2021年02月26日

音楽歳時記2 ジュゼッペ・タルティーニ忌日 2021.02.26

旧暦睦月の十五 十五夜の月(幾望の月)2021.02.26 19:54
旧暦睦月の十五夜の月(幾望)

1770年のこの日、イタリアのヴァイオリニスト・ジュゼッペ・タルティーニが亡くなりました。タルティーニは初め修道士を目指していましたが、同時に学んでいたヴァイオリン演奏で頭角を現し、激しい訓練の末、名ヴァイオリニストとなりました。多くの生徒を持ち、和声や音響学の権威ともなり、名を成しました。

18世紀バロックのタルティーニを後世に伝えた最大の産物(証拠)は、「悪魔のトリル」と題された自作のヴァイオリンソナタの存在です。特にその悪魔のトリルと言われた部分は、第3楽章のアレグロ・アッサイに3回に亘って現れます。ダブルストップ(重音奏法、高音で二本指を使ってトリルをし、同時にもう一つの旋律を弾く)の激烈な運指をする難曲で、その悲劇性と相俟って、ヴァイオリン曲の傑作と言われています。後年、現代のヴァイオリニスト・フィリッツ・クライスラーに依るカデンツァは特に素晴らしく、名曲を残したタルティーニ、そしてクライスラーの冥福を祈りましょう。
posted by 三上和伸 at 22:19| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁夜🌔🌟 2.26事件の日 2021.02.26

*2.26事件の日
1936年(昭和11年)のこの日、2,26事件が発生しました。陸軍の皇道派の青年将校ら(首謀・村中考次・栗原安秀)が、統制派の打倒と、国家改造を目指して、1500名の部隊を率いて、首相官邸などを襲撃しました。斎藤実内大臣、高橋是清大蔵大臣、その他7名が殺害され、永田町一帯が占拠されました。天皇と海軍が鎮圧を要請し、飛行機から「下士官兵ニ告グ」のビラを撒いて帰順を勧め、「今からでも決して遅くないから、直ちに抵抗を止めて軍旗の下に復帰する様にせよ」のラジオ放送が流されました。形勢不利を悟った将校たちは、軍を戻し、2名が自決、残りの者が自首して、鎮圧されました。この結果、岡田内閣が総辞職をしました。血気に逸る偏った思想は厄介なもの、血で血を洗う結果になり易いですね。
posted by 三上和伸 at 09:32| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする