沖縄は☀、小笠原は☁です。

昨日の宵の口に、ナッチャンは、念願の第一子の女の子を生みました。日付時間は、2021(令和3年).01.18 19:28で、体重は3,118グラムでした。昨夜から今朝未明に掛けて、私は興奮冷めやらず、眠られずに未明に起き、報告のブログを書き、再び布団に入りましたが、されど更に更々眠られず、7時過ぎに飛び起きたのでした。心は温かく潤っており、しかも精神は覚醒しており、人生の喜びを噛み締めている次第です。
posted by 三上和伸 at 08:06| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に寄す 旧暦師走の六 六日日の月 2021.01.18 19:43

旧暦師走の六の月 2021.01.18 19:43
美しい六日目の月が出ていた頃、我が家族の四番目の孫が生まれました。即ちナッチャンと恵ちゃんの第一子で、ナッチャンが女の子を産みました。Kさん・KくんのNちゃんと同様に、少し手間取りましたが、素敵な女の赤ちゃんが生まれました。名は未だ決まっていないようですが、またNちゃんYちゃんRくんと同じように、イニシャルで紹介したいと思っています。そして四度目の赤ちゃん観望記を書いて行こうと思っています。

昨晩の私達は昨近のコロナ禍に依り、病院に駆けつける事が出来ませんでしたので、我が家でジッと恵ちゃんからの吉報を待っている次第でした。知らせを聞いた時は歓喜爆発、妻と手を取り喜びに浸りました。メジロのブログは書けたですが、その他は手に付かず、今になって、興奮で眠れぬ夜(未明)に起き出して、こうして思いの丈を吐露しました。
posted by 三上和伸 at 04:11| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする