2021年10月21日

終曲 好きな女性の誕生日 2021.10.21

私の好きな女性のタイプは、シャープな身体つきをした笑顔の素敵な人です。それに少し知性も兼ね備えた人、まあ、世の中にはそんな女性が数限りなくいるので、私は退屈しなくて済むのですが…。

今日の私の好きな女性は、この日が誕生日の方々です。その一人がテレビ東京の女子アナウンサーの大江麻理子で、1978年生まれで、43歳になりました。理知的なお顔、落ち着いた風情、美しいメゾソプラノの声、現在活躍されている女子アナでは最高に魅力的な方ですね。福岡県豊前市の生まれ、横浜のフェリス女学院大学文学部の出身、血液型はAB型、テレビ東京報道部にお勤めです。

もう一人が女優の高野志穂です。帰国子女でしたが、ロンドン滞在時には女優を目指し、ダンスやバレエ、演技なども勉強していたのだそうです。帰国し桐朋女子高校を卒業してすぐの、2002年のNHK朝ドラ「さくら」がデビュー作で、高野自身が帰国子女でバイリンガルでしたので、役の上では日系人の英語教師を演じていました。兎に角、笑顔の美しい女優で、朝のひと時、私は高野の笑顔を観るのが一つの楽しみとなっていました。その後は余りパッとしませんでしたが、良くテレビサスペンスに準主役として出演して、陰のある女を演じて私を楽しませてくれました。

2013年に俳優の北村有起哉と結婚して、二児を設けました。私と北村有起哉は一寸した繋がりがありました。有起哉は文学座の名優・北村和夫の子息で、実は、私は40年前にこの北村家にピアノの調律に行っていたのです。確か小学生だった有起哉君とは数回会いまして、話をした覚えがあります。有起哉君は熱心に私の仕事ぶりを眺めていました。

今、AmazonプライムのテレビCMで、二人が共演?しています。懐かしく眺める私です。

posted by 三上和伸 at 22:35| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽歳時記 ショパンコンクール、日本人二人入賞 2021.10.21

長らく名ピアニストを誕生させてきたショパンコンクール、2021年は日本人の二人のピアニストが受賞しました。日本人の演奏の特徴は正確性、勢いに任せて弾くのではなく、緻密に丁寧に表現をします。良く日本人は手先が器用であると言われています。しかしそれは、正しく日本人の特性を判断した言葉ではありません。細部に光を当て、その全容を丁寧に表現していく、それは日本人の職人の世界からも受け継いだものです。ピアノ芸術の音響のすばらしさを漸く会得してきた新世代ピアニストたち、ヤマハではなくスタンウェイを弾いて入賞した二人のピアニスト、先ずは世界音楽の奥義を極めたのは演奏家でした。ヤマハよ、音に対する執念が足りない、現時点ではスタンウェイの王座は揺るぎが無かったですね。二人のショパン演奏、素晴らしい音鳴りでした。
posted by 三上和伸 at 21:20| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅ あかりの日 国際反戦デー 2021.10.21

日本列島は北の高気圧と東の低気圧の縁(へり)にあり、不安定な天気となっています。北海道と九州が雨、関東は雲が多いですが、時々陽が射す程度です。

〇あかりの日
アメリカの発明王・トーマスエジソンが1879年のこの日に、日本の竹を使って白熱電球を完成させたそうです。我が家も非文化的な生活をしていまして、白熱電球を使っています。勿論エジソンの竹製ではありませんがね。白熱電球はすぐ切れて、経済的ではありませんが、LED電球に比べれば、懐古的であり自然な色で、好きですね。

〇国際反戦デー
1966年のこの日、総評(日本労働組合総評議会)がアメリカのベトナム戦争介入に反対して政治ストライキを計画しました。世界の労働団体・反戦団体に呼びかけ、この日は反戦の日になりました。世界の何処でも、不都合があり矛盾があれば、暴力に訴えようとしています。ホントに愚かです。男女平等と教育推進、世界が利口になれば、戦などは無くなります。獣の性・男に変わって、平和の性・女性の進出が何より待たれます。

posted by 三上和伸 at 08:32| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする