2021年02月17日

ブラームスの室内楽1 ピアノ三重奏曲第1番ロ長調op.8

旧暦睦月の六 六日月 2021.02.17
ブラームスの室内楽曲は、一つの楽器編成に拘るのでは無く、様々な楽器編成を持つ多様さがあります。弦楽では四重奏3曲・五重奏2曲・六重奏2曲の計7曲、ソナタ(ピアノとの二重奏)ではヴァイオリン3曲、チェロ2曲、クラリネット乃至ヴィオラの2曲で計7曲、ホルン三重奏1曲、クラリネット三重奏1曲、ピアノ三重奏4曲、ピアノ四重奏3曲、ピアノ五重奏1曲、クラリネット五重奏曲1曲、全部で25曲あります。全生涯の全ての時代に書かれており、歌曲と並んで、頻繁に作曲された楽曲です。ブラームスの作曲技法の進化が観て取れて、興味深いものがあります。全てが粒選りの名曲であり、ロマン派室内楽の代表的作品ばかりです。そして自らは、ピアニストであったので、25曲中17曲がピアノ付きの室内楽曲となっています。全てが重厚で厚みのある響きを持っていて、交響曲に準じた内容のある作品が並んでいます。ブラームスは「交響曲のような室内楽を書いた人であり、また反対に、室内楽のような交響曲を書いた人である」と言われています。従って室内楽も交響曲同様に、ブラームスの思想・情念・善と悪・生と死を表現したジャンルであり、ブラームスの音楽宇宙の重要な一翼です。

ピアノ三重奏曲第1番ロ長調op.8は、ブラームスが20歳の1853年から54年に跨いで作曲した曲です。この当時、シューマンを訪ねて認められ、シューマンの助力で、数々の作品が出版されました。中でも、ピアノソナタと歌曲が世に出ましたが、その直後に作曲されたのが、このブラームスの最初の室内楽曲のピアノ三重奏曲ロ長調でした。強い創作意欲に溢れた曲で、長時間を要す長大な大曲でした。ところが晩年に至ったブラームスは、この冗長な曲(形式美にそぐわない部分)が気に入らなくなり、1890年に書き直をし、改めてこの曲を再度出版したのでした。現在ではこの再版の方が頻繁に演奏されています。全楽章がグッと短くなり、締まりの良い作品になっています。普通の作曲家は、40年ほど前の曲を書き直そうとは思わないものですが、ブラームスはこの曲の美しさを愛していたようです。愛しているからこそ、出来損ないの部分を直したいと思ったのでしょう。完全主義者ブラームスの面目躍如たる行動でした。

溢れるような若い恋の情熱が加速する曲で、美しいメロディーが次から次へと迸り出ます。当時のブラームスの全てのアイディアを盛り込んだ曲であり、その充実した音響は美しさの極みと言う事ができるでしょう。この魅惑のメロディーをもう少しキチンと整えたくなったのでしょう、再びの手入れに依り、整然とした綺麗な姿形になりました。第1楽章の第1主題と第2主題、第2楽章のスケルツォの中間部のメロディー、第3楽章の中間部のメロディー、そしてフィナーレの変則的ソナタの二つの主題、若さに溢れた瑞々しい音楽です。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ(元気を持って速く)
2/2拍子、ソナタ形式、ロ長調
明るく大らかな第1主題がピアノ、チェロ、ヴァイオリンの順に歌われます。主題はアンサンブルを変え、様々に変容され、何時果てる事も無く続きます。そして経過句を過ぎると、今度は情熱を秘めたナーバスな第2主題が現れます。これは正に第1主題に対応する答えで、優しくも執拗に愛の告白をしています。展開部は悲劇性を帯び、力感を増して行きます。二つの主題が入り組んで、思いの丈をぶちまけたように、爆発を繰り返すのです。やがて再現部が始まり、大らかな第1主題と情熱を秘めた第2主題が歌われて行きます。そして言い残した事が無く、満ち足りた思いでコーダを結びます。

第2楽章 スケルツォ(諧謔曲・気紛れな楽しい曲想)、アレグロ・モルト(非常に速く)
3/4拍子、3部形式、ロ短調
ちょっとメルヘンチックな曲想で、森の中に妖精がいるような雰囲気があります。諧謔の1部を過ぎると美しい中間部のメロディーが始まります。まるで森の小屋に住む美少女のような、華やかな風情のメロディーです。美少女は優しく歌い、踊ります。これはスケルツォの華、森の小人や動物も歓喜の内に加わり、踊ります。また諧謔が始まり、美少女は小屋に入り、森の住民は名残惜し気に美少女を見送ります。諧謔のスケルツォは終わります。

第3楽章 アダージョ(ゆるやかに)
4/4拍子、三部形式、ロ長調
夜の帳がおり、月が照り、木々の月影が長く延びています。こう言う時、どうしても思い起こしてしまうのが故郷のあの人(女性)です。甘く切ない追憶が、詩人の胸を焦がします。「ああ、何で結ばれなかったのかしら…、あの人だって私を求めていた筈なのに…」、そんな詩人の愛は、どんな男にもある切ない思い出、美しい思い出ですね。

第4楽章 アレグロ(速く)
3/4拍子、ソナタ形式、ロ短調ソナタ形式のフィナーレですが、やや変則的なソナタ形式で書かれています。再現部の初めに明確な第1主題が現れず、そのまま第2主題の再現に至り、展開されて行きます。そしてコーダに至り、活発な第1主題が復活し、激しく展開され、結ばれます。冴え渡った筆致、力強い感情表現、ベートーヴェンの再来と言われたのも頷けます。



posted by 三上和伸 at 17:21| ブラームスの室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽歳時記1 プッチーニ歌劇「蝶々夫人」ミラノスカラ座で初演 2021.02.17

1904年のこの日、日本の長崎を舞台にした、プッチーニの三大オペラの一つの「蝶々夫人」が、ミラノスカラ座で初演されました。東洋の異国趣味を巧みに生かしたプッチーニ・オペラの代表作であり、アリア「ある晴れた日に」はオペラ・アリアの傑作であり、こんな旋律はプッチーニにしか書けないものでした。内容は詰まらない男の裏切り物語であり、結局、蝶々は深く傷つき、子どもを残して死んでしまいます。

*第一幕
軽率で色狂いのピンカートンにぞっこんの蝶々さん、ピンカートンは気紛れで、蝶々さんを誘惑します。長崎の山手の邸宅に、愛の巣を構えます。そして蝶々さんは、難関を経て、異教の外国人と結婚をします。子も身籠り、生まれ、幸せの絶頂を迎えますが、ピンカートンは職務で、アメリカへ帰って仕舞います。

第2幕
アメリカからはピンカートンの別れの手紙が届きました。それでも純情な蝶々さんはピンカートンを諦めきれません。そんな蝶々さんに思いを寄せる男(ヤマドリ)もいて、蝶々さんに求婚をしますが、蝶々さんはピンカートンへの愛に準じて取り合いません。「ある晴れた日に」は、寄港するピンカートンの船に向かって、そんな蝶々さんの純愛に溢れた思いを高らかに歌っています。やがてピンカートンは長崎に姿を現しました。だが新しい金髪の夫人を連れて…。蝶々さんは子供を残し、自殺します。

ある晴れた日
遠い海の彼方に
ひとすじの煙が立ち上り
船が現れる
白い船は港に入り
礼砲を鳴らす

見える?彼が来るわ!
でも私は迎えにいかない
あの丘のふもとで
あの人を待つ 長いこと
どんなに長くても辛くないわ

やがて町の人混みの中から
一人の男が 小さな点のような人影が
丘の方へやってくる

あれは誰かしら?
ここへ来たら何て言うかしら?
彼は遠くから「蝶々さん」て言うわ

私は返事をせずに隠れるの
半分は冗談で・・・ 半分は
会えた嬉しさで死んでしまわないように
すると彼は少し心配になって叫ぶの

「可愛い妻よ、バーベナの香りの」
昔からそう呼ばれていたから

(女中スズキにした台詞)
きっとそうなるわ
あなたに約束できる
だから不安にならないで
私は信じて彼を待つわ

本当の愛を解らない男、悲し過ぎますね。


posted by 三上和伸 at 11:24| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀/☁ 南西の風 0%〜10%〜10% 天使の囁きの日 12℃ 2021.02.17

横浜は良く晴れていますが南西の風が強いです。温かい朝ですね。明日が雨水で旧七草、春も近いと日の出も早くなります。今朝は6時26分、7時の毎正時の観測記録には18分の日照時間が記録されています。オホーツク海には強大な低気圧、確か昨日、低気圧の記録を出したそうです。まだ北海道は大荒れです。積雪・強風に注意です。冬型で日本海側は、福岡・松江・金沢・新潟・秋田・青森・札幌・旭川、全部雪が降っています。所により暴風雪です。

*天使の囁きの日
北海道幌加内町(旭川の北部)の「天使の囁きを聴く会」が1994年に制定しました。天使の囁きとはダイアモンドダストの事。空気中の水蒸気が凍ってキラキラ輝く現象です。柱状になって舞い散ります。南国の住民には憧れの自然現象ですね。非公式の日本最低気温(41.2℃)を記録した母子里(もしり)地区が有名です。この日にダイアモンドダストの囁きを聴く(観る)会が催されます。
posted by 三上和伸 at 08:46| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする