2021年11月11日

終曲 母は入院しました。でも大丈夫でした 2021.11.11

母の急を告げる早朝の突然の電話で驚かされましたが、病院で診てもらったところ、急な命の危険があることはなかったのでした。どうも老健の介護師さんの早とちりのようでした。それでも肺に水が溜まっているようで、呼吸がキツイ時もあり、母はそのまま入院をしました。

コロナ禍でもあり、面会は謝絶で、お見舞いは出来ないのだそうです。老健さんの力も借りて、私たちは傍から見守るしかないですね。養老施設、有難いものですね。
posted by 三上和伸 at 22:57| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞 驚愕の早朝電話 2021.11.11

無風の朝、気温は14.5℃、快晴です。今日は小春日和となるでしょう。小春とは、冬の季語で、陰暦(旧暦)10月(神無月)の異称だそうです。暖かくて春に似ているから言うそうで、そんな陽気が小春日和と言います。風が弱いことが小春のポイントのようです。

今朝就寝中に突然の電話がありました。母が入所している老健からで、母の呼吸が落ちているようで、容体が一時、危険な域に進んだようでした。先週、リモート面会をした時には元気そうでしたが、95歳、やはり老衰の度合いが進んできたようです。愈々覚悟を定める時が来たようです。
posted by 三上和伸 at 07:26| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする