2021年05月23日

私の歳時記 今日はキスの日 2021.05.23

1946年(昭和21年)のこの日、日本で初めてキスシーンがある映画が登場しました。佐々木康監督の「はたちの青春」と言う映画が封切られたのでした。当時は映画もGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の検閲があり、そこでキスシーンが割愛されていることにクレームがつけられ、キスシーンを挿入することに決定したのでした。主演の大坂史郎と幾野道子(松竹歌劇団出身・美人・存命96歳)がホンノリ僅かに唇を合わせるシーンが観られました。大変な話題となり、連日映画館は大入り満員となったのだそうです。

先ほど観た「茶屋次郎シリーズ」のレストラン支配人の坂上香織は、情夫の犯人に教唆され、犯人の義父をココアケーキを食べた唇で濃厚なキスをし、カカオアナフィラキシーショックを起こさせ、殺人を行ったシーンがありました。こんな舌を絡めるキスとは天地の差、私は淡いキスを好みます。でも坂上香織、美しかったです。好い女優でした。
posted by 三上和伸 at 17:08| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁〜☀〜🌓🌟 世界亀の日 2021.05.23

アメリカの非営利団体・American Tortoise Ressueが2000年に、今日5月23日を亀の日と制定しました。「亀に関心を向け、知識を深め、敬意を払い、亀の生存と繁栄のための人間の行動を奨励する日」と訴えています。亀はカミツキガメなど凶暴なものもいますが、大半は善良な生き物です。亀の繁殖や生存に関わる砂浜海岸の清掃や保存など、そして海洋ゴミを出さない努力など、人間がやらなければならない事が沢山あります。
posted by 三上和伸 at 07:48| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

前奏曲 ☂〜☁〜☁🌓☆ 国際生物多様性の日 2021.05.22

1994年の「生物の多様性に関する条約」締約国会議で制定されました。国際デーの一つとされます。生物の多様性が失われつつあることを憂い、それに纏わる人々の認知を広めるために国際連合が制定した記念日です。

気候変動によって、様々な生物が絶滅の危機に陥っており、それを防ぐ意味においても、生態調査が重要な役目を負っています。どんな小さな生き物でも、一種残らず未来に繋がるように、私達が見守って行かなくてはなりません。多くの人類が生物の多様性を知る必要があります。
posted by 三上和伸 at 08:12| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 2021.05.22

昨日は多忙で、書き損じましたが、昨日は二十四節気の小満で、七十二候の蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)でした。蚕が桑を盛んに食べ始める時候となりました。小満とは、陽気が盛んとなり、花は実となり、天地に最初の満足が訪れる意味を持っています。小さな実りの季節を言うのです。そして田植えの季節を示唆しています。
posted by 三上和伸 at 07:02| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

間奏曲「かわいいがっきー」、逃げ恥婚、株価にまで影響 2021.05.21 

「かわいいがっきー(可愛いガッキー)、河合楽器」、「星野リゾート」、逃げ恥婚のお陰で、両社の株価が上昇しているそうです。株価など、全く興味の無い私ですが、ガッキーと源は好きなので、改めて、逃げ恥婚の人気の凄まじさに恐れ入った所でした。何か!嬉しいですね!、他人事とは思えません。二度と現れないであろう素晴らしいドラマ、素晴らしい女優、あの元アメリカ駐日大使キャロライン・ケネディーさんもファンだったそうで、ガッキーは世界に通用するアクトレスですね。ガッキー\(^o^)/
posted by 三上和伸 at 21:49| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

終曲 「逃げ恥」狂想曲、一昼夜、世界を駆け巡る インパルスも空を💛で 2021.05.20

昨日の夕方に発表された新垣・星野の結婚報告、TBSが悪乗りして各ニュースショーで話題を盛り上げていました。まあ、大谷フィーバー同様に、コロナ禍の世間に明るい話題を提供してくれました。微笑み!感謝です! でも総じて、世の男性は不機嫌でしたね。星野に渡すぐらいなら俺の方が好かろうにと…。数々の女優が私達の前を通り過ぎて行きましたが、好い女・新垣結衣はどうなるのでしょうかね? 逃げ恥で最高潮になったあのみくりの微笑みが、もう無くなるのは余りにも淋しいですね。活躍は細くなるでしょうが、どうか吉永小百合のように末永く姿を魅せて欲しいですね。

ブルーインパルスも空に描いたハートのマークを、二人に当て込んで、過去のものと断った上でネットに載せてくれました。世に明るい画像をプレゼントしてくれました。感謝です。
posted by 三上和伸 at 23:06| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽歳時記19 クララ・シューマンの忌日 2021.05.20

19世紀のドイツの女流ピアニスト。若き日は、モーツァルトやベートーヴェンを得意とし、R・シューマンと結婚してからは、シューマン演奏の権威となりました。シューマン亡き後、年下のブラームスと盟友となり、19世紀ドイツ音楽の黄金期を創りました。巨匠性のF・リストなどとは対極にある良識派の当代随一の名ピアニストでした。辣腕のピアニストであったブラームスでさえも、「クララは手の筋肉と関節の柔らかさ、それに指の腹の弾力が凄い、私などとても敵わない、素晴らしい音を紡ぐ」と言わしめた無敵なピアニストでした。

クララは1819年の9月13日にドイツ(ザクセン王国)のライプツィヒで生まれました。父親は高名なピアノ教師のフリードリヒ・ヴィーク、母親は歌手でした。娘クララの才能に目をつけたヴィークは、娘を売り出して一儲けしようと企み、執拗にピアノを学ばせ、一世一代の女流ピアニストに育て上げました。クララは、5歳からピアノを始め、9歳でゲヴァントハウスでモーツァルトのピアノ協奏曲のソリストを努めました。それからは多くの貴族や知識人、それに芸術家の前で古典の名曲を弾き、あの最晩年のゲーテもクララのピアノのファンでした。その頃、シューマンが住み込みで、ヴィークの弟子になり、毎日クララと顔を突き合わせていました。当然、恋が芽生え、ヴィークに反対されても恋を貫き、父と裁判で争っても、それに勝ち、二人は結婚したのでした。クララ二十歳、シューマンが三十歳の時でした。

結婚後のクララは相次いで妊娠をし、8人の子の母親になりました。それでもその合間を縫って演奏活動をし、家計を助け、超多忙な生活を送っていました。やがて夫のシューマンの精神が病み出し、不安な日々が続きました。その時、シューマンとクララの前に若き(20歳)ブラームスが自作を携えやって来ました。クララは夫と共にブラームスのピアノ(ピアノソナタなど)を聴き、強い感銘を受けました。シューマンの作曲はどちらかと言うと、産みの苦しみで悶えるタイプで、クララは「作曲とは苦しみの中で産み出されるもの」と理解していましたが、ブラームスは歓喜を持って易々と曲を創り出していました。クララもシューマンも、これこそが天才であると悟り、ブラームスに希望を見い出し、ブラームスに肩入れして行くのです。

シューマンの死後、クララとブラームスは親しい関係になりました。それが何処まで上り詰めたかは確証がありません。精神だけかも知れないし、肉体もあったかもしれない。でもそんな事はどうだって良いでしょう。私が思うには、この交友はクララが死ぬまで続いたのですから、最早家族同然と言って良いでしょう。男女の関係があったとしたら、家族ぐるみの付き合いなんか出来なかった事でしょう。そしてクララが最も愛していたのが残されたシューマンの作品たちでした。シューマンのピアノ曲はクララへの愛が封印されています。それを真から知っていたブラームスは、恋愛感情だけでなく、この夫婦に、深い尊敬の念も持ち合わせていたのです。1896年のこの日、クララはフランクフルトで没しました。ブラームスもそれから一年後にクララを追うようにウィーンで死にました。ブラームスの音楽にはクララの声が木霊しています。音楽とは気高いもの、そうクララは語っています。
posted by 三上和伸 at 22:10| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 東京港開港記念日 成田空港開港記念日 2021.05.20

1941年のこの日、芝浦・竹島両埠頭が完成し、外国貿易港として開港指定を受けました。それまで横浜港に依存していた東京の貨物を、その増大を見込んで、それらを東京で捌くために、大型船が入港できる東京の貿易港が必要となっていたのでした。

増大する海外交流のため、羽田空港が手狭になったようで、何としても新たな東京の国際線空港が必要でした。しかし、千葉県三里塚の地元の住民の意向を無視した空港予定地決定に、激しい反対運動が展開され、警察と過激派ゲリラが対立し流血の事態となり、死者も出ました。連日テレビ中継がなされ、そこには止むに止まれぬこととは言え、愚かな人間の縮図が観えていました。お上風を吹かせた国、地元民の困惑に乗じた過激派、イデオロギーの対立、本当に情けない有様でした。それでも1978年のこの日に、成田空港は開港しました。僅かな海外旅行の一つで、私はこの空港を利用し、ヨーロッパへ渡りました。成田発フランクフルト行きのルフトハンザ航空機でした。素晴らしいヨーロッパの旅、全ての関係者のお陰でした。
posted by 三上和伸 at 11:26| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁〜☂ 世界計量記念日 2021.05.20

頻りとメジロが鳴いています。その聞き做し(ききなし)は「チョーベイ・チューベイ・チョーチューベイ」としています。聞き做しとは「ホーホケキョ(ウグイス)」「トッキョキカキョク(ホトトギス)」のようなもので、音を言葉で表したものです。これから☂が降ります。

1875年のこの日、フランス政府の提唱により、「メートル条約」が欧米17か国間で締結されました。後の2000年に、締結125年を記念して、「世界計量記念日」が実施されました。

世界で共通して使える単位としてメートル法の使用を決めました。長さの単位をメートル、質量の単位をキログラムと基準しました。メートルは、北極点から赤道までの子午線の距離の1000万分の1を1メートルとしました。質量はメートルを基準として、1立方デシメートルの水の質量を1キログラムと定めました。現在では、アメリカ合衆国とミャンマーを除いて、他の全ての国がメートル法を使用しています。
posted by 三上和伸 at 08:14| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

今日の出来事 みくり(新垣結衣)平匡(星野源)結婚! あんた何処の馬の骨! 2021.05.19

ドラマの中でみくりと平匡が、みくりの実家の前でみくりの親に、「私と津崎さんは結婚する」と宣言した時、家の陰から飛び出し「あんた誰!何処の馬の骨!」と捲し立てた百合ちゃん、結婚発表のこの期に及んで「すいません、びっくりして、鼻血が出そうなんですけど」と、結衣と源の結婚の報告を祝福していました。

私も百合ちゃんと同様に星野源に「何処の馬の骨、共演者に手を出して、結衣を幸せに出来るの!」と詰め寄りたかったですね。齢70にして出会えた真のアイドル結衣、勿論、祝福していますが、悔しさ半分、絶望半分、これから私、誰をアイドルにすべきか、激しい喪失感に苛まれています。

思い返してみれば、あの「逃げ恥」と言うドラマ、出来過ぎていましたよね。正にこの二人にしか出来ない迫真の演技でした。決してギラギラ煮え滾らず、控えめながら静かに愛を潜行させて行きます。みくりの愛の閃きが、徐々に平匡の心を溶かし、平匡の愛を誘い出して行きました。あの目新しい愛の展開は見事に壺に嵌り、大ヒットを勝ち得たのだと思います。今回、それと同じような事が現実の二人の間で起こったのです。仕掛けたのはどちらか判りませんが、その愛の誘いにどちらかが、見事に落ちて仕舞ったのでした。

新垣結衣はこれまでのドラマで、その相手役の男優から愛されていたそうです。ひと芝居をこなせば十中八九、男優は結衣にぞっこんとなり、恋して仕舞ったそうなのです。それほど結衣は愛らしく魅力ある女優でした。されど結衣は真面目な性格、浮ついた男優など物の数ではありません。ジャニーズなど相手にしなかったのでした。そんな頃、一人の実力ある真面目な男が現れたのでした。それが星野源です。結衣32歳、もう潮時と考えたのです。これを逃せば結婚は当分先…、結衣は思い切りました。
posted by 三上和伸 at 20:15| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁〜☂〜☁☽☆ ボクシングの日 2021.05.19

北東寄りの風、気温は下がりました。鬱陶しい灰色の雲、時折小雨が降ったり止んだりしています。夜まで、こんな調子の天気でしょう。深夜には晴れる見込みです。

今日はボクシングの日。1952年のこの日、日本のボクサー白井義男が世界フライ級チャンピオンのダド・マリノ(アメリカ・ハワイ)を破って日本人初のボクシング世界チャンピオンになりました。

ノーベル賞の湯川秀樹(1949年)、水泳世界記録の古畑広之進(1949年、400m/800m/1500m世界記録)、そしてボクシング世界チャンピオンの白井義男、戦後の希望の灯となりました。
posted by 三上和伸 at 09:54| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

私の歳時記 阿部定、愛欲の果てに愛人を殺す(阿部定事件) 2021.05.18

1936年(昭和11年)のこの日、世間をあっと言わせ、好奇の目が注がれた事件がありました。嘗て芸者や娼婦をしていた神田出身の阿部定が、中野の鰻屋「吉田屋」で仲居をしていたところ、主人の石田吉蔵と好い仲になり、情交を重ねていました。性交の最中に首を絞められることに快感を覚えた吉蔵の首を定が腰紐で絞め上げていたところ、果たして吉蔵が意識を失いました。絶頂感の中、興奮した定は尚も首を絞め続け、吉蔵は絶命しました。定は吉蔵を心身とも深く愛していたようで、他の女にその吉蔵の一物を使わせたくなく、その一物を体から刃物で切り離しました。その陰茎と睾丸を包装紙で包み持ち帰り、そのまま逃走し、品川まで逃げたそうです。20日に逮捕され、定は正直に事の経緯を述べたそうです。数年後、定は恩赦で出所します。結婚もしたそうです。

正に定は魔性の女ですが、男の関わりなくして定はここまで性に溺れることはなかったでしょう。深い男女の性愛にも、留めるところはあるのです。本当の男女の交わりには、精神と肉体のバランスが大切です。性は生殖のためにあるのです。もっと性を科学的に観て、誇りを持って生きましょう。

大島渚の「愛のコリーダ」はこの事件を基にしています。
posted by 三上和伸 at 21:01| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 我がコロナワクチン接種予約受付の内幕 2021.05.18

日本のコロナ禍も今やギリギリのところまで来ています。相変わらず、新規感染者は増減を繰り返し、一向に収束には向かってはいません。私も同じですが、休業を余儀なくされている方は、報道に表されている以上に膨大な数に上っている事でしょう。早く自由な就業(営業)が出来る世の中になって欲しいですね。それには何としてもワクチン接種が最良の方策と言えます。ワクチン接種者が一定数値の割合を超えれば、自由に移動が出来、営業も可能になるに違いはありません。観戦・観劇・旅行も思う存分に出来るようになるでしょう。昨日、私は2回打つワクチン接種の予約を完了させました。2回のワクチン接種が終ったならば、半年間、休んでいた仕事を再開したいと思っています。その時点で私は、うつらず、うつさない体になっているでしょうから…。思い切って仕事に励むことが出来ます。70歳過ぎた私でも、仕事がしたいのです。

午前8時50分にスマホの前に陣取り、0120-045-112の番号をリダイヤルにして、朝9時から掛け捲りました。協力してくれる妻は妻のスマホでネット検索、同時に家電(いえでん)で上記の番号にリダイヤル掛け捲り、我が家は三方攻めで、私のワクチン接種予約受付獲得を狙いました。

ところが妻のネット検索に不具合が…。検索中にスマホがフリーズ(凍結)してしまったのでした。二進も三進も行かなくなり、ネット検索獲得は諦め、ひたすら2本の電話で攻め込みました。「只今、繋がり難くなっています。また掛け直し下さい!」のコールを聞きつつ、1時間半が経ち、私も妻も疲労で辟易していましたが、私がサボってお茶やお煎餅で休憩している最中、怒った妻がシッチャカメッチャカ掛け捲っていましたら、電子録音音声で、繋がったのでした。「暫くお持ちください」を何十遍も繰り返し聴かされた後、その家電(いえでん)からは突然、男の人の声がしました。「お待ちどう様でした。お疲れさまでした。繋がりました。ワクチン接種の件ですね。…、…、…」と応答が始まり、無事ワクチン接種予約が目出度く完了したのでした。妻と私、ホッとしましたね。

こんな苦労、どうしてしなきゃならないのかしらね。自転車操業の行政の所為?、無能な政治家の所為? 可愛そうですが、そのようにしか観えません。

posted by 三上和伸 at 13:34| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅〜☀〜☁🌂 国際親善デー 国際博物館の日 2021.05.18

メジロ・シジュウカラ・ウグイスが鳴いています。今日はこれから晴れ間が出る予報がされています。少し陽が射して来ました。南寄りの風、気温は20℃以上、湿度は80%以上、蒸し暑いですね。私は昨日からTシャツになりました。

*国際親善デー
1899年のこの日、ロシア皇帝ニコライ2世の提唱で、オランダのハーグで、第1回平和会議が開かれたそうです。日本を含む26カ国が参加し、「国際紛争平和的処理条約」や「陸戦の法規慣例に関する条約」などが結ばれました。日本は1931年から実施されています。

*国際博物館の日
国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定し、翌年の1978年から実施しました。日本は日本博物館協会が主体として、2002年から参加しています。

*18リットル缶の日
18リットル缶、即ち一斗缶は、昔、5ガロン缶と言われていたそうです。それが18リットル缶に統一されたのを記念して、5月(5ガロン)18日(18リットル)の語呂合わせで、この日を18リットル缶の日として、全国18リットル缶工業組合が制定しました。それでも現在は工業樹脂で出来た18リットルタンクを使っています。18リットル缶、もう、死語の領域にありますね。


posted by 三上和伸 at 08:23| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

間奏曲 コロナワクチン接種、予約完了 2021.05.17

朝9時から電話を始めまして50数回、10時30分に漸く電話がつながり、11時前に予約する事が出来ました。苛立つ事1時間半、繋がり応答して、日時を決め、後は接種に行くのみとなりました。密を避ける意味で、待ち時間なしにお願いされ、定刻に到着しなければならないようです。
接種券、予診票、身分を証明する証書(保険証等)を持参の上、お薬手帳も持って行くと良いようです。お陰様で予約完了しました。

一部を除いて、長らく仕事を休んでいましたが、最終接種後、調律の仕事に出ようと思っています。
posted by 三上和伸 at 11:08| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁〜☂ 世界電気通信及び情報社会の日 2021.05.17

重苦しい雲が垂れ籠めています。何時雨が降っても可笑しくない空です。やや強い南寄りの風、湿度は100%近く、正に鬱陶しい朝です。

私が住む横浜市も愈々コロナワクチン接種の解禁となりました。今日9時から予約受付が始まります。妻がスマートフォンで試してくれると言っていますが、私は私で電話予約をするつもりです。まあ初日ですから、果たして通じるか否か?、判りませんがやってみるしかありませんね。

国際電気通信連合(ITU)が1973年に「世界電気通信の日」として定めました。これは、1965年のこの日に、万国電信連合が発足したのを記念したからです。2005年11月の国連総会の会期中に開かれた世界情報通信サミットにおいて、同じ5月17日を「世界情報社会の日」とする事が決議され、採択されたために、翌2006年のITUの全権大使会議に於いて、2つの国際デーをあわせて「世界電気通信および情報社会の日」とする事が決定されたそうです。
posted by 三上和伸 at 08:26| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

私の歳時記 慶応4年5月16日(1868年7月5日)、中外新聞の上野彰義隊事件の号外は日本初 2021.05.16

慶応4年5月15日に、幕末の江戸で、唯一の明治政府軍と幕府軍(彰義隊)の戦いがありました。一日で決着し、彰義隊は破れました。彰義隊の根城であった上野寛永寺も攻め込まれましたが、幕府の菩提寺・寛永寺だけは残りました。されど境内の多くは明治政府に没収され、現在は美術館に博物館、それに上野恩賜公園になっており、その一角に上野動物園があります。江戸城を始め、上野寛永寺までも明治政府のものになりました。

この彰義隊の上野戦争の戦況を報じたのが中外新聞で、「別段中外新聞」として、翌日の5月16日(1868年7月5日)、日本で初めてとなる号外を発刊しました。日本のジャーナリズムの新たな出発となりました。

この上野戦争で、従軍の医療部隊で活躍したのが、架空のドラマですが、「jin・仁」の咲(綾瀬はるか)でした。咲は大怪我をし、破傷風となり、生死を彷徨いました。後に明治の世となって、産婦人科医となり、活躍をしました。平成の世で、仁(大沢たかお)は咲の子孫を訪ね歩きました。漸く見つけた咲の子孫、しかしその子孫は咲の子孫では無く、遊女野風(中谷美紀)の子孫でした。咲の文があり、その事情を知った仁は涙を流し、咲への思いを吐露するのでした。私が最も感動したのは、医術でも無く、明治維新の激動でも無く、唯々、美しい咲の恋する心根でした。
posted by 三上和伸 at 22:13| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 性交禁忌の日 2021.05.16

迷信としか思われませんが、性交禁忌の日があると謂れています。チャンとした江戸時代の医学書(平安時代に書かれた医学書の医心方)に載っているものだそうです。この日に性交をすると、3年以内に死んでしまうと言う言い伝えです。5月16日は気の流れの悪い日で、こんな日に男女の営みをするには、日が悪いと言う事だそうです。但し、旧暦の5月16日に当てられていますので、今年では新暦6月24日ですがね。

この日はジメジメした梅雨時です。衛生上、余り勧められないと、当時の医者は思ったのかも知れませんね。汗も出れば、体液も出ます。性病の心配もありですからね。清潔な性の交歓が大切です。
posted by 三上和伸 at 11:49| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁一時☂ 旅の日 2021.05.16

今年は異例に梅雨が早まりそうだと言われています。今年の新暦5月、初夏を4月に奪われた感じですね。今日から梅雨空が覆いそうです。近年稀の冴えない5月となりそうです。ホトトギスはまだ来ていません。

今日は旅の日。松尾芭蕉が奥の細道に旅立った日(新暦1689年5月16日、旧暦元禄2年の3月27日)です。芭蕉は西行に心酔していたようで、西行に倣って奥州(東北地方)を旅したかったようです。

江戸深川〜千住〜日光〜遊行柳〜白河の関〜須賀川〜笠島〜仙台〜松島〜一関・平泉〜封人の家〜尾花沢〜立石寺〜本合海(もとあいかい)〜出羽三山〜酒田〜象潟〜新潟〜越後出雲崎〜市振(いちぶり)〜那古〜金沢〜小松〜那谷寺〜山中〜加賀全昌寺〜色の浜〜敦賀〜大垣

この日を記念して、日本旅のペンクラブが1988年に制定しました。旅、素敵ですね。日本人の旅行ブームは、この時より始まったようですね。昔から紀行文はありましたが、街道などが整備された江戸時代から、庶民が旅行をしようと意欲を燃やし始めたようですね。
posted by 三上和伸 at 08:34| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

私の歳時記 沖縄復帰記念日 2021.05.15

1971年6月17日に、宇宙中継に依って結ばれた沖縄返還協定が、1972年の5月15日の午前0時をもって発行し、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還されました。沖縄県が誕生したのでした。しかし、多くの米軍基地が残り、それは全土の12%を占めているそうです。日本の安全保障の問題、辺野古の基地問題、沖縄は何時までも貧乏くじを引かされています。
posted by 三上和伸 at 22:53| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 竹笋生(たけのこしょうず) 2021.05.15

今日は二十四節気・立夏の中の最後の七十二候の竹笋生(たけのこしょうず)です。筍が生えて来るの意味で、春になると先ず孟宗竹の筍が生えて来ます。そして少し時を置いて初夏に、真竹の筍も生えて来るので、この七十二候は時期的には適切と考えられます。孟宗竹・真竹に限らず、私は筍が大好きで、煮物・炒め物・天婦羅など、春の食卓には無くてはならぬものです。三孫に散々聴かせた童話に「ふしぎなたけのこ」があります。たろ(男の子)が筍に乗って海を発見する物語で、筍の美味しさを念入りに紹介しています。この話を聴いた三孫も、筍が好きになりました。
posted by 三上和伸 at 09:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

前奏曲 ⛅〜☁☆ 種痘記念日 2021.05.14

天然痘は痘瘡(とうそう)ウィルスによる感染症で、気道粘膜から感染します。高熱を発し、悪寒・頭痛・腰痛を伴い、解熱後、顔面に発疹を生じ、痘痕を(あばた)を残します。死亡率が高く、昔は危険な病気でした。明智光秀の妻・熙子も天然痘に罹ったようで、痘痕を気にしていたようですが、光秀は意に介さず嫁として貰ったようです。イギリスの外科医ジェンナーが1796年のこの日、知り合いの子どもに種痘を行い、種痘を行なえば感染しない事を証明しました。この時、完全に認められた訳では無かったのですが、ジェンナーは、種痘を行ない続け、次第に種痘の効果を証明して行きました。

これより以前から、一度天然痘に罹った人は二度と天然痘に罹らない事が知られていました。また牛痘(牛の天然痘)に罹った人も天然痘に罹らない事を知ったジェンナーは、牛痘に罹患した女性の腕から採取した水疱の膿を、8歳の少年の腕へ接種を試みました。少年は10日後に発症しましたが軽く治癒し、その後天然痘を接種しても感染しませんでした。ジェンナーはこの時、種痘が天然痘撲滅の切り札になる事を発見したのでした。

伝説では、ジェンナーは自分の息子に種痘を行なったとされていますが、それは間違いで、近所の男の子フィプスくんの腕に種痘を行なったのでした。 WHOにより、1979年の10月末日に、天然痘の根絶が確認されています。

posted by 三上和伸 at 15:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

私の歳時記 芭蕉「夏草や兵どもが夢の跡」「五月雨の降り残してや光堂」を吟ず 2021.05.13

芭蕉の俳諧紀行文「奥の細道」、それに依ると芭蕉は、江戸深川を春に出発して、元禄2年の5月13日(1689年6月29日)に平泉に達しました。そこで奥州藤原氏の遺構と義経の哀れに触れ、傑作「夏草や兵どもが夢の跡」を吟じ、その後、「五月雨の降り残してや光堂」を発句しました。

源頼朝に滅ぼされた奥州藤原氏と頼朝の弟の義経。夏草が蔓延る義経の塚に憐れを想い涙する芭蕉。「夏草や兵どもが夢の跡」、鮮やかに目に浮かぶ絵画的な名句が生まれました。そして雨にも腐らず佇む金色堂の姿に感動し、「五月雨の降り残してや光堂」を吟じます。その堂の中には藤原四代のミイラが保存されています。諸行無常と不滅の相反する混沌が、二つの句に凝縮されています。芭蕉の無常観と永遠への憧れが感じられる二つの句です。
posted by 三上和伸 at 21:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 戸塚区名瀬町蛇騒動 2021.05.13

戸塚区名瀬町と言えば、隣り町ではありませんが、我が家からは比較的近い地域です。戸塚・横浜の両カントリークラブや横浜市自然公園(万騎が原大池)が間近にある自然が豊かな地域です。こんな地域に体長3.2mの巨大蛇(アミメニシキヘビ)が逃げ込んだら、見付けるのも難しそうです。毒が無く、比較的おとなしい性質の蛇だそうですが、その大きさに問題があります。不意に咬まれたり、長大な胴で巻き付かれたりしたら大変です。巨大蛇の食性は待ち伏せ型、主に哺乳類を胴で締め上げ、窒息死させてから丸呑みする方式です。疲れを知らない体をしている蛇ですから、一度巻き付かれたら、絶対に放してくれません。幼児やペットが襲われる危険があるのです。 
posted by 三上和伸 at 11:50| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂〜☁☂〜☁ メイストームデー(5月の嵐の日) 2021.05.13

梅雨前線が北上して、梅雨の走りのような雨が降っています。このため、沖縄は晴れて梅雨明けのムードが漂っています。今年の天気は圧倒的に早く進んでいます。もし梅雨が早めに終われば、灼熱の盛夏が長く続く事になります。熱中症が増大する可能性があります。適度に冷房を使って乗り切りましょう。

バレンタインデー・ホワイトデー・オレンジデーの次が今日のメイストームデーなのだそうです。八十八夜が終ったばかりですが、八十八夜の別れ霜だそうで、今日の5月13日は、バレンタインデーから88日目で、別れ話を切り出すには打って付けの日なのだそうです。五月の嵐、皆さん、気を付けましょう。
posted by 三上和伸 at 09:04| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

今日の出来事 大谷・三刀流、怪物の証明 2021.05.12

大谷翔平がヒューストンのアストロズ戦で、投手・DH・外野手の三ポジションをこなし、”リアル三刀流”を実現しました。投手として勝ち星は付きませんでしたが、7回被4安打、10奪三振、被ホームラン1の1失点で投げ終え、打者として4打数1安打とし、8回裏にライトを守りました。”リアル三刀流”、こんな事が許されるのは、特別な事、大谷は大リーグで特別の存在になりました。後は数字を積み重ねるだけ、10勝、300奪三振、30本塁打、100打点、打率:300、盗塁30個。
posted by 三上和伸 at 20:26| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 ナイチンゲールの日 2021.05.12

1820年のナイチンゲールの誕生日に因んで、この日を赤十字社がナイチンゲールデーと制定しました。この日5月12日は、正にナイチンゲール一色の一日で、国際看護師の日、看護の日、慢性免疫神経系疾患世界啓発デー(ナイチンゲールも患者だった。ブルセラ属の細菌の感染による人獣感染症)も合わせて記念日になっています。

フローレンス・ナイチンゲールは近代看護教育の母と言われるイギリスの看護婦(師)で、クリミア戦争に従事し、敵味方関係なく看護する鉄の意志の持ち主でした。「クリミアの天使」とあだ名され、一躍名声を馳せました。ところがその後は、看護師としての活動は短く、看護教育家として活躍します。病院設立や看護学校設立をする企業家としての活動や、統計学者としての医療衛生改革を成功させました。

私も数回の入院生活を送りましたが、何より頼りになるのが看護婦さんの存在でした。優しい白衣の天使・看護婦さん、その大元がナイチンゲールでした。
posted by 三上和伸 at 08:55| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 ☁〜☀〜🌟 旧暦卯月の朔 2021.05.12

今日は旧暦卯月(4月)の朔(1日)です。今のところ薄日が射しています。午後は晴れの予報が出ています。旧暦では、4月(初夏)・5月(仲夏・梅雨)・6月(盛夏・晩夏)が夏です。今年の初夏は、天候が今一つです。一年で最も清々しい季節なのですが、雲が多めですね。弥生の天気が良すぎたのかも知れません。晴れた日が多く、異例とも言える程に横浜から富士山が良く観えた弥生でした。それでもここのところは南海に梅雨前線が屯し、湿度が上がり、空気が重くなっていました。月と山は観えませんが、今は初夏の花・ヤマボウシ(写真はライブドアブログで)が美しいです。初夏の名花ですね。
posted by 三上和伸 at 08:11| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

前奏曲 ☁ 朔太郎忌 2021.05.11

天気は下り坂のようです。梅雨前線が北上するようで、雲が多いです。どうやらカラスも活動を開始したようで、裏山はカラスの鳴き声で満ちています。シジュウカラ・ウグイスと混じって微妙な音の景色が広がっています。ホトトギスはまだ来ていません。

「日本近代詩の父」と呼ばれる詩人萩原朔太郎の忌日です。1942年(昭和17年)の5月11日に亡くなりました。

有名な処女詩集「月に吠える」は自費出版だったそうで、母親に頼んで、父から¥300(現代では190万円ほど)を引き出していたそうです。生れは良かったようです。その金で、鎌倉の旅館・海月楼(現在は無し)に泊まり編集作業をしたそうです。「月に吠える」は売れたそうで、再販を求めるファンからの手紙が溢れたそうです。
posted by 三上和伸 at 08:21| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

今日の出来事 奄美大島・徳之島・沖縄北部・西表島、世界自然遺産候補に 2021.05.10

遅きに失していましたが、とうとう、奄美大島・徳之島・沖縄北部と西表島が世界自然遺産に決定する事が判りました。絶滅危惧種が多くあり、生物多様性の際立つ地域です。1993年の白神山地・屋久島、2005年の知床、2011年の小笠原諸島に次いで、5個目の世界自然遺産になります。目出度い事です。
posted by 三上和伸 at 21:11| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 ☀〜🌟 旧暦弥生の廿九 蚯蚓出(みみずいずる) 2021.05.10

旧暦も愈々弥生が終わりに近づいて来ました。明日が弥生の晦で、明後日が卯月の朔となります。暖かくなり、生命の躍動する季節となりました。今日は5月10日、七十二候では蚯蚓出(みみずいずる)です。ミミズは古くから土を耕し、有効な耕作土を作ると言う認識が世界各国でありました。日本では「自然の鍬」と呼ばれ、古代ギリシャのアリストテレスは「大地の腸」と言っていました。晩年のダーウィンはミミズの研究をしていたそうです。腐葉土を分解し、多くの微生物を発生させ、養分の無い岩石を有用な土に変える事を発見したのだそうです。
posted by 三上和伸 at 10:30| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

私の歳時記 ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーの忌日 2021.05.09

ドイツの思想家にして歴史学者で劇作家でもある詩人シラーは、1805年のこの日に亡くなりました。丁度音楽家のハイドンやモーツァルト、そしてベートーヴェンと重なる時代に活躍しました。自由を求める不屈の精神が、シラーの作品の根底に流れており、ドイツ国民の精神生活に多大な影響を与えた詩人でした。ゲーテと並んで尊敬されているドイツが誇る大芸術家です。

ベートーヴェンの第9の「歓喜の歌」の原詩や、ブラームスの「ネーニエ」の詩でもお馴染みの詩人です。私は「ネーニエ」の詩、大好きですね。ブラームスの名曲14「ネーニエ(哀悼歌)」に、その詩が載っています。
posted by 三上和伸 at 21:40| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 芭蕉、松島で句作れず 2021.05.09

1689年の5月9日(新暦6月25日)に松島に到着した芭蕉でしたが、その景色の素晴らしさに幻惑され、句が作れませんでした。人間、余りに美しく素晴らしい対象に出合うと、脳が麻痺し、何も語れなくなる時があります。芭蕉は予め用意していた言葉がこの景色に適切でなく、無理に句を捻り出すことに躊躇したようです。賢明な判断だったと思われます。インスピレーションは天から降って来ます。俳句は即興芸ですから、目が眩んで何も出来ない事があります。駄作を作らずに済みました。
posted by 三上和伸 at 20:35| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁〜☀〜🌟 ヨーロッパ・デー 2021.05.09

風は強いですが、9時過ぎからは晴れて来ました。明日・明後日まで好天が続くそうです。

ヨーロッパ・デーは、欧州連合(EU)の欧州理事会が1985年に制定しました。それに先立って1950年のこの日、フランス外相のロベール・シューマンが石炭・鉄鋼を各国で共同管理する欧州石炭鉄鋼共同体の創設を提案したのでした。これがEUの前身であり、ヨーロッパ・デーの事の始まりとなりました。
posted by 三上和伸 at 11:05| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

今日の出来事 日本列島・桜前線完了、蝦夷山桜最北開花 2021.05.08

気象庁は、今日の8日、北海道の稚内市と釧路市で、蝦夷山桜(エゾヤマザクラ・大山桜)の開花宣言をして、2021列島の桜前線が完了したと発表しました。1月4日の那覇市の緋寒桜(ヒカンザクラ・カンヒザクラとも言います)から4カ月と4日で、列島を縦断しました。北海道最北の地は染井吉野は無く、山桜よりも大型でピンク色の濃い蝦夷山桜を標本木にしています。
posted by 三上和伸 at 22:18| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲76 歌曲「真珠のネックレス」Op.57-7

「真珠のネックレス」 詩:ゲオルク・フリードリヒ・ダウマー
きみの首にかけられた
真珠のネックレスは、
きみの美しい胸の上で、
なんと楽しげに揺れていることよ!

心情と官能を与え、
悦楽で陶酔させる、
この世ならぬ快楽なる胸よ!

このような胸に心地よく
抱かれることが
われに許されるときには、
こんな熱い人の情けが
どのような胸にときめくかを、
なぜ真っ先に感じなければならないか。

恋人の豊かな胸に架けられた真珠の首飾り、ピアノの左手の伴奏に胸のイメージを持たせ、右手の細かい音粒を真珠に見立てています。呼吸の度に胸は上下し、首飾りの真珠が揺れます。正に官能的光景であり、男は恍惚と陶酔させられます。首飾りと同じように、この胸に抱かれたい、男の永遠の憧れ、ときめく胸を持つ女性。
posted by 三上和伸 at 21:27| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲75 歌曲「時には穏やかな光が輝く」 Op.57-6 

「時には穏やかな光輝く」 詩:ゲオルク・フリードリヒ・ダウマー
この顔から時折穏やかな光が
わたしのほうに向かって輝くけれど、
ああ、だが愛を示す表情が
わたしたちの心を破りそうになる。
楽しくなるために、愛が求めるものを、
この眼差は明かしてくれないのだ。

相手の思わせ振りな表情を読んで、その微妙な心の動きと屈折した感情が僅かな猜疑心を生みます。もっと平易で確かな愛を明かしてくれれば好いのだけれど…。されど、その詩の意味合いからは程遠い、ブラームスの優しい音楽が流れます。少し不満やわだかまりがあるけれど、惚れたわたしの弱みか、優しく許してしまうのですね。恋は不平等です。


posted by 三上和伸 at 20:51| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀〜🌟 世界赤十字デー 2021.05.08

初夏らしい清々しい朝です。現在の気温は17℃内外です。今日・明日の土日は、好天に恵まれますね。ここのところ、日がな一日、小鳥のさえずりが聴こえています。花鳥風月の内の花と風と鳥が初夏の代表的風物ですね。窓を開き、風を感じ、小鳥の声を聴く、気が向けば、庭に出て、花を愛でる、好いですね初夏、今望むのはあの武者たちに愛された鳥・時鳥のお出まし、毎年この時期、今か今かと待ち侘びている私です。

今日はスイスの実業家・アンリ・デュナンの誕生日です。YMCAの肩入れや赤十字社の創設など、キリスト教を背景にした慈善事業で、第1回のノーベル平和賞を受賞した人です。名門の出の長男、しかし学業不振で、家庭教師で教育を授けられました。銀行員から出発したそうですが、後に偉大な慈善事業家になりました。今日はアンリ・デュナンの誕生日に因んで、世界赤十字デーです。
posted by 三上和伸 at 08:33| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

音楽歳時記18 ブラームスの誕生日 2021.05.07

19世紀のロマン派にして新古典主義者の作曲家ヨハネス・ブラームスは、北ドイツのハンブルクに生まれました。ベートーヴェンが死んでから6年後の1833年の5月7日の事でした。ブラームスのルーツは、ハンブルクより更に北の町ハイデにあったとされます。ここはデンマークのユトランド半島の付け根に当たる所で、正にドイツ低地の湿原地帯にありました。北海の怒涛や風、湿原の霧や雨に花の香、そして鬼火、そんな自然の荒野がブラームスのルーツです。勿論大都会ハンブルクの貧民街で生まれたブラームスですから、年中、湿原を訪ねたりはしていませんが、祖父の故郷ハイデは時より訪ねた事でしょう。ブラームスの音楽には、ここ低地ドイツの香りがします。(写真やどなたかの旅行記でしか知り得ませんが…)

人種的には勿論ドイツ人でしたが、ブラームス(Brahms)の名からして、その祖先にはユダヤやケルトの血が混ざっていたと思われます。宗教はルター派のプロテスタントで、生まれて直ぐに洗礼(聖ミカエル寺院)を受けました。そして聖書を与えられ、それは生涯のバイブルとなりました。敬虔なと言うよりも、科学的な猜疑心で宗教を考え、闇雲な信仰はありませんでした。冷静沈着な宗教心で、聖書から多くの言葉を選び、楽曲のテキストとして使いました。聖書はブラームスの思想と人間性の大半を形作ったと思われます。

金髪で青い瞳、背は低かったようですが、その美男降りは有名で、後年の厳つい髭親父とは全く別人の趣があります。大変にモテたそうで、次々と恋はしましたが、老年の母親を持つ身のマザーコンプレックスからか、結婚は出来ず仕舞いで、ベートーヴェン同様に、ブラームスの血は残せませんでした。まあ、一族唯一の天才として、決定的な成功を修めたのですから、良しとしましょうかね。

貧乏なコントラバス奏者の長男として生まれ、父親から楽才を認められ、貧乏ながらも、優秀な教育者を見付けて貰い、最上の教育を施されました。10歳代でピアノ技法を極め、演奏会にも出ていました。興行師にも目を付けられ、スカウトもされ、アメリカに渡る話もありました。しかし、それを師匠に止められ、作曲法も学び始めました。ソナタ・ヴァリエーション・フーガなどの古典を学び、対位法を極め、折り紙付きのプロの作曲家に成長しました。孝行者で、貧しいブラームス家の家計の一部を、歓楽街のピアニストのアルバイトで補いました。そこは煙草の煙と酒の匂い、そして游女の誘惑もありました。美男子だったブラームス、女が放ってはおかなかったはずです。
posted by 三上和伸 at 21:52| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽歳時記17 ベートーヴェン第9初演の日 2021.05.07

7年の歳月を掛けて完成したベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調「合唱付き」Op.125が初演されたのが、1824年のこの日です。

ベートーヴェンの交響曲は奇数番号(3番・5番・7番・9番)が英雄的(男性的)な作風で、偶数番号(4番・6番・8番)が牧歌的(女性的)な作風を示しています。しかも、5番(67)・6番(68)と7番(92)・8番(93)の作品番号が隣通しで、対で作曲された形跡があります。男(英雄的)と女(牧歌的)がペアを成して、故意に硬と軟に分けられて作曲されたのです。

最後の硬(第9)と最後の軟(第10)を書こうと思っていたはずですが、第9と同時に大曲の「ミサ・ソレムニス」を作りかけていたベートーヴェンには、もう第10を書く余裕はなく、第10はミサ・ソレムニスに代わってしまったのでした。

第9を書く時点で、自らの最高傑作は「英雄」と称していましたが、それよりも尚素晴らしい、第9を完成させました。第9こそ、あらゆる交響曲の最高の傑作、高らかに世界平和を歌う別格の人類の宝です。
posted by 三上和伸 at 20:54| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅〜🌟 世界エイズ孤児デー 2021.05.07

沖縄・奄美は梅雨入りとなりました。関東もあとひと月余りで梅雨に入ります。春は終り、愈々夏の初めの初夏ですね。日本の夏は三つ乃至四つに分けられます。先ず初夏、次が梅雨、そして盛夏ですね。月遅れ盆が過ぎれば、秋の虫が鳴き出し、夏の最後の名残りの季節となります。晩夏ですね。

初夏は春でも無く、夏でも無い、寒くも無く、暑くもない、丁度良い季節です。薄着で散歩が出来る季節ですね。これに並ぶ季節と言えば中秋ですかね。夏には余りよく観えなかった月が良く観えるようになります。初夏の今は月は良く観えませんが、鳥が鳴いています。ウグイス・メジロ・シジュウカラ、そしてもう直ぐホトトギスも啼くでしょう。今朝は気温・湿度とも高目です。時より薄日が射すくらい、太陽は少し控えめですね。

*世界エイズ孤児デー
エイズ孤児とは、両親乃至片親をAIDSで失った子供(孤児)を言い、またHIV感染及びAIDS患者の孤児そのものを言う場合もあるそうです。世界のHIV感染者・AIDS患者は4,200万人もいるそうで、その大半がサハラ砂漠以南のアフリカ諸国にいるそうです。世界のエイズ孤児数は1,300万人もいるそうで、毎年7万人の孤児が発生しているそうです。エイズ患者は当然ながら青年・壮年の保護者層が多く、死亡しています。その結果、多くの孤児が発生しているのです。そしてアフリカの貧困の原因になっているのです。

エイズに感染している孤児は母子感染が多いそうです。それに加え未成年者のセックスによる感染もあるようです。少女婚姻、人身売買などの売春による感染が報告されています。2002年に、ニューヨークで、国連子ども特別総会が催され、エイズ問題の関心を高める意味で、世界エイズ孤児デーを宣言したそうです。性教育の大切さを教えられます。
posted by 三上和伸 at 08:25| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

間奏曲 落ちぶれ日本、何故ワクチンが出来ない! 2021.05.06

私もそうですが、仕事にならないコロナ禍、町の多くの商店が疲弊しています。私は好いですよ、年金受給者ですから、しかし、営業をしなければ食べていけない飲食店やその他の接客業の若い皆さんは失業が間近に迫っています。これは我々市民の責任では無く、全て政治の責任です。政治の危機管理の問題です。

ワクチンが何故出来ない? あれだけノーベル賞を受賞している日本が何故ワクチンを作れない? 長く続いた自民党政治が、学問や芸術に金を出さなかったからです。一番、金を使わなければならない教育に金を回さず、忖度や保身に現を抜かした政治が愚かだったからです。死にそうなのに入院できない市民が溢れているのです。何をやっているのだ、管首相!

それを許した野党も腑抜けばかりでした。野党よ何とかしなさい! 食料と同じようにワクチンも外国に頼らなければならない日本、恥ずかしい…、日本沈没ですね!
posted by 三上和伸 at 22:11| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂〜☀〜🌟 国際ノーダイエットデー 2021.05.06

☂は、どうやら止みそうですね。午後は晴れの予報が出ています。少し躊躇っていましたが、洗濯を始めました。

今日は国際ノーダイエットデーだそうです。1992年にイギリスのフェミニスト(女性解放論者)・メリー・エヴァンス・ヤングによって提案されました。5月6日は、ヤングの誕生日です。

肥満によるダイエットのプレッシャーを開放するのが目的のようで、無理なダイエットは精神を病み、拒食症になる恐れがあると説いています。無理なダイエットを止めるように提唱しています。私も過去に何回もダイエットをした事があります。その都度、成功しますが、結局、時が経つと、根っからの食い意地に敗れて、元の木阿弥になるばかりですね。運動と適度な食事、自己管理能力が問われますが、無理なく体重をコントロールする必要はありますね。

BMI値(体格指数)を算出すると好いらしいです。

体重(Kg)÷{身長(m)×身長(m)}=BMI値
   85        1.78    1.78 
これで計算すると私は26.8で、私は「前肥満」だそうです。

BMI      WHO基準
16.00未満=極度の痩せ
16.00〜17.00=中度の痩せ
17.00〜18.50=軽度の痩せ
18.50〜25.00=普通体重
25.00〜30.00=前肥満
30.00〜35.00=肥満(1度)
35.00〜40.00=肥満(2度)
40.00以上=肥満(3度)

女性モデルや女優などは軽度の痩せの方が多いようです。あの大好きな久野真紀子(17.8)も軽度の痩せです。



posted by 三上和伸 at 08:00| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

私の歳時記 薬の日 2021.05.05

私も色々な薬に助けられて生きていますが、今日はその薬の記念日だそうです。推古天皇19年(611年)のこの日、推古天皇が大和の卯田野(うだの)で薬草狩りを催したそうで、それに因んで、毎年この日を「薬日(くすりび)」と定めた故事があるようです。そこで1987年に、全国医薬品小売商業組合連合会が、この日を「薬の日」と制定したそうです。習慣病の薬、膏薬、肌の軟膏、目薬、胃腸薬など人生には多くの薬が役立っています。これもまた、我が人生の守護神ですね。飲むのが面倒臭いですが…
posted by 三上和伸 at 22:23| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 二十四節気の立夏 七十二候の蛙始鳴(かわずはじめてなく) 2021.05.05

立夏は夏の始まり、目に青葉、山不如帰、初鰹。視覚・聴覚・味覚の全てが爽快さを感じさせる季節、春を越えて夏に近づく頃を言います。昔の日本はそこら中に田圃が広がっていました。従ってこの季節になると耳に蛙の声が帰って来ます。鳥や虫と共に蛙も人間にとって懐かしい音と言えます。土地柄によっては河鹿(かじか)のような名歌手もいます。神奈川県に居る蛙はニホンアマガエルが多いようです。以前にはNちゃんYちゃんRくん家の植木にアマガエルが棲んでいたことがありました。
posted by 三上和伸 at 13:37| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 こどもの日・端午の節句 2021.05.05 

Rくんの武者飾り
今日は新暦の5月5日で、こどもの日です。それでも江戸時代の旧暦で考えてみれば、今日は旧暦弥生の二十四、未だ三月なのですね。ですから江戸時代の端午の節句は旧暦皐月の五、今年で言えば、6月の14日なのですね。丁度花菖蒲の咲く時期なのです。それでも新暦の世で生きる我々ですから、今日が端午の節句で、こどもの日です。伊勢原のNちゃんYちゃんRくん家は今日のこの日も我が心付けの鯉幟を飾ってくれたそうです。先ほど、鯉幟の写メールが届きました。風が強いので、如何なものか、もう仕舞っても好い時間ですね。
posted by 三上和伸 at 13:07| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

間奏曲 大谷翔平、モンスターへ驀進中 2021.05.04

昨日の試合で右肘にデッドボールを食らい、今日の登板が無くなりました。残念ながら、投手としての活躍が出来ませんでした。それでもDHのヒッターとして出場し、ホームランと二塁打を打ちました。これでホームランは9号、ア・リーグのホームラン数首位タイとなりました。二刀流での活躍も、打者として打率0.263、20打点、本塁打9本、盗塁6個、そして投手として、3試合、1勝0敗、奪三振23の記録を上げています。怪我だけが心配の種でしたが、体質改善をしており、最早、不死身となりつつあるようです。今後の活躍次第では、イチローに続く、史上最高の日本人大リーガーになるかもしれません。否、絶対なるでしょう。
posted by 三上和伸 at 22:11| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 みどりの日・植物の日・エメラルドの日 2021.05.04

元は昭和天皇の誕生日だった4月29日が天皇崩御と共に、天皇が愛した自然を基に「みどりの日」とされました。その後この日は「昭和の日」と替えられ、みどりの日は飛び石連休の穴埋めに5月4日になりました。適当な変更、どうでも良いけれど、緑が泣きますね。自然も怒ります。昭和天皇も有難迷惑ですね。

緑と言えば植物、我ら動物が生まれ、生存できるのは、植物のお陰です。酸素を放出し、食物繊維とビタミンを提供してくれます。そして花・新緑・紅葉の芸術の基・美もくれるのです。何よりも有り難い、守護神です。

エメラルド、みどりの日のついでに選ばれた宝石です。ブロガーの私は美しい緑をエメラルドに喩えますが、本物のエメラルドなど、手にした事がありません。エメラルドを語る資格など何処にもありません。でも言葉の音が好いですね。エメラルド、エキゾチックです。
posted by 三上和伸 at 19:50| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

前奏曲 ☀〜☀〜⚡☂?〜🌖🌟 憲法記念日 我ら結婚記念日 2021.05.03

また風が強くなって来ましたね。午後には夕立があるかも知れませんね。今日は憲法記念日でもありますが、我ら夫婦の結婚記念日でもあります。プロポーズをした日から約一か年が経過した当たりの1979年の5月3日に結婚しました。今年で42年の歳月が流れました。優しくて能力の高い妻に支えられて、今年もこの日を迎えられました。

結婚40年から44年まではルビー婚だそうで、後3年頑張らないとサファイア婚になりません。サファイア婚(45年〜49年)、金婚(50年〜54年)、エメラルド婚(55年〜)、ダイアモンド婚(60年〜)、碧玉婚(ヘキギョク)・ブルースターサファイア婚(65年〜)、プラチナ婚(70年)となっています。

1947年のこの日に日本国憲法が施行したのを記念して、1948年7月公布施行の祝日法により、憲法記念日が制定されました。日本国憲法は、1946年11月3日に公布(公に伝える)され、半年の準備期間を設けて、この日に施行(実地に行う)されました。

日本国憲法は「国民主権」「戦争放棄」「基本的人権の尊重」を掲げており、日本国憲法は平和と文化を重視しており、公布日は11月3日の文化の日になっています。世界に冠たる優れた憲法であり、改正される事無く、世界に誇りましょう。
posted by 三上和伸 at 11:29| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

私の歳時記 レオナルド・ダ・ヴィンチの忌日 2021.05.02

人類史上最大の天才と言われているレオナルド・ダ・ヴィンチが亡くなったのが、ユリウス年1519年5月2日だそうです。晩年はフランス王・フランソワT世の庇護(巨額の年金を貰っていた)の下、フランソワT世の居城アンボワーズ城近くのクルーの館で過ごしていました。享年67歳でした。
posted by 三上和伸 at 22:40| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 エンピツ記念日 2021.05.02

1887年のこの日は、眞崎仁六の眞崎鉛筆製造所(後の三菱鉛筆)が、日本で初めて鉛筆を作った日とされています。その真偽は記録が無いので、???だそうですが、文明開化の日本が筆記具でも、新たな革新をもたらした日でもあったようです。私も未だに三菱鉛筆を使っています。
posted by 三上和伸 at 15:16| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 緑茶の日 2021.05.02

緑茶の日は、毎年、八十八夜の5月2日に決められているのですが、2021の今年の5月2日は八十八夜ではありませんでした。暦上の時間の端数の調整(閏年など)が1日(1分の違いで早まった)ずれていたため、立春がこれまでより1日早く、2月3日でした。それに従って、八十八夜も1日早くなり、昨日の5月1日でした。それでも緑茶の日は調整せず、5月2日に行われたのでした。「八十八夜摘みの茶葉で淹れた緑茶」、こう書くと、本当に美味しそうなお茶になる気がしますね。思わず、喉が鳴って仕舞います。
posted by 三上和伸 at 15:03| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 交通広告の日 2021.05.02

五(こ)・二(つう)の語呂合わせにより、今日は交通広告の日と決められました。1993年の事でした。

駅構内や電車・バスの車内に掲示される交通広告、様々な商品や会社、また月刊誌乃至週刊誌の広告などが掲示されています。公共交通機関利用の通勤通学時、一番関心があったのが、週刊誌の広告で、記事のラインナップが気になりました。ちょっとした一時の隙間の時間の読み物でした。興味をそそられる記事が掲載されている週刊誌は、大抵、降車駅の売店で買いました。まあ三面記事ですが、仕事の合間の暇潰しに、丁度良い文面が並んでいました。
posted by 三上和伸 at 14:38| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀ 郵便貯金の日 2021.05.02

朝から快晴の空が広がっています。横浜の今日は、昨日のような雷雨は無いようで、安定した空が続くようです。しかし、南風が強く、海上は注意が必要です。洗濯物もシッカリ止めないと飛ばされます。干せば直ぐ乾くようで、短時間で取り込んだ方が良いですね。

1875年のこの日、東京府下の郵便局と横浜郵便局で、郵便貯金の業務を開始したそうです。銀行業務の一端を国営化をしようとしたのですね。従って今日は郵便貯金の日(郵便貯金創業記念日)です。我が父も郵便局の貯金課勤務でした。従って、我が家では銀行預金より郵便貯金が普通でした。親父は貯金のセールスが仕事で、一般家庭を訪問し、貯金を募集していました。ノルマがあったらしく、盆暮れは彼方此方を飛び回っていました。辛そう?でした。
posted by 三上和伸 at 11:01| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

私の歳時記 八十八夜 2021.05.01

八十八夜は暦の上では雑節で、立春を起点(1として)として88日目を指します。正しい季節の把握のため、暦に雑節が設けられて、国民に正しい季節の認識を促しています。夏も近づく八十八夜と言われ、季節の変わり目で、昔は遅霜の心配があり、八十八夜の遅霜などと言われていました。農家にとって八十八夜の雑節は、五穀豊穣の大切な戒めであったのです。この戒めで、この節を上手く乗り切れば、秋に黄金の稲穂が実ります。

この日に摘まれたお茶は上物とされ、この頃は盛んに茶摘みがなされる季節です。茶摘みの作法などは知りませんが、若葉の季節は新芽の季節でもあります。従って瞬時に新芽を選んで、摘まなければなりません。茶の木の新芽、素晴らしく美味そうですよね。お茶ばかりでなく、新芽の天婦羅も美味しいらしいです。
posted by 三上和伸 at 13:45| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 スズランの日 2021.05.01

季節は正に上げ潮で、春を通り越して、夏に一歩踏み入れようとしています。こんな季節には美しい花が咲きます。最も清楚で愛らしい花、乙女の化身とも思われるスズランも咲くのです。フランスではこの日、世話になっている人に、鈴蘭を贈る風習があります。贈られた人には、幸せが訪れると言う評判があります。乙女の化身が微笑む、その日その人は、幸せに包まれます。
posted by 三上和伸 at 13:16| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 日本赤十字社創立記念日 2021.05.01

1877年のこの日、佐野常民らが博愛社を設立し、西南戦争の負傷者を、政府軍・西郷軍の別なく、救護したそうです。1886年に、日本が万国赤十字条約に加盟した事を受けて、博愛社は社名を日本赤十字社に改称しました。博愛社設立の期日を記念して、今日のこの日が、日本赤十字社の創立記念日になりました。

*赤十字社(国際赤十字・赤新月運動)
戦争や災害によって発生した怪我人や発病者を救うのを目的とした人道支援団体を言います。スイスの実業家・アンリ・デュナンの提唱に依って創立されました。世界各国に一社ずつあり、協力関係を築いています。
posted by 三上和伸 at 12:32| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☀〜☁ メーデー 2021.05.01

大陸からの寒気が入るようで、所により夕立が起こるようです。

ケルトから発した暖季到来の五月祭(花祭り)、そこから花の冠を被せられた五月の女王が仕立てられ、ヨーロッパ中の祭になりました。ところが1886年にアメリカのシカゴの労働者が「8時間労働制」を求めたデモやストライキをしました。後にこの日を、国際的な労働者の祭典・万国労働者団結の日と定めました。これを記念して1890年のこの日、第1回メーデーが開催されました。
posted by 三上和伸 at 07:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする