2021年10月08日

間奏曲 昨夜の地震、驚きました 2021.10.08

7日夜(10時41分頃)の地震、ゴーと鳴ってからグラグラグラグラ、そしてまたグラグラグラグラ…、「来た!10年前の二の舞か!、これはヤバい、日本沈没か!」と恐れ戦きましたが、何とかセーフでした。Ⅿ6.1、横浜震度が5弱、やはり5が付くと恐ろしいですね。震源の深さが75q、深いのですね。直ぐニュースで聞きかじったのが、「震源が深い地震は、余震の少ない単発地震」、それを聞いて安心して風呂に入り、寝ることとなりました。爆睡して悪夢はみませんでした。
posted by 三上和伸 at 20:15| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 喜・上野双子パンダ名が決まる 2021.10.08

今日の小池東京都知事の発表で、6月に生まれた上野双子パンダの名前が決まったそうです。雄が暁暁(シャオシャオ)、雌が蕾蕾(レイレイ)だそうで、中々、意味の籠った好い名前でした。暁は日本読みではギョウ、意味はあかつき、夜明け、明け方です。蕾の日本読みはライで、正に花のつぼみを意味します。両名とも未来に向けたポジティブな名ですね。好い名前です。

お姉ちゃんのシャンシャンが中国に嫁入り?してしまうので、その忘れ形見として双子のパンダが授かりました。有難いことですね。シャンシャン姉ちゃん、中国でも幸あれ!
posted by 三上和伸 at 19:59| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日から寒露で七十二候「鴻鴈来(こうがんきたる)」 2021.10.08

今日は旧暦長月の三、季節は晩秋です。二十四節気の寒露は、前月の白露を更に凌駕した葉を覆う露。より冷たい露となったのです。更に半月経てば霜降となり、氷の露となります。次第に進む季節、見事にそれを表した二十四節気です。

七十二候の「鴻鴈来(こうがんきたる)」は鴻(こう)がおおとりの意味で白鳥を指し、鴈(がん)は雁(かり)の事です。白鳥や雁のような冬鳥が飛来することを言います。先日のニュースで鳥取県に小白鳥が飛来したと伝えていました。冷たい露の降る、白鳥や雁が来る季節になりました。
posted by 三上和伸 at 07:55| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする