2021年10月19日

前奏曲 🌂⛅ 日ソ国交回復の日 2021.10.19

夏の太平洋高気圧の勢力が衰えて来ると、北のオホーツク海高気圧が優勢になります。これが秋雨前線の起こりで、秋の初めは雨が続き、不安定な天気となります。尚もオホーツク海高気圧が優勢になると、寒気が入り、北風が吹くようになり、日本海側は時雨てきます。大陸からは高気圧と低気圧が交互に現れ、列島は雨(雪)と晴れを繰り返すようになります。これが冬型の天気です。今日は低気圧が日本海に入り、日本列島は午前中に雨、午後は雨が止み、曇り空となる見込みです。明日は晴れます。

〇日ソ国交回復の日
1956年のこの日、モスクワクレムリンで、日本の鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相が「日ソ国交回復の共同宣言(日ソ共同宣言)」に調印しました。ソ連はサンフランシスコ平和条約に調印していなかったので、日本とソ連はこの時点の前までは、戦争状態にありました。この日、両国の北方領土問題は激しく対立したため、これは棚上げとなりました。ここに今日の北方四島問題が発生し、北方四島が未だに日本に帰らない状況を作りました。ソ連(現ロシア)、我欲の強い嫌な国ですね。芸術は素晴らしいのですがね…
posted by 三上和伸 at 09:22| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする