2021年10月16日

私の歳時記 阿仏尼、鎌倉行き開始 2021.10.16

鎌倉は近くて便利な歴史の町。鎌倉・北鎌倉・長谷などの駅から縦横無尽に歩ける歴史散歩が素敵です。十六夜日記(いざよいにっき)で有名な阿仏尼の墓(供養塔)へ行くには、鎌倉駅西口(江ノ電口)を降りて横須賀線沿い(旧道・今小路)を北へ向かいます。巽神社を経て八坂の大神を過ぎ、寿福寺の先に英勝寺があります。その英勝寺の崖の窟(やぐら)に阿仏尼の墓があるのです。そしてそこから横須賀線の踏切を渡って、東側に出て、暫く住宅街を登ると阿仏尼の息子の藤原(冷泉)為相(れいぜいためすけ)の墓がある浄光明寺(じょうこうみょうじ)に行き当たります。ここ扇ヶ谷(おおぎがやつ)は阿仏尼母子と所縁の深い土地柄です。

阿仏尼の息子藤原為相(1263〜1328)は、祖父に歌聖・藤原定家(小倉百人一首選者)を頂く家柄です。父・為家の後妻が阿仏尼で、為相が腹違いの兄・為氏に所領を横取りされたので、母の阿仏尼が訴訟を起こし、鎌倉幕府裁定を望んで、鎌倉に向かったのでした。何ともまあ、子離れのしない教育ママであったことでしょう。10月16日に旅だった事により、阿仏尼の死後に、この日記は十六夜日記と名付けられたのでした。阿仏尼は直ぐ死んでしまいましたが、為相はしっかり母のお陰を持って領地を獲得したのでした。藤原家は歌壇の雄の家柄、その嫁も凄い文才の持ち主で、女の身としては破格の紀行文をものにしました。息子為相も鎌倉で活躍し、歌壇の一つの冷泉家の始祖となりました。

今日が新暦10月16日、でも十六夜とは断然見当外れな日付、数字が合っただけの話、真実の日付は有耶無耶の中にあります。十六夜日記の中には十六夜に出立したと書いてはあるようですが…
posted by 三上和伸 at 16:57| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅ 世界食糧デー 瀧本美織バースデー 2021.10.16

天気予報は☁、それでも今(08:06)、陽が射してきました。午前中は陽が射す時間もありそうです。でも午後は雲が厚くなり、下り坂のようです。明朝は☂の予報です。明日からは季節が進み、本格的な秋が訪れそうです。衣替えが必要のようです。

〇世界食糧デー
国連食糧農業機関(FAO)が1981年に制定しました。国際デーの一つです。1945年(昭和20年)のこの日に、FAOが設立されました。それに因んだ世界食糧デーです。発展途上国などの食糧難と飢餓を考える日とされています。子供を含む日本の一部の人も飢餓状態にあると言われています。富の分配が必要とされています。自己責任もありますが、それだけではありません。お金持ちの皆様、寄付をしましょう。

💮瀧本美織バースデー(1991年10月16日生まれ・29歳)
大好きな女優にして歌手の瀧本美織、今日が29歳の誕生日です。美人と言うよりは爽やかで可憐な女優と言えばピッタリかも知れません。ミキプルーンの宣伝をしていますので、時々中井貴一とテレビに顔を出しています。絶品だったCMがソニー損保のCMでした。今は内田由紀がやっていますが、その2代前が瀧本美織でした。本当に初々しくて可愛かったですね。美織の後にやったのが不倫騒動で有名な唐田えりですね。あの当時、私は悔しかったのですよ。美織が降りて唐田が登場したことが…。唐田は馬鹿な女優です。あんな男と不倫するなんて…。もう一回、内田には悪いですが、美織が登場して欲しいですね。

瀧本美織は多彩な人です。演技の他にも歌(昼ドラで越路吹雪役)、ダンス(万能のダンサー)、バトントワリングなど、全てが玄人跣の実力を兼ね備えています。されど私と異なるところが一つあります。美織は酒豪だそうです。


posted by 三上和伸 at 08:59| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする