2021年02月11日

令和赤ちゃん観望記14 Hちゃんのお雛様が届きました 2021.02.11

Hちゃんのお雛様
今日は大安だそうで、人形屋さんは、先日ジジババがHちゃんのために買ったこのお雛様を、今日のこの吉日に届けてくれました。人形屋さんは態々、届け日を今日に指定したのでした。午前中に届きました。思った以上に良い出来映えの雛人形でしたので、ナッチャンは大喜びでした。桐胴木彫手仕様のお顔と胴体、正絹の西陣伝統文様製の本着付衣裳の束帯と十二単、吉徳大光の美しいお雛様でした。これで三月三日の雛祭りを心安く迎えられます。ジイジ・バアバ、一つ嬉しい責任を果たしました。
posted by 三上和伸 at 21:06| 令和赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花・早春4 ロウバイ(蝋梅) 2021.02.11 

ロウバイ(蝋梅)
盛りを過ぎて仕舞い、香りが今一つでした。蝋梅を栽培しているお宅は少ないので、探すのに骨が折れます。妻はこの蝋梅のお宅の場所を良く知っていて、私に教えてくれました。見事な成木で、沢山の花を咲かせていました。蝋を型に溶かし込んだような黄色の半透明の花弁、正に蝋細工のような風情を醸します。私の愛する花の一つです。
posted by 三上和伸 at 15:03| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新生き物大好き ハクセキレイ(白鶺鴒) 2021.0211

ハクセキレイ
ハクセキレイ 
スズメ目セキレイ科に属する野鳥です。セキレイ科には数種類が観られます。セグロセキレイ、キセキレイ、そしてハクセイレイなど。体形が良く似ており、長い尾を持ちます。その尾を上下に振る習性があり、イシタタキ、クナブリ(ぐなぐ(婚)ぐ=交合する)、トツギオシエドリ(嫁ぎ教え鳥)などの名があり、その尾(尻)を振る行為から、男女の交合を意味していると観察され、その名となりました。童貞のルイ16世と処女のマリー・アントワネットに、この鳥を使って男女の情交を教えたと言う伝説が残っています。

posted by 三上和伸 at 14:42| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 建国記念の日 旧暦師走の丗・大晦日 2021.02.11

建国をしのび、国を愛する心を養う、国民の祝日です。嘗ての「紀元節」でしたが、紀元節は戦後になって廃止されました。しかし、復活を望む声が高まり、1966年に国民の祝日として追加されました。名称が「建国記念日」では無く、・・・記念の日なのは、この日が、正しく建国された日では無く、建国を記念する日だからで、態々「建国記念の日」と呼ぶようにしたのです。明日が旧元旦ですから、国の初めを謳うには適した季節だからかも知れません。今日は旧暦師走の丗、大晦日です。大晦日の月は観損ないました。
posted by 三上和伸 at 13:38| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 北の風 0%〜0%〜0% 14℃ 2021.02.11

移動性の高気圧の縁に沖縄(☂)・小笠原(☁)があり、天気は愚図ついています。その他は概ね☀ています。冬型が緩み、気温も高めに推移しています。

*文化勲章制定記念日
1937年のこの日、文化勲章令が定められました。文化の発展に貢献した各界の功労者に文化勲章が贈られるようになりました。

*干支供養の日
干支の置物を製作している陶器メーカーが提唱したもの。陶器で作られた干支の置物を土に反し、供養する日だそうです。立春の後の11日が、十と一で土になるため、この日が選ばれたのだそうです。

*平氏の立役者・平清盛が右大臣・左大臣を通り越して太政大臣になった日が、仁安(にんなん)2年の2月11日(新暦1167年3月4日)でした。平家隆盛の階段を着々と上り、初の武家政治の創始者になりました。

*高田馬場の決闘の日
後の赤穂浪士討ち入りの一人・堀部安兵衛(中山安兵衛、後に堀部家に婿入り)が、甥の仇討ちの助っ人をした日。元禄7年の2月11日(新暦1694年3月6日)でした。
posted by 三上和伸 at 09:28| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする